【迷惑メール】”本当の”差出人メールアドレスを調べる方法【スマホ】au

スマホ全盛の現代、
メールの使用頻度が減ったにも関わらず
増え続けるのが迷惑メールである。

迷惑メールは、芸能人の名を出して”出会いサイトに登録”を促すものや
有名企業名を名乗り”偽サイトにログイン(パスワード抜き取り)”させる手口などがある。

キムタクメール エグザイルメール 白石麻衣メール 有村架純メール
焼肉お誘いメール Amazon Vpass Appleなどがある。

スポンサーリンク

メールフィルターを抜けてくる?

PCメールの場合は、フォルダ仕分けなどがあり
ログインした時のみ受信フォルダを見る事になるが、
携帯電話の場合には”通知”があるだけに、
迷惑メールの連打には呆れてしまうのである。

携帯電話の場合には、各キャリアに
迷惑メールフィルター”なるものがあり
アドレスを打ち込み登録をすれば自動的に破棄してくれるシステムがある。

しかしながら、迷惑メールの中には
メールアドレスを偽る”場合があり、
相手の本当のメールアドレスを知りたい!
と思った事は無いだろうか?

迷惑メールで間違いやすいのが”from”の部分であり
実は、差出人のメールアドレスはニセモノである場合が多い。

ヘッダの存在

メールには、通ってきたルートが書かれたヘッダという情報があり
これを見れば”本当のメールアドレス”を見つける事ができる。

実は、スマホでヘッダ情報を見る事は可能であり
本当のメールアドレス”を見つける事ができる。

スマホでヘッダを見る方法

例えば、auを例に挙げると
webメールという、受信したメールを詳しく見る機能が備わっている。

ヘッダを見る手順1

webメールを見ると、既に受信したメールの内容が残されている事がわかる。

ヘッダを見る手順2

迷惑メールの1通にチェックを入れ、右側にスクロールすると・・・

ヘッダを見る手順3

一番右にメニューボタンがあり、
タップすると、選択肢が出てくる。
その中の”ヘッダを表示”をタップしよう!

すると、一番上にReturn-pathと書かれた文字があるが、
その直後が差出人の本当のメールアドレスになる。

※メールのfromに表示されているアドレスは
あくまで表面上のもので”嘘のアドレス”である。
本当のメールアドレスはReturn-pathに書かれている。

Return-pathに注目!

Return-path
<iw4vm7Pyl4Q4KxL9mY@sfbnncktomall.com>
<iw4vm7Pyl4Q4KxL9mY@sfbnncktomall.com>

Return-pathの場所には上記の文字列が書かれ相手のメールアドレスを知る事ができた。
@(アットマーク)以前のアドレスは配信の度に変えるものの
以下の@sfbnncktomall.comは不変である事がわかった。

キムタク迷惑メール3通の例

Return-path
<iw4vm7Pyl4Q4KxL9mY@sfbnncktomall.com>
<iw4vm7Pyl4Q4KxL9mY@sfbnncktomall.com>

Return-path
<cM72gJJcLdffC92w2A@selfbannkmalvox.com>
<cM72gJJcLdffC92w2A@selfbannkmalvox.com>

Return-path
<Js4rndr5McP4Q3S0o4@selfbannkmalvox.com>
<Js4rndr5McP4Q3S0o4@selfbannkmalvox.com>

@selfbannkmalvox.comは共通

したがって、迷惑メールフィルターに登録する際は
”@selfbannkmalvox.com”を部分一致で登録すれば良い事になる。

表面上(from)のアドレスを拒否しても解決しないのは
以上のような”偽装アドレス”にて配信してくるからである。

キムタクからのメールがしつこいんだけど

平野を名乗ったキンプリメールがウザい



スポンサーリンク

シェアする

フォローする