【あみやき亭】和牛限定で食べ比べをした結果【自然溶岩炭】焼肉

今回は、あみやき亭さん視察してみました。

場所は浦和美園駅近く、
イオンの目の前&交差点角と
立地条件は抜群です。

店に入る前は、ガスト感やマクドナルド感があり
ガチャガチャして、溜り場のようになっているのでは?と思いましたが、

仕切られた座席は居心地がよく、
通路が広い為、”雰囲気”のマイナスポイントはありません。

また店員さんも数が多く、
一部やる気が無い方もいましたが
その他は素晴らしい対応です。

注文方法が面白い

注文方法が他店とは違い、
まずはに記入し注文するシステムが存在します。
注文用紙の画像はこちら 表面 裏面

賛否両論ありますが、聞き間違いを防げるので
個人的には好きなスタイルです。
(老眼の方には不向きかもしれない)

この日は土曜日の14:00という
中途半端な時間帯での訪問でしたが
ランチメニューを注文する場合も同様に
紙に”個数を記入”します。


ランチメニュー一覧↑↑

※今回は単品での注文を選択

メニューが豊富過ぎて迷う

あみやき亭はメニューが多く迷います。
牛肉の種類も多く、何を頼めばよいか悩むほどです。


こちらが外国産メニュー


こちらが和牛メニュー。

今回は和牛で攻める

和牛が好きなので、
今回は和牛の中からピックアップします。

和牛と書いてありながら、
(和牛としては)安い部類なので、
ある程度覚悟しての注文です。

スポンサーリンク

和牛特選カルビ

まずは和牛特選カルビ680円が到着。

安価でありながら無駄な脂身が無く、
実は一番美味い200点!と感じたのですが・・・

調子に乗って2人前を追加すると

脂ギッシュで、裏面はほ真っ白というハズレに当たりました。
白い部分はあえて裏にして隠されていますが、半分以上が脂でした。

別に”大トロカルビ”というメニューがあるのですから
そちらに回してほしかったですね。

始めに注文した品と全く別物が出てきた。
肉質のブレが大きいお店なのかもしれない。

和牛特上ロースステーキ

一番期待していた特上ロースステーキ1380円は、
来た瞬間にガッカリ。。

ロースの芯ではなく、下の部分が中心でした。

ロースの芯を探したのですが
メニューに無いため、スエヒロの
別の系列店で使われているのかもしれません。

和牛”極”特上カルビ

和牛”極”特上カルビ1280円

とあるだけに、特選のようなブレはないようで、
しっかりと掃除された部分が提供されます。
ジューシーで柔らかく安定していました◎

失敗したくない方は
極(きわめ)を選択した方が良さそうです。

和牛カイノミ厚切りカルビ

案外当たりだったのが、
和牛カイノミ厚切りカルビ830円

安価でありながら、
トングで掴んだ瞬間にヒレのような柔らかさを感じます。

実際の食感もヒレに近く
非常に美味しかった

和牛極特上カルビ1280円
和牛カイノミ厚切りカルビ830円

とにかく安いメニューが多い

とにかく価格が抑えられているので
ブレがあろうと許せてしまうのがあみやき亭

焼肉以外のメニューも安価で驚きます。

例えば、カルビクッパは580円で
異様に大きいサイズで提供される。

味は旨味があり抜群!であるが、
使われている肉が、外国産カルビのようで
臭みが出ていたのが残念であった。

本来は外国産であっても、臭みの無いスネや
モモ周辺部分を利用するが、アバラ部分を使用しているように思えた。

ただ、それでも十分に美味い為
何ら文句はない。
再訪しても必ず注文する価値あり◎

更に、長ネギを使用したネギナムルは
カルビクッパとの相性が抜群!!
(100円でリーズナブル)
乗せれば1000円で通用するクッパに早変わりする。

チョレギサラダ380円

安すぎる巨大チョレギサラダ。

大きな器で提供され、
シャカシャカほぐれやすい
岩ノリ系を使用しているサービスっぷり♪

ドレッシングも無難で
サラダが苦手な子供がおかわりしてくれた。

網は使い捨てタイプ

コンロは、ガスの上に浅間山の溶岩炭が置かれ
風味の良い焼き目をつけてくれる

また、コンロによっては、
火が通りやすい所、通りにくい所が存在したが、
バーベキュー感覚で楽しめば問題ない。

あみやき亭 総合評価

肉の種類が多く迷うが、
一度食べれば自分に合う肉を選択できるようになり
次回から無駄のない注文が出来るようになる。

多くのメニューが格安なために
気楽に食べれる美味しい焼肉屋であると感じた。
特に土日の夜は混み合うだけに、予約は必須である。

アクセス

あみやき亭浦和美園店
〒336-0963 埼玉県さいたま市緑区大門字内野4455
営業時間
月~金曜:17:00~0:00
土日祝:11:30~0:00



スポンサーリンク

シェアする

フォローする