【糸電話】を部屋の角で曲げて遊ぶ方法

糸電話の原理は、
声を糸の振動で伝えるのはご存知の通り。
普段は空気で伝わる声を糸で伝えるという遊びです。

糸電話の基本と言えば、
糸をピーンと伸ばした状態で使用する事であり
緩めた状態では声は伝わらない。

角を・・・曲げて遊びたい・・

基本的に糸電話は、直線で遊ぶものですが
それだけでは面白くなく、欲が出ると

部屋の向こうの相手など、
離れた人と話したくなるものです。

の振動が重要なだけに、
壁や家具に接触すれば絶対に音は伝わらない。

どうするか・・?

Q 糸電話を曲げた状態の作り方を教えてください。
Q 奥のおばあちゃんの部屋に糸電話をつなげたい。
スポンサーリンク

考えてみた。

糸の振動を止めないためには
曲がる角の部分でも振動を止めない工夫が必要になる。

振動を止めないためには”同じ糸”が好都合と判断し
テストとして、天井から糸を垂らし声が伝わるかチェックをしたてみた。

すると十分に声が伝わったため、
縦の糸を使ってを作る事を進めた。

糸には糸を

部屋を曲がる角部分には縦に黒い糸を張った。

この黒い糸は、天井から床にピーンと張ってあり、
マスキングテープを使って止めてある。

この要領で、縦の糸は全部で5本使い完成した。

実験の結果は・・・?

実験の結果、声はかすかに聞こえた。。

ただ声が小さい。。

成功は成功だが、振動が縦の糸に逃げているため完璧には聞こえない。

縦の糸は最大でも3本以内にしないと
十分に声が伝わらないと学んだ。

曲がって話せる糸電話の実験結果

縦に糸を使えば声は伝わる

縦の糸は3本までが限度

スポンサーリンク

シェアする

フォローする