パチンコを打つのがめんどくさくなる方法 我慢のない引退

引退者が教える
パチンコを自然に止められる方法
パチンコはくだらないと思える方法

「パチンコを二度とやりたくない!」
「パチンコを二度と打たない!!!」
「1日打って損した!朝に戻りたい!」
負けた時は宣言するものの、
1日経てば、脳がリセットされ
新たな「今日こそ勝つ」という意欲が湧くのが依存症である。

自分を知り依存症脱却

人間は、それぞれ性格生活環境が違い
パチンコへの依存度が変わってくる。

【頻度】
定期タイプ
週1回などの、比較的通う日が少ないタイプ。

連日タイプ
学生、バイト、自営業等で、
比較的時間に都合がつきやすく、
時間があれば打ってしまうタイプ。

【性格】
計画性のあるタイプ
1ヶ月単位で資金を配分するなどの
計画性がある為、負けても管理が出来る。

期待値タイプ
計画的に動き、勝つために
好きな台よりも期待値を追うプロタイプ。

自由タイプ
好きな台を打ってしまい
熱くなり大敗してしまうタイプ。

スポンサーリンク

最近の台は初当たりがなかなか引けない

パチンコやパチスロで、最も辛いのが通常時である。
あの長い通常時が楽しいのならば引退は難しいが、
これが嫌いであれば、引退のチャンスは開けている。

反対に、大当たり中の時間は短く
至福でジュースタバコを楽しむ方も多い。

通常時95%大当たり5%という
殆どが苦しめられ投資するパチンコ
我々にとって財布に厳しい戦いになる。

負けた時の無気力感
繰り返す過ち

勝利時は、使った時間が充実に変わるが
殆どは負けになり→”無駄な時間を使った
そして”無気力””疲れた二度と打たない感情”と
様々な苦痛があなたを襲い、脳に悪影響を与える事になる。

多くの苦痛を受けると脳はダメージを受け
それが繰り返されば、卑屈な心を持ったり
気性が荒くなったりと精神が不安定になる。

「後から来た奴が当たりやがって」
「あいつだけ20連チャンずるい」
「隣に座ったBBAがすぐに当たった」
「確変に挟まれた腹が立つ!不公平」

こんな思考になるようでは、
楽しんでるとは言えないのである。

パチンコは悪い点が多すぎる

パチンコの良い点は、
当たる事と連チャンに限られるが、
それに反して、苦痛ポイントは沢山存在する。

・数時間当たらない
・時間を使いすぎる
・肩や腰が疲れる
・周りが当たると辛い
・店員に覚えられる
・単発地獄通常地獄
・音量トラブル
・喫煙トラブル

私が引退した理由は、
温泉旅行に興味を持った事と
時間の無駄だからという理由があるが、

それでも、月に2.3回打っていた時期がある。
(殆ど引退していた時代)

これでも十分に”ほぼ引退状態”であったが、
「全然打ちたくなくなった」
「打つのが面倒になった」
「打つ気もしない!」
「全く興味がない、そそられない」
という状態になったのはその後の事である。

まるで、好きなアイドルが結婚して冷めてしまうような状態である。

競艇の存在

競艇は自分自身、全然わからないし
知ろうとも思わない。

!全然興味がない!

パチンコを主として遊んでいると
その他のギャンブルは後回しになる傾向がある。

また、以前は競馬もやっていたが
あんな頭数が多いのに当たる訳もなく
自然に引退した経験もある。

競艇が良いとは到底思えない。。

最近では、パチスロライターのういちが
楽しそうに競艇をやっている動画がある。

ふとしたキッカケで見ると、
仲間でワイワイと非常に楽しそうに見えた。

そして、現代はネット投票という
家に居ながら舟券が買えるというシステムがあるため
誰でもすぐに入会をし参加する事が可能だ。

実際に買ってみた

当然、選手も知らなければ
出走表の見方も知らない素人である。

しかしながら、出走するのは最大で6艇であり
例えば、勝つ舟を当てるには、運任せでも1/6である。

初回は、BOX舟券という、
3艇を選んで(3連単6通り)購入する方法でスタートしてみた。

パチンコより当たる

100円単位で購入できるために
パチンコで1000円を失う速度を考えたら
6点で600円は異様な安さである。


競艇は毎日高配当が出ている

ビギナーズラックなのか
実は初回は万舟(100円で1万円以上)が当たってしまった。

単純に6艇のうち3艇を選ぶという簡単な買い方である。
パチンコで1万円を得るには幾らの投資が必要だろうか?
とにかく、勝負が早い競艇に驚いたのである。

更には、パチンコと違い換金所に行く必要もなく
確定と同時に”すぐに振り込まれる”のである。

いきなりスーパーリーチ

パチンコでは、
スーパーリーチから打ちたい
クルーンに入っている状態から打ちたい
などの無理な理想があるが、

競艇の場合は、パチンコに当てはめると
常にスーパーリーチからのスタートに相当し
(絶対に当たりがあるレース)

仮に、買っている舟が抜け出したならば
95%以上の(見た目通りの)信頼度になりゴールまで手に汗握る展開になる。

はじめは「レースは2分で終わるからつまらないだろう」と思っていたが
いきなりクルーンから始まるような競艇は単純明快で激熱であった。
パチンコよりも時間を使わない遊びは、忙しい大人には便利であると感じた。

重要:そして、勝負時間が短いために
負けた場合は切り替えが早くできるのである。

パチンコ→当たらない時間が長いと取り返したい気持ちが膨らむ悪循環!

当たらない時間は出来るだけ短く

パチンコで一番無駄なのは当たらない時間だ。
何時間も座り続けて負けるのなら
一瞬で負けた方が無駄がない。

同じ負けでも体は軽い不思議

パチンコの負け額は恐ろしい。
1~2万負けならばマシで、5~6万ストレートで無くなる事も少なくない。
また、やっとの思いで当選しても→単発やショボ連ならばやり直しだ。
出るまでに時間を要する。

一方、競艇の場合は
仕事をしながら運動をしながら賭ける事が可能で
時間な無駄が殆どない。

公式サイトでリアルタイムでレースを見れるが、
後でリプレイを見る事も可能だ。
時間が空いた時に確認すれば良いので生活の邪魔にならない。

そして、”凄く負けたなぁ”と
無謀な投資をしたつもりでも
1万円以内の負けで収まるという
体も心も疲労しない競艇は
忙しい自分にはぴったり合っていた。

!これがパチンコならば、大金と時間まで失っている!

もちろん、賭け金を増やしたりのめり込めば
大敗は見えてくるが、100円単位で万舟を狙う程度に留めておけば(重要)
預金をしながら楽しめるのが競艇であると分かった。
(パチンコで多くを負けた経験があれば無謀な投資はしない)
個人的には自分に合っていると感じたのである。

パチンコがめんどくさい存在に

この結果、パチンコはめんどくさいと脳が感じるようになり
全然打ちたいと思わない不思議な感覚に変わったのである。

・新台が出たからソワソワする
・開店時間近くになるとソワソワする
などは一切なく、1000円が異様な速度で飲み込まれるパチンコは
未練どころか、全く興味がないものになったのである。
我慢するどころかフェードアウト状態

「数万円パチンコに使うのなら
競艇でBOXを3レース(1800円)買った方が楽しめる」
と思うようになったのである。

通常時の長さが辛い方におすすめ

パチンコの通常時が苦痛と感じる性格であれば
競艇(ボートレース)に移行する方が合うかもしれない。

ホールに行けば、時間の無駄と同時に
嫌いな客との”バトル”をしなくて済む。

家族や友達を傷つけず
自分の疲労も溜らない

パチンコの存在にイライラしているけど止められない方は
一度競艇のスーパーリーチを楽しんでは如何だろうか?

本当にやめたい方は引退に向かって、
パチンコ以外の事に興味を向けてほしい。

我慢するだけでは止められないので、
他に興味を持ち、「パチンコはどうでも良くなる位置」にまで落とす事を狙いたい。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。