【もさく座】よしかわ天然温泉ゆあみでタイムスリップしてきた

あゆみではない、ゆあみ温泉
散歩の帰りに汗を流すために寄ってみました。

立地条件抜群!

よしかわ天然温泉ゆあみは、
武蔵野線吉川駅から徒歩1分という抜群な立地条件です。

正面玄関は大通りに面しておらず、
知らなければ”温泉とはわからない”外観です。

シブい・・

入口を入ると、価格表がこれまたシブい♪
昭和世代はワクワクしますよ。

入場料は土日祝で1000円と、日頃から
都内の1600~2500円のスパを利用している事を考えると安すぎる。

100円返還制度はない

近年のスパ施設と言えば、
下駄箱とロッカーでは100円返還式が多いですが、
ゆあみの場合には、そんなものはありません。
下駄箱とロッカーは現金を使わずロックが出来ます。

入館の流れ

下駄箱に入れる

フロントで前払い&下駄箱キーを預ける
(レンタルタオル等もここで伝える)

渡されたリストバンド
食事の会計などにも使えるので
帰るまで手首につけておく事。

スポンサーリンク

4階建て!意外に広い

ゆあみ温泉は4階建ての作りで、
外からは想像がつかないくらい広く感じます。

1階 フロントとマッサージ
2階 風呂入口と休憩所
3階 風呂とゲームコーナー
4階 食堂(もさく座)

風呂が2階と3階にあり、一瞬迷うも
入口が2階で、ロッカーから3階に登るため
風呂は2階から”と”覚えておけばOK。

2階の様子

メインとなるのは2階
風呂の入口と休憩所がある。

椅子の休憩所机の休憩所ごろ寝休憩所があり、
椅子が少ないために、一瞬休憩所が少ないと思うも、案外休める場所は多い。

ちなみに、有料マッサージ機は1台のみ。

ロッカー&風呂はリニューアル

ロッカーに入って安心したのが、
リニューアルされたと思われる床や壁である。

このくらい歴史がある温泉では
床にもガタがくるものだが、
綺麗な壁紙が張られ居心地が良い。

浴槽は2階は→薬草風呂
3階は内湯&露天風呂と区別されているが、
移動する階段も綺麗で安心する。

半分リニューアル

お風呂に入ると、
リニューアル前と後が入り混じっている感じで
床は昔のままで、反対に天井は張り替えられていた。

洗い場は20個程度存在し
型が古いため仕切り等はない。

シャンプーを交換するおばちゃんは
気さくに声をかけてくれ、和やかな雰囲気で最高だ。

内湯
・シャワー2機
・噴きだし湯(ジェット風呂)
・寝湯
・クール風呂(低温)
・天然温泉(熱め)

露天風呂
・天然温泉(熱め)
・ノーマル風呂

風呂から上がり、少し休憩してから4階の食堂へ向かった。

館内にはエレベーターが存在するが、
ゆあみを堪能したいので、あえて階段を利用する。

3階のゲームコーナーにはパチスロ&パチンコ。
客層的に使う人はいるのだろうか・・・・

そして4階に辿り着くと、
もさく座と書かれ、一瞬!躊躇してしまうが心配はない。
ここは、演劇と食堂を兼ね備えた施設である。

食事処 五ッ平太(ごっぺいた)

入口にはビリケンさんも置いてあり
堪らない雰囲気だ。

座席は豊富にあり、昭和感がたまらない。
そして奥には、会場が・・・◎

これはイイ!!

食事メニューが豊富

食事はナメてはいけない。
実はメニューが豊富で、調理が早い!!
(メニューは以前に比べて減ったらしいが、十分種類がある。)

押しボタンでスタッフを呼べるし
スタッフもなんだか癒しを感じる。
段々と帰るのが嫌になってくるぞ!。。

せっかくなので、子供と2人でパーティ♪
色々頼んで楽しんだ。

・刺身御膳1600円
・ざるそば580円
・チャーシュー麺930円
・フライドポテト280円
・ドリンクバー200円
・お子様ドリンクバー120円

更に、ドリンクバーが家庭的
これまた癒し効果UP!素晴らしい。

小学生の頃に戻ったかのような温泉!
ゆあみ温泉はタイムスリップできる貴重な昭和温泉だった。

アクセス

よしかわ天然温泉ゆあみ
住所:〒342-0041 埼玉県吉川市保1丁目14-5
10:00~24:00 (最終受付 23:30)



スポンサーリンク

シェアする

フォローする