【自力】エアコンが動かない原因 リモコン&受光部【修理】

エアコンが動かないリモコン&受光部の修理方法
アフターサービス保証に疑問
リモコンが反応しない!
本体スイッチからは動く!
自力でエアコンを修理する方法!

リモコンが反応しない!
エアコンが故障したのか?

ある日、エアコンのリモコンが反応しなくなった。
エアコン本体に向けても全くの無反応である。

当然ながら原因を見つけるべく
まずは、本体側の緊急スイッチ(本体スイッチ)を押してみる。

すると、すぐに起動したため
本体は壊れていない事が分かった。

緊急スイッチで動く場合には
”本体が壊れていない可能性が高く”
これで、出張修理を呼んだらお金の無駄である。

スポンサーリンク

リモコンを疑ってみる

まずはリモコンを疑ってみたい。

何故なら、リモコンは使えないが、
本体スイッチからは稼働するからである。
(当然、電池の消耗が原因ではない)

本体は動くのでそのままでも良いが・・・
今後は、緊急スイッチで対応する事を考えたが、
ヒーターとクーラーの切り替えボタンまでは無いため
現在使用していた設定を維持する事になる。

新しいリモコンを購入してみる

最近は、便利なものが存在している。

テレビのリモコンと同じように、
互換性のあるエアコンリモコンが販売しているのだ。

東芝や三菱などメーカーに関係なく
簡単に設定できるというから驚きである。

リモコンを設定するが
まさかの・・・

互換リモコンが届き、
「これで解決する」と思われたが
接続を試みるが全く反応がない

他のエアコンで試してみると簡単に接続できた事から
どうやら、リモコンの赤外線を受ける側が原因であると結論が出た。

ビーバーエアコン
三菱重工は受光部分が壊れやすい?

更に調べてみると、受光部(赤外線を受ける側)の不具合の声は多く、
(自分が調べた範囲では)三菱重工では特にその声が多かった。

エアコンは動くが、受光部分だけが壊れているのなら
当然、エアコン本体の交換は勿体ない。

出来れば、受光部を自力で直したい!

そして、受光部基盤は本体基盤とは別に付いている為
受光部ユニット(写真の下部分)という
”小さい部分を交換すれば良い”というところまで辿り着いた。

修理を呼んだら負け

このような、受光部の修理となれば
出張費込みで20000~35000円はくだらない事から
出来れば自力で解決したいものである。

電子回路の知識はないが、
予め出来ている基盤を”差し替える”だけならば誰でも出来るはずだ。

お問い合わせセンターに質問をしてみた

早速、三菱重工のお問い合わせフォームから
受光部ユニットの在庫があるか質問をしたが、
解答は以下のような悲しいお知らせであった。

電化製品でよくある、
古くて対応する部品は無いから新しいのを買って!”というアレである。

予想通りの悲しい返信に、別の策を探す事になる。

受光モジュールの存在

ユニットが買えないのなら
自分で受光部分を購入し直すしかない。
受光モジュールという3本足赤外線を受ける部分の交換が必要だ。

受光ユニット(基盤)が壊れていれば難しい問題になるが、
受光モジュールのみ破損しているのであれば、
これだけを交換すれば直る筈である。

受光モジュールは激安

受光モジュールとは、メーカー不問のようで
どんなメーカーでも使えるらしい。

修理業者を呼んで万単位を取られるならば
自分ではんだ付けをして直せば1000円以下で済む。

問題は、受光モジュールが壊れているのではなく
受光ユニット自体が壊れている場合である。
この場合には、また考えなくてはならない。

エアコンのカバーを外す

多くは、下部のネジを外し、
エアコン下から上に押しながら引く機種が多い。
その他、ネジがないか?観察しながらカバーを外す事。

受光モジュールを探す

カバーを外すと、(赤枠)上部に本体基盤があり、
下には小さい”リモコンの受光ユニット”が見える!

掃除をしてみる

特に汚れは多くは無いが、
念のため、銀色の受光モジュールを軽く拭いてみた。

すると、

リモコンが反応した!

微妙な埃が、接触を邪魔していたのか?わからないが
リモコンが快適に使えるように直ったのだ・・・・。

受光モジュールの交換前に
汚れを拭き取る事で解決する場合アリ!

その後は、ケースを元に被せるが、
反応が落ちないように、赤外線が通りやすいようにプラスチックカバーを外した。

画像のように、受光部が丸見えであるが
これで解決する事が出来た。


RSN RN TN RSM RM SL RL TL TM SK RK TK
結論:業者を呼ばなくて良かった!
SJ ZJ SI ZI SH ZH SG ZG ZH ZG
【三菱重工ビーバーオンラインショップ】問い合わせ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする