パチンコで負けてイライラ腹が立つ方に見てほしい記事

「俺だけ当たらない!」
「ババアだけ連チャンする!」
「確変引いたのに即落ちずるい!」
「負けてイライラする暴食だ!買い物だ」
楽しみに打ち始めたはずが、午後以降になると、
落ち着きのない自分になっていたことはないだろうか?

勝敗は運要素だけで考えてしまいがちですが、
実は、平等であったり不平等であったりと
状態によって変化するのがパチンコです。

冷静に自身を分析できなければ、
負の連鎖は絶対に止まりません。

タイプ別思考の違いチェック!

Q1.あなたはどのタイプに属しますか?

A 同じ作業を続けるタイプ。
郵便局の職員など、長時間安定した対応をすることが可能。

B 思ったままの行動がしたい。
気分が良い時と悪い時のムラがある。

Q2.あなたはパチンコで勝っていますか?

A 期待値を積み勝っている。

B 確実に負けている。

Q3.隣の人や他人が連チャンしている場合、どのように感じますか?

A どうでもいい。

B やはり気になる、腹立つ。

以上3つの質問の答えは、
Aが多いほど勝つ事が出来るタイプになる。

俺の甘デジの新記録見てくれ!
単単単単単単単単単単単単単単
単単単単単単単単単単単単単単
単単単単
そして隣のババア一撃24連
おかしくね?

1円だが、二日間で16k負けた。
甘デジすら当たらねぇ!

他人の当たりが気になるようでは
なかなか勝つ事は出来ないだろう。

ホールに多くの人数がいる以上、
客同士の戦いをイメージする者も多いが、
実は向き合うのは目の前の自分の台であって
パチスロ(設定)とは違い、周りの状況を気にする必要は無い。

キョロキョロ他人の台をのぞき込むキョロリスト
相手の演出を見に来る背後霊
貧乏ゆすりで心が安定しないユスリストなどは100%負け組である。

パチンコで負けない方法

パチンコで負けにくい方法は3つある。
1.プロになる
2.引退する
3.低貸し専門になる
以上のいずれかになる。

以前は、1と2の選択肢しかなかったが
1パチの普及で、負けを減らす事が出来るようになった。

投資が少ないとイライラも減り、
激熱ハズレのショックが和らぐ事になる。

スポンサーリンク

平等と不平等

パチンコには、平等と不平等の要素がある。

平等の要素
連チャンは平等

不平等の要素
勝てる台は限られる

パチンコは確率の世界のため、
計算できない(計算から逃げている)人間は
適当な台に手を出し、負ける日が続く事になる。

:千円で15回しか回らない台と23回回る台では
1万円で80回転もの差が出てしまう。
(回らないと投資が増えて負けやすい)

反対に、連チャンに関しては
長い目で見ると”引き”というものは存在しない。
試行回数が多い人ほど連チャンの平均値に近くなる。

1日単位で「あの爺さん連してズルい!」
なんて文句を言っても、その爺さんは普段は
単発やハマりも繰り返しているのだ。
変な妬みは不要である。

勝組と負組の思考

勝っている人と負けている人の思考は全く違う。
私は負け組時代プロ時代の両方を体験しているだけに
両方の気持ちを知っている。

負け組時代

負けて台パン、イライラ
他人の連チャンに嫉妬は当たり前で
通う度に心が病んだ。

「負けたのはホールの責任!腹立つ!」

プロ時代

プロになると異様に冷静になれる自分がいた。
勝てる台を見つければ、他人が連しようが
隣が爆連しようが何ら気にならない。
目の前の”勝てる台を回す事だけ”を考えるようになった。

まるで機械のようだが、勝つためには回る台を
ひたすら回すだけなのでイライラは無い。
回していればいずれプラスになる安心感がある。

回るけど勝てない?

回っても勝てない!
収束するなんて無理だよ
100万回転で収束するとかさ、俺には無理。

「回るけど勝てない」という方が存在するが
・本当に回っているのか?
・削りは無いのか?
・換金ギャップは?
チェックする必要があるだろう。

脳内だけのイメージで”回る”ではなく
しっかり数える事が必要だ。
そして、出玉の削りについても注意が必要だ。

スペックが良い事で知られる北斗無双だが、
”オマケチャッカー”を削る事で200玉減らされている地域もある。
・右打ち中の玉減り
・大当たり時の削り
これだけでかなりの不利になり、
当然、ボーダーを超えていても勝てなくなる。

北斗無双のヘソが回る店舗を知っているが、
玉削り右打ち時の上皿消滅のトリック
多くのお客さんを騙している。

勝ちに徹するなら甘デジから修行せよ

勝ちたい場合は安易にミドルを攻めるのではなく
収束の早い甘デジから、勝てる台を知る方が早く自信を得られる。

ミドルは1日打っても思うように収束しないが
甘デジは分母が低いため、勝てる台を見つければ、まず1日でマイナスにならない。
6時間程度打てばある程度勝ちが見えてくる。

勝っている人から見る
負け組のイメージ

勝ちが当たり前の人間から見ると
適当に座って→確実に負ける立ち回りをしている人は不思議に見える。

負ける台に座ってるのに怒るとか考えられない。
ちゃんと引けても一日中打てば
平均3万くらい負けるくらいの調整だし、
負けるべくして負けてるのに何で怒ってるの?
負ける台選んで怒り心頭www
ギャンブル自体向いてないと思うよ。
負ける台打って悲しんで、「やめる」とか
「引退する」とか→そして「撤回w」
借金してるとかおかしい。
ちょっと何言ってるのかわからない。

勝ちに徹しない場合、
4円を打ち続けることはマイナスにしかならないので注意が必要だ。

1パチのススメ

4円で勝てる台を探すのは難しい。
新装開店の一部や、ホールで1.2台など
探すのが非常に難しくなった。
しかも、現在は規制によりスペックが低下し
働くより稼げた時代とは全く違う事に注意したい。

4円の場合は負けられないために
勝てる台を探すことになるが、
勝ちに徹すると機種を選べないために
楽しむ要素が無くなる。

負ける台に4円をつぎ込むのは破産行為のため
1円にて楽しんでいるのが(多くの負け組の)現状だろう。

多くの方が勝てないと理解し、
1パチを選択するようになったため
ホールでも1パチは貴重な存在になった。
投資が1/4になる1パチは、勝ちを度外視して楽しむ方には有効になる。

ただ、回らなければ確実に負けに収束する為に
実のところ、0.5パチや0.2パチなどが
一番健全であることは間違いない。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする