【東久留米】落合川沿いを全部歩く【花小金井】

川マニアの子供に付き合い
川沿いを全部歩くシリーズ。

今回は、黒目川支流の一つ、
落合川沿いを全部歩いてみました。

落合川の全長は4km

落合川の全長は4キロと、散歩には程よい距離ではありますが、
最寄駅の東久留米駅からは1キロ弱あります。

東久留米駅東口から出て
黒目川沿いを歩きながら、合流(スタート地点)に向かいます。

スタート地点に到着!

今回は、黒目川落合川の合流地点から、
落合川の源流を遡るコースです。


この場所に訪れたのは一年ぶり。

↓合流地点真ん中からの様子がこちら

現在、この三角型地帯では、
公園道路の整備が進められています。
(令和元年7月下旬完成)

↓こちらが完成イメージ図。

この日は、あいにくの雨でしたが
気にせず落合川散歩を楽しみました。

上流端を目指し、イザ出発!

スポンサーリンク

とにかく水が綺麗

落合川を見て思うのは、
とにかく水が澄んで綺麗だという事☆

今でこそこんなに綺麗ですが、
1970年代は生活&畜産排水で汚れていたそうです。

立野川合流地点

新落合橋(しんおちあいばし)前では、立野川が合流します。

竹林公園

続いて、南沢付近では、
竹林公園から竹林湧水が流れ込みます。

南沢湧水群

更に少し先にも、南沢緑地から南沢湧水が流れ込んでくる。
その量は1日1トン!というから驚きである。

様々な湧水から、綺麗な水が集まる落合川

野鳥が多い

これだけ美しい川には、魚や鳥が豊富に集まってくる。

実際に目にしたのは、カルガモ、アオサギ、コイであった。

川底が見えるだけで、清々しい気分になりますね♪

美しいプチ滝♪

後半は、川遊びができる箇所が2~3ヶ所存在しました。

整備された川沿いは散歩に最適

この日は悪天候ではありましたが、
川沿いがジョギング&ウォーキングコースとして整備されているために
迂回コースがなく、無駄なく4キロ歩く事ができました。

後半には(下画像)、
一瞬歩道が消える箇所がありますが、

舗装の無い部分は50m程度で終わり、
すぐに歩道が現れます。歩きやすい◎

ラスト1キロは草木が生え、水の流れが無くなります。。。


かわせみ橋から上流端方向

現代の落合川の流れのメインは、
先に紹介した湧き水が主役である事がわかりました。

落合川上流端の看板

上流端の看板の手前には(下写真)水が見えますが、
これはが貯まったもので、上流側から流れてきたものではありません。

上流端の看板から先に進みたいが、
水が無いのと、虫が気持ち悪いのでここまでとした。

この後、あみやき亭東久留米店で昼食をとり、
おふろの王様東久留米店を経由し帰宅した。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする