あれ?ファミマのBIGコーヒーとSサイズ2杯同じ量じゃね?50円損説

アイスコーヒーBIGが発売中!

(7/16)ファミリーマートのアイスコ―ヒーBIG(250円)がデビューした。

※宮崎県、鹿児島県では取り扱いが無く
数量限定”と書かれている事から、
SサイズやMサイズのように、常に在庫があるとは限らない。

アイスコーヒーのサイズは3種類

以下が各サイズの価格である
アイスコーヒーSサイズ 100円
アイスコーヒーMサイズ 180円
アイスコーヒー BIG 250円

アイスコーヒー好きの私は、毎日のように購入しているが、
Mサイズは量が僅かしか増えないのに80円アップは疑問が残り、
毎回、仕事前にSサイズを2つ購入する。

そして、今回
アイスコーヒーBIGが発売したのだから
どの程度のBIGなのか確かめてみたい!

スポンサーリンク

アイスコーヒーBIG購入!

意気揚々と会計を済ませ

コーヒーマシンに向かったが・・・

いつもの癖で
Sサイズを押してしまった。。。

「やっちまった・・・」

店長とは顔見知りなので

私「Sを押しちゃった」

店長「もう一度、Sを押して♪」

とのアドバイス。

すると、アイスコーヒーBIGの容器にピッタリと収まった。

「はぁ良かった!」

いや!
待て。

Sボタン2回じゃ、
Sサイズ2(計200円)と同じではないか・・・・

別に構わないがなんか気持ち悪い・・・

量は同じだった

Sサイズ2個=BIGサイズ1個
量が同じである事が判明したのである。

アイスコーヒーBIGは損なのか?

アイスコーヒーSサイズ2個→200円
アイスコーヒーBIGならば→250円

液体の量で比較すれば
50円損になる。

無理にお客側の利点を考えると、
2個入れるのは面倒だから淹れやすい
という点が挙げられる。

サービス価格の可能性

また、これは単なる損得勘定ではなく
マクドナルドと同様に
(ダブルチーズバーガーよりもチーズバーガー2個の方が安い)

アイスコーヒーS自体がサービス価格だった。
と考えれば合点がいくのではないだろうか?

ただ、Sを2つ買った場合は、
コーヒーが薄まるのが早い印象があり、
今回のようにBIGサイズで入れる方が
美味しく保てる気がしないでもない。

たっぷり飲みたい方は通常はSサイズを2個、
コーヒーマシンが混んでいる場合は
→BIGサイズという選択をすると良いかもしれない。

BIGサイズ歓迎の方の声

ファミマのアイスコーヒーがおいしすぎる。
ファミマはS2個分で、ローソンのメガはS3杯分らしい。
【悲報】近所のファミマのアイスコーヒーBIGサイズ売り切れ。
人気過ぎワロタ。
明日の目標。
ファミマのBIGサイズのアイスコーヒーを飲む。
店によってはトールだったりLだったり
聞き返されたり面倒だから、サイズ言えば購入できるコンビニは優秀だと思う。
しかもファミマがいつの間にかBIGサイズ増えててほんと有能。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名さん より:

    損するのワロタ

  2. 匿名さん より:

    コンビニのコーヒー薄すぎる
    もっと濃くしてくれ

  3. 巨人3位くさい より:

    近所の店長さんどんどんやつれていく
    業務多すぎるよ。

  4. 匿名さん より:

    マイナス50円ですな

  5. 匿名さん より:

    sにmボタン押しても溢れないんだよな
    sだけ優秀。

  6. 匿名さん より:

    ファミペイはただのスイカやん普及するわけねぇ

  7. キンプリプリ より:

    コンビニコーヒー薄くて腹立つ