1パチを打つとパチンコをやめられる理由

パチンコ依存症には種類があり
種類によって引退方法が異なってくる。

パチンコを打つ目的は何か?

あなたがパチンコを打つ目的は何だろうか?
目的を明確にする事で引退方法も変わってくる。

・お金の為、勝ちたい!
・1人になるため、ストレス解消
・負けるとわかっててホールに向かってしまう依存症

例えば、私の場合は
楽しみたいのは二の次で
「勝ちたい」「1人になりたい」が第一だった。

楽しんで勝つのは皆の理想であるが、
ストレスを受けると、ふと”打ちたくなる衝動”に駆られる方も多いだろう。

・「楽しみたい」
・「現実逃避」
・「勝てるかもしれない」
以上のように、ホールに行く理由が重なり癖になる。

当然ホールは勝てない

ホールも商売だ、平打ちで勝てる程甘くはない。
あくまでホールが主導のギャンブルで、ルールはホールが決める。
それに逆らったら当然出禁になる。

釘が折れるのを発見した
→勝てるのに止められる

調整ミスで右打ちで増える台を発見
→店員に注意され稼動停止

パチスロ宵越し天井狙い
→リセットされ消される

止め打ちで節約
→止め打ち禁止です!

このようにホールは常にアウェイで
理不尽の中で戦わないとならないのがパチンコの世界だ。
勝負という位置付けではなく遊戯であるのは間違いない。

負けからプロへ

私は何年も負け続けたが
途中から勝つ方法を理解し、プロの真似をして
常勝する事ができるようになった。
勝つ方法ついてはこちらの記事に書かれている

ただ、最近の動向でわかるように
規制の連続でスペックが段々と悪くなり
プロでも厳しい状態にまで落ちてきたのが現在だ。

多くの店は、命釘だけでなく、
右から玉を溢し、大当たり中からも出玉を削いでいる。

スポンサーリンク

勝利金額が少なすぎる

パチンコで負けない勝負をするには
当然、勝てる立ち回りをする必要があるが
新基準機で戦うのは効率が悪い

潜伏を拾っても35%で通常を引き、
1/319を引いても52%は600玉で終わる時代だ。
朝一ランプを見つけようとハイエナしようと
その期待値は低く、ビラ配りのバイトをした方が効率が良い。

勝てない場合はどうするか?

・楽しみたい
・現実逃避
・勝てるかもしれない
以上の目的であったものが、
勝てるが消えて残り2つしかなくなった。

・楽しみたい
・現実逃避
勝ちが期待できないのなら、
”楽しむ”にシフトチェンジし、投資を抑え
引き分けを狙うスタンスに変えなければならない。
(4円のままでは破産する一方)

1パチを打つ人々の思考

ここで1パチの出番になるわけだが、
この1パチを打つ客層は全て同じ意識ではない。

・他にやる事が無い老人
・勝てると勘違いしている人
・ストレス解消のため
・とにかく演出などパチンコが大好き
・YouTuber
以上のように様々だ。

1円パチンコというのは、投資が減る為
パチンコから受けるストレスが少ない。
回りが極端に悪くなければ、激熱演出を
スルーしても余裕で見逃せるレートだ。

ただ、連チャンをしても大勝ちがないため
物足りなく感じるのも確かだ。
ただ、この物足りなさは重要で
パチンコから離れるキーポイントになる。

時間の無駄を感じる

パチンコやパチスロは、
思った以上に勝負時間が長くなる。
確率が悪いだけに、朝から夕方まで打つ方は少なくない。

およそ4~8時間かかる勝負を
数千円の勝ち負けに使うのはどうだろうか?
勝った時には時給換算できるが、
負けた場合には、「時間を損した!」
「朝に戻りたい!」など感じた事があるだろう。

時間がもったいない意識が生まれてくるのは重要なポイントで
・「半日を無駄にしてしまった」
・「機械からは何も学べない」
・「家族を避けて自分の居場所を探していた」
・「情報、お洒落、時代から取り残される」
・「気がついたら10年以上時間をパチに使ってた」
様々な後悔が出てくれば
それは非常に素晴らしい事だ。
(気がつかない人々は完全な中毒で可哀想だ)

総合的に勝てないパチンコに時間を使う意味とは?

1パチを打つと当たるまで打てるため
4パチのように投資のまま終わる事が少なくなる。

しかしながら、”当りが貰えても”
繰り返すと総合的に勝てない事がわかる。
最低なホールになると、画面上の
獲得出玉の半分程度しか出ない場合もある。

・回らせない
・連されても出玉は最小限
相手側(ホール)に歓迎されない趣味というのも
非常に気持ちが悪いのではないだろうか?

通うと性格が悪くなる

ホール側は遠回しにお客からお金を集めているだけに
段々と私達の脳も”クズ”に侵されてくる。

・「あいつが当てやがった!」
・「ババアが当てやがった!」
・「あいつ臭いんだよ!!!」
・「遠隔しやがったな!俺だけ単発!」
段々とパチンカーの性格が歪んでくる。

パチンコ屋はクズの集まり

このような脳破壊があるため、
パチンコ屋の盗難事件は格段に多い。

普段の日本人であれば80%は交番に届ける落し物が、
ホールになると状況が変わってくる。

落し物でなく台キープに使われている物まで
盗んでしまう人が増加するのだ。
特に新宿、渋谷、池袋近辺になると犯罪は増え
財布はもちろん、電子タバコ系まで盗まれてしまう。

パチ屋で財布盗まれた。
あーもー最悪すぎる。。私の4万が、、、

トイレに行っている間に、
俺のドル箱が交換されようとしていた!
焦った!みんなドヤ離席に注意しろよ!

もちろん、カードの抜き忘れを探す乞食
朝一潜伏を探す乞食も存在し、
ユーザーから乞食へ変貌していたら末期だ。

正常の普段働いている思考の人間なら
他人の当たりは欲しがらない。
”自分で引きたい”感覚が強くなるものだ。
(他人の物を盗むのは罪悪感がある為)

普通の人間に戻ろう!

相手のおこぼれを貰う盗むでは
これはもう一般人ではない。

当たりを待つパチンコだからこそ、
いつの間にか”待ち”の姿勢ができてしまうのだ。

私の姉がパチンコに狂っていた頃に付いた癖は、相手を妬む事だった。

「あの人は太っているのに何故結婚できるの?」
→いえいえあなたの方が格下です。

「なんであの人はお金があるの?ずるい!」
→いえいえあなたもパチらなければ家が買えました。

他人と自分を比べるようになったら終わり。
比べてばかりいると、他人の幸せを喜べなくなり
気がついたら周りに誰もいなくなる。

これらは急に起こる事ではなく
毎日の積み重ねで起こった変化だ。
中毒を感じたら毒抜きをしなければならない。

パチンコだけを見ていれば
他の情報を遮ってしまい元には戻れない。
お金が無くなる場所なのに居心地が良いと考えてしまう思考に注意!

勝つ側か?負けにくい側か?

とにかく勝ちに徹したい方は
ホールをいくつも回る事が必要になり、
勝ち残るには、前日の潜伏残し&スロットの天井等
データを調べる必要も出てくる。

また反対に、勝つ努力をしたくない場合には
絶対に負けに収束する事になるため、
レートを落とした”遊び”に徹する事が必要だ。

遊びにする場合も、元々私のような飽きっぽい人間ならば
倍ハマリ、3倍ハマリ、単発と、当たりは引けても
負けに収束する現実を見せつけられれば考えも改めてくるはずだ。

毎日通っていたものが
最終的に週1や月2.3回になれば優秀だ。

パチンコこそ何も生まれない

パチンコからは何も生まれず
精神的にも暗くなり世間から置いていかれる。
パチンコが多くの人間から非難されるのはそのためだ。

・パチンコを打つ人はつまらない
(パチンコの事しか知らない)
・金を借りにくる
・約束を守らない
・嘘をつく
・まともに働かない
・借金がある
嫌われるにはしっかりとした理由がある。

まずはレートを落として、
時間の勿体無さを十分に感じて欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする