【ダイエット】食事を抑えるにはどうしたらよいのか?【初期対策】

食欲を抑えられない!
つい食べてしまう方へ!

ダイエットを始める際、
「何から始めればよいのか?」
迷う事があります。

食事を抑えて運動すれば良い事は分かっているけど
いきなり全部をスタートさせるのは無理です。

そうそう
すぐに反動が来るし
疲れそう。

夕飯を抑えるのがキツイ

ダイエット初期こそスローが吉

肥満になるという事は、
食べ過ぎ運動不足が原因であるのがほとんどです。

サボっている生活環境に、いきなり
”完璧な食事と完璧な運動”を加えても
3日坊主で終わる可能性が高い。

始めから完璧を目指したい気持ちは分かりますが、
実は、いきなり完璧を目指すと続かないのがダイエットです。

早く確実に痩せたい心

ダイエットは誰しも
できるだけ早く痩せたいものですが、

始めから完璧なメニューは
サボった体には大きな負担になり疲れてしまう事になります。

慣れていない体には完璧なメニューは無駄になる

従って、本当のダイエットは
・初期のダイエット
・中期のダイエット
・仕上げのダイエット
と、強度を変えるのがベストになります。

ここでは、私の初期の食事調節法を紹介します。

※あくまで私の方法なので、
合わないと思えばすぐに止めてください。

スポンサーリンク

栄養素について

ダイエットの食事はバランスよく
という便利な”バランス”という言葉がありますが
これはダイエット中に限らず、普段から必要な事です。

・ごはん(炭水化物)
・肉、魚、豆腐系(たんぱく質)
・野菜(食物繊維)
・その他ビタミンやミネラル等

以上の栄養素は多くの方が知る事ですが、
普段からバランスと量を守り食べていれば、
適正体重を保ち、骨や細胞を維持しやすい。

これに反して、

タバコを吸う
→毛細血管が退化し白髪に

カルシウム不足
→骨粗しょう症予備軍

禿げる
→タンパク質不足や喫煙等(脳天から薄くなる日本人が増加中)

綻びがあれば人間はマイナスに傾く事になります。

短期間の誤魔化しができる

人間の体はバランス食を継続できなくても
ある程度健康でいられるようになっています。

当然、体に悪い生活を続けていれば肥満になるように
長期間の結果が→不健康として表面化してくる。

朝食を抑えるススメ

特に昭和生まれのダイエットのイメージは

朝 よく食べる
昼 抑える
夜 抑える

以上のような黄金比を思い浮かべるかもしれませんが、
朝に多く食べても、仕事の能率が低下したりと
誰しもがハマる食事法ではありません。

当然、ダイエットの基本として
カロリー収支がマイナスになれば嫌でも痩せる
という崩せない法則がある以上

総カロリーを抑えてしまえば・・
朝昼晩・・・
どこに比重に置くかは
”好み”で決めたほうが長続きします。

私の朝食紹介

ダイエットを成功させるには
”胃を小さくする”事が大事で
いつまでも食欲と戦っていては痩せる事が出来ません。

さりげなく食事量を抑え続ければ、自然と多く入らない胃になるため
我慢”よりも”もうお腹いっぱい状態”を狙うのです。

例1 プロテインバー

私はコーヒーが大好きなので毎朝飲みます。
コーヒーは近年、ダイエットにもよく抜け毛防止などの効果も注目されています。

ブラックコーヒー+inバープロテインベイクドチョコ

コーヒーのカロリーはほとんどなく、
プロテインバーは166kcalと低カロリーでありながら
骨や髪などの栄養になるたんぱく質が10.4gも入っています。

特に女子の場合には、ダイエット中に
タンパク質を抜いてしまう失敗があるので要注意。
(例:菓子パンで済ます)

例2 カロリーメイト

商品名から→カロリーを補給するイメージ(太る)があるかもしれませんが、
実は200kcalしかなく、たんぱく質も備わっています。

また、脂質を嫌がる方もいますが
低カロリー商品の脂質は腹持ちに影響するため、
”お腹が空きにくい”という効果があるのです。

もちろん、サラダなどの他の栄養素があっても構いませんが
ここでは”胃を小さくする”にこだわるため、
始めの1週間程度はこのような戦略が(私の場合)有効です。

例3 ポケモンスナック

人間の食欲は一定ではありません

これは挫折を防止するために重要なので忘れないようにしましょう!

ダイエットに御法度と思えるお菓子も、
選び方と使い方次第でダイエットを支えてくれます。


例えばポケモンスナックは128kcalしかありません。

カロリーメイトと合わせても328kalであり、
メロンパン1個(580kcal)よりも軽い。

食欲がある日は1品増やしてもOK

例4 厚揚げ

冷蔵庫にある食材を集めて朝食にする場合があります。


海苔さつま揚げ+厚揚げ+チーズ

もちろん厚揚げよりも豆腐の方がヘルシーですが
あくまで余りものを利用したため”こだわらず”食べます。

血栓防止にサラダに玉ねぎスライスを加える事も多い。

例5 イシイのハンバーグ

石井のハンバーグは無添加で、
ヘルシーな鶏肉をメインにしているのでダイエット向きと言えます。

似たハンバーグで丸大がありますが、
私は無添加のイシイ派です。

例6 オイコスは高レベル

2019年使える食材といえばオイコス

以下のように(繊維の)マクロビ派ビスケットと組み合わせる場合もあります。

しかし、砂糖が入っているタイプは
ダイエットに向いていないので

私は、灰色の無糖タイプをメインで使います。

日持ちがするので、冷蔵庫にストックしています。

※コンビニでは無糖タイプが無い場合がある

慣れてくると・・・

以上、朝食から胃を小さくする方法でした。

この方法を継続している間に
ホテルに宿泊することになったのですが・・・

朝食バイキングに参加した結果
全然食べれない(嬉)のです。

これは確実に”多く食べれない胃”に
シフトチェンジしている証拠です。

多く食べれなければ、
暴食が”羨ましい”と思わなくなります。
多く食べるよりも、少ない食事を楽しめるようにしたいですね。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. みほ より:

    ありがとうございます‼