二度と打たない方集合!パチンコをやめたい方への授業

失われた金銭感覚と収入と支出
パチンコをやめたい!止める方法

普通に生活していると、
仕事で得た収入は、次の給料日までに少しずつ減るのが普通である。

しかしながら、
間にパチンコを挟んでしまうと、
収入&支出が激しくなり、最終的には
”負けが増え”お金が足りなくなってしまう現象が起こる。

健常者は段々減る生活が普通なのに
依存症は増やしたい感情が湧くよなw

そうそう、そのまま減るのが逆に怖い。
「増やさないと」の気持ちになる。

そして負ける。

金銭感覚の異常は知らぬ間に訪れる
~自分で気が付かない現象~

自分自身の経験談であるが、
金銭感覚を失った時期がある。

MAX絶頂期(10年以上前)には月に30万を自由に使えるくらい
仕事の調子が良かった時の話である。
(もちろん生活費は別に収めてある)

4円で負けても「次の日」という感覚で
もちろん負ける事は悔しいが、釘を見るとか
高設定を置く店を探すなどの努力をしなかった。

しかしながら収入があるため、
いつの間にか万札を気楽にぶち込むのが普通になっていた。

これは芸能人と同じで、
お金が入る→高級店の個室で食べる
お金が入る→高級ホテルに泊まる
お金が入る→値段を見ずに買い物する
お金が入る→豪邸を建てる
お金が入る→無謀な投資話に乗ってしまう
収入がある程、金銭感覚がズレて支出が多くなる方が多い。
※もちろん元々節約家のタイプはブレずに貯蓄するタイプは存在する。

収入が減る

パチンコに熱中したせいで、
世の中の動きを把握できず仕事の調子が悪くなった。

当然、”投資金額”(収入)が減る事になり
負ける事のショックや負担が大きくなる。

このように余裕のない資金でパチンコをしている客層の場合、
日々の負けが、精神を不安定にさせるのである。

負け=生活難に直結する方は要注意

特に、パチンコやパチスロは
大当たり確率的に、3~6万円当たらない事など日常茶飯事である。

収入が少ないのに5万以上の負けは
金額以上に”精神が追い詰められる”事になる。

引退したい人の声

また開店からノーヒット
8万ストレート負け、俺だけ当たらない。
無一文になるまで打っちゃうからなぁ。
ホント止めたい。
Youtuberにそそのかされて負けるの繰り返し
勝っているのはホールとライターとYoutuberなんだよなぁ。
負け担当はもう嫌だ。
自分で勝手に打って勝手に負けて
まるで相手が全て悪いみたいに言うよね。
自分は悲劇のヒロインみたいなさ。
俺です。

貧しい資金で負けが続くと
「自分だけ当たらない」
「確率の4倍ハマったズルい遠隔だ!」
「何連敗だ!不公平!」
という、ホールがのような精神状態になってしまう

実際は、パチンコであれば釘が悪ければ
長く打つほど多く負けるのは必然的になる。

掲示板などでは”負けた怒り”が書き込まれる事があるが
負けが前提の遊戯であるゆえに、いくら訴えても勝つ事はできないのである。

スポンサーリンク

自分が引退した流れ

自分が引退した流れは以下の通りである。

多くの資金で負けまくる

資金が減り苦しくなる

釘を覚えプロになる

規制のため苦労に見合わないと
仕事を趣味に切り替え復活を果たす。

業界は更に規制強化し
打つことがバカらしくなる。

結果:面白くないため投資する気も起らない

意外な引退心理

てっきり、パチンコを引退すには、
強い意志で我慢するもの”だと思っていたが、
実際は勝てない台だらけの現況で、自然とフェードアウトした形だった。

我慢する意識など必要が無い引退は
非常に不思議な感覚であった。

依存状態ならば、別の趣味を探すような意識を働かせるものだが、
別の趣味を探している時点では引退できない事が分かった。

もちろん引退方法は人それぞれであるが、
私の場合には、パチンコに嫌気が差し、
自然と引退になった事だけ伝えておきたい。

引退した方の声

パチンコは社会のゴミ
百害あって一利なし。
俺は毎月パチンコで負けたと思って5万を貯金箱に入れてる。
貯めた金は入院したときなど金が必要なときに使おうと思ってる。
依存症の親戚が不治の病になった人を知ってる。
治療費が当然ない。
毎月負ける中の数千円を貯めていれば助かったそうだ。
お前らは気を付けろよ!
俺の場合、依存症かと思っていたが
負けすぎて全く行く気が無くなった。
もう半年行っていない。
負けながら当たる奴が抜けられないかも



スポンサーリンク

シェアする

フォローする