6号機で引退できないなら依存症は深刻化 やめたい方ちょっと来い

ストック全盛の4号機

取り切れずの夢が残っていた5号機

レア役が空気
2400枚が限度の6号機

更には、消費税8%(47枚)→消費税10%(46枚)と
投資の段階で出玉を没収され、換金時にも没収(等価禁止)される現状である。

そして、勝負するパチスロ台の殆どが設定1という顔ぶれである。

スポンサーリンク

6号機の現状 楽しめているのか?

6号機のイメージはどうだろうか?
  ~本当に楽しいのか?~

もちろん4号機も5号機も十分に”破産できる”訳だが
6号機は”レア役で引いた感覚がない”&”2400枚獲得前で終了”という
「引いた感」「閉店まで終わらない」というパチスロの醍醐味
が削られていると感じるのは私だけではないだろう。

2400枚と言われていても、実際は800~1500枚で終わる事も多い有利区間。
このショボイ出玉に対し、昔のように万札を何度も突っ込む魅力があるだろうか?

客をバカにしている6号機

特に今の台は、チャンスゾーンに入るまでが大変で
クリアしてもボーナス迄→そこからさらにATへの険しい道がある。
チャンスゾーンに入るだけでレインボー爆音、散々投資して100枚以下のボーナス。

まるで遊戯者をバカにしているような仕様が殆どである。
レア役を引いても”期待感”が薄く、
全くスロットを楽しめない通常時は遊戯する意味がないのである。

怒りより脱力

以前までは、”周りが5000枚出している”などの”羨ましい”感情が生まれたが
現在は、「こんなの無理だよ」「5万投資したら戻ってこない」という
怒りよりも”ぐったり感”が先行して来るのである。
これこそがムリゲーである。

ここまでパチスロが落ちてしまえば、
万枚への希望、期待感が無くなり、本来の楽しさが失われてしまう。
・一撃2400枚以上は無理
・天井がチャンスゾーン
・1000円で46枚貸出し
・等価禁止
・レア役空気=通常時が拷問
これであなたは本当に楽しいのだろうか?

時間を使うパチスロパチンコ

時間と言うのは誰もが避けられない”有限であり
その時間の使い方で、頭脳や給料にも変化が出る。

若い頃は何も考えず時間を使う事が出来るが
30、40歳過ぎてもやめられないスロッターは、
段々と「俺は依存症かも、やめたいけどやめられない」状態になっているのである。

パチンコパチスロに飼いならされてしまうと
時間をかけてお金を没収される”事に慣れてしまう。

あなたは鳥や豚と同じ家畜

実は、同じ金額を失う場合であっても
競馬パチンコでは”ショック度合い”が全然違う。

たくさんの時間を使った負けは
→精神状態をドン底に突き落とされ
→怒り&後悔&脱力と負債額以上のダメージがあるのである。

パチンコパチスロはストレス製造機

競馬競艇のように数分で決着がつく勝負よりも
時間を使い負けるパチンコはストレスが溜まる。

どのギャンブルであっても、
上手に(月2~4回程度ならば)付き合えば生活に支障はないが、
・仕事帰りに勝負する
・ニートで時間がある
・収入以上に負ける(借金)
試行回数が多い方は、そろそろ引退に向かった方が良いのではないだろうか?

打ちに行った半分以上は
「理不尽だ!」「レア役で抽選していない!」
「CZ突破できない!」「ズルい!」「詐欺だ!」
「腹立つ!」「俺だけ当たらない!」「隣がすぐに当たる!」
怒りや脱力が湧くのならあなたはパチンコパチスロに向いていない。
私のように引退が可能だ。

パチンコは悪魔
自分自身を滅ぼす

自分自身、パチンコにハマり
月収が80万から→5万に落ちたことがある。

誰とも話さず一人で遊べるパチンコパチスロは
楽であり憩いの場であると何年間も騙されていた。

人間の愚かな所は、お金が入ると気を抜いてしまう点である。
特にパチンコ脳は、勝った金を投資に回す習性がある。

先に述べたようにパチンコは”時間を使う”欠点がある事から
長い間打っていると、仕事や家族、勉強の時間が削られてしまうのである。

これは他のギャンブルと大きな違う点で
(競馬や競艇よりも)仕事に悪影響を及ぼすのである。

現在は全く打ちたくない

現在はパチンコが大嫌いになり
テレビで「キュイン!」という効果音を聞くと”腹が立つ”くらいである。
時間や金を奪うパチンコパチスロを恨んでいる。

パチンコパチスロに依存している間は、
恋と同じように”周りが見えない状態”だ。

夢中に打っている間は、
両親の事、妻の事、飼っている動物の事など
そっちのけになっているはずである。

大切なのはギャンブルではない。
パチンコをやめて家に居ると、
家族の動きが良く見えるようになり家族の愛も深まる。
これはやめないと理解できない事であり非常に怖い!

依存症から普通の人間へ戻れ!

よく芸能人が覚〇剤合成〇薬で逮捕されているが
パチンコも同様に”立派な依存”である。

自身の経験であるが、
やめると全く別の世界が見えてきて
(賭けられない寂しさどころか)
今やらなければならない事がどんどん見えてくるのである。

よく、「パチンコの代わりの趣味が欲しい」と
引退前に代わりを見つけている方もいるが実はその作業は必要ない。
自分の場合は”何もかも”足らないくらいに今は時間が足らない。

金保留が出ても激熱が出ても、当たるとは限らない!
当たっても4ラウンドや6ラウンドで終了(通常)の場合もある。
連チャンする保証もない。

こんなくだらない演出に騙されたら人生終わりだ

激熱演出は引退すれば”バカらしく”思えてくる。
引退は難しいと思うかもしれないが一度引退してしまえば
他のギャンブルに対しても対応が上手になる。

今の自分は競馬も競艇もやるが
”依存症経験”があるだけに無意識に歯止めが出来るのである。
・競馬→週末のメイン1レースのみ
・競艇→仕事中に100円投票
程度であり、ギャンブルに張り付くことは全くない。
(試行回数が多い程負ける事を知っているため、購入を減らす工夫が自然と出来るようになる)
一度引退したら強くなる”のは自分が感じた事である。

「やめたいけどやめられない」のならば
あなたは”引退する素質が十分”にある。

パチンコ以外の趣味候補はこちら



スポンサーリンク

シェアする

フォローする