【光】携帯キャリアショップの勧誘がウザい 電気 タブレット 強制オプション追加

携帯キャリアショップに訪問すれば、
確実に勧誘される時代である。

「領収書をまとめませんか?」
「電気を安くしませんか?」
「タブレットを使いませんか?」

例えば、現在のauであれば
待ち時間に”アンケートをお願いされる”事がある。

アンケートには適正な診断・スムーズなご案内の為、アンケートにご協力くださいとあるが、
パッと見れば、勧誘恐怖症の方ならばすぐに気が付くはずだ。


はじめの2問こそ、だだの誘い水であるが

以降は、
光環境→NTTからauひかりに契約を変えたい
タブレット環境→タブレットを契約させたい
電気環境→auでんきを契約させたい
水環境→ウォーターサーバーを契約させたい
以上の意図がバレバレである。

受付の番号札を取る前に
店員「今日はどんな御用ですか?」と聞かれ
機種変更と答えたにも関わらず、全く関係のないアンケートを書かせられるのである。

しかも、通常は機種変更は30分程度で済むはずだが
受付の店員は「1時間くらいかかる」と言うではないか。。。

なるほど、光勧誘などOKしたら別の契約で1時間はかかるという事か・・・

スポンサーリンク

機種変更の流れから
合間に誘いを挟む

機種変更の合間に
さりげなく勧誘してくるのが手口である。

光勧誘(光コラボ)

店員「auを使っているので、光を変えるとお得になりますが?」

私「NTTから変えるつもりはありません」

店員「どうして?安くなりますよ?」

私「値段ではなく仕事上のお付き合いもあるし
NTT関係なので変えたくないんですよ。」

店員「でも変えた方が・・・」

私「変えると都合が悪くなるのですよ。
光コラボの勧誘はもうしないでくれ。」

電気が安くなります!

今度はauでんきを推してくる。

店員「電気もまとめると請求書一緒になりますよ」

私「電気もガスも変えるつもりはありません」

店員「どうしてですか?」

私は「今の電気を任せている会社は無名の会社なのですが
長い付き合いでもあり仕事仲間でもあり変更できないのです。」

店員「しかし・・」

タブレットを使いませんか!?

店員「なんと!お客様にクーポンが出ていますね!」
(そんなもん画面に出ていないだろ)

私「何のですか?」

店員「なんと!月々1500円でタブレットが使えるんです!」

私「タブレットは4台持っているので逆に貸したいくらいですよ」

店員「・・・・・」

特に光契約には気を付けろ!

機種変更の合間にちょこちょこと
勧誘を混ぜてきて、情弱のお年寄りならば
サクサク騙されてしまう可能性がある。

特に光コラボは一度契約をしてしまえば元に戻す事に苦労する。
光で騙される人の多くは”契約が変わる事を知らない”人々である。

NTTのまま安くなるのではなく
他社の光契約に変更されるのである。

国民生活センター被害の声が止まらない

正直に勧誘せず客のリスクを言わない手口

今回の場合は、
まだ正直な勧誘であるため問題は少ないが、

”契約が変わる事に触れずに”
「ただ安くなるだけです」
「請求書が一緒になるだけです」
「この地域はプランが変わったのです」
などの勧誘方法があるので注意してほしい。

こっそりプランが追加されている

以上までの、正直な勧誘ならまだ良いが
機種変更や設定などを済ませた後で
知らぬ間にプランが追加されている”事がある。

これは消費者センターでも問題になっている被害である。
スマートフォンの機種変更時、複数の有料オプションに半ば強制的に加入させられました

通常は「一ヶ月は無料ですのでその間は解約できます」等の説明があるが
スタッフによっては”何も触れず”追加だけされる事がある。
今回は後者の無言オプション追加だった!


auスマートパスから→断りもなしにauスマートパスプレミアムに増額

表面上の対応では、
安い通話プランを提示し客を安心させるが
最後のサイン前には注意しなければならない。

au Wowma!、故障紛失サポート、データチャージが勝手に追加された!

au悪徳契約に騙されない方法

複数枚の契約内容を軽く読み飛ばしてしまえば
1個や2個ではなく、数個のプランが追加されてしまう事があるのである。

しかもこの内容については
会話の中で一切触れてはいない事項である。
あんなにニコニコしながらさりげなく追加させるとは
人間が信じられない時代になったものである。

昔には存在した”日本人の心”があれば
こんな商売をしていれば自分の心が痛むはずだ。
個人的にはこんな仕事で飯を食いたくはない。

auは強引なオプション追加を許可しているのか?直接聞いてみた

親がドコモショップに行ったら勝手にオプション付けられて帰宅

消費者センターホットラインはこちら
メールでの被害報告送信



スポンサーリンク

シェアする

フォローする