【アイスコーヒー】セブンイレブンのストロー無し蓋に賛否両論

コンビニの魔力というのは恐ろしい。
「近いから」「商品が揃っているから」という理由で
(ほぼ定価なのに)利用してしまうのである。

コンビニ商品の中でも、
お客の呼び水になる”100円コーヒー”は
喫茶店に大打撃を与えたのは記憶に新しい。

セルフで注ぐため、肉まんや揚げ物のような
店員の仕事量が少ないのが特徴だ。

スポンサーリンク

蓋が・・・・違うぞ!

前々から噂は聞いていたが、

私の所にもやっと”新型”の蓋が現れた。

ストロー無しで飲める蓋

以前までのアイスコーヒーの蓋は
真ん中部分に穴が開いており、そこにストローを差して利用したが
今回は、ストローを使わない蓋が使われるようになったのである。

※ストローをご希望の方はレジにて紙ストローをお渡し致します。
店員までお声がけください。
地球にやさしい紙製ストローです。

これは、前々からニュース等で言われているように
プラスチックストローを無くそう運動”から来ているものである。

このプラスチックストローを止める運動は
日本発ではなくイギリスが発端だ。

プラスチックは分解されずゴミとなり
海を汚すなどの”環境面”の理由から始まったのである。

スターバックスの本社があるアメリカのシアトルでは条例があり
2020年までに世界中の同店舗のプラストローを無くすそうだ。
(日本のスタバは2020年1月から導入)

プラスチックは溶けて
再利用できるじゃん

まーた外人に従うのか
外国はプラの再利用の方法知らないんじゃね?

日本も仕方なく?

このプラスチックストローを無くす運動に対し
日本は世界に倣った(ならった)形である。

使い心地はどうなのか?

実際、今回の蓋の使い心地はどうなのか?
確かめてみた。

見た目や使い方は”ホットコーヒー”と同じで
つまみを引き上げ上部に押し込めば、飲み口が出来上がる。

蓋は厚く作られており、
この厚みに下唇があたり非常に飲みやすい。

ストローは便利説

しかしながらストローならではの利点もある。
・口を付けないで飲むことが出来る
・こぼすリスク軽減
・喉に直接飲むことが出来る
・口紅やリップが付かない
特に女性はストローを好む傾向がある。

ストロー無くなったら
タピオカどうすんの?

紙ストローの方がコストかかるやん

ストロー無し賛成の声

セブンイレブンでアイスコーヒー買ったら
ストロー無しの蓋になってたそぃ。
私の中ではこれはアリ。
まぁ、環境によいなら賛成。
一つプラが減るならいいかも。
アイスの蓋をこの形状にしたという事は
ストローやめ運動進んでいるな。
ストローやレジ袋無くしても大した差がないそうだがまぁいいか。

ストロー派の声

セブンイレブンに行ったら
「ストローを使わなくてもよいフタができました」
って新しいフタが並んでたけど
蓋がプラスチックなんだぜ?
ウケる。
セブンイレブンさんさぁ。。
ストロー差す時が気持ちいいのに
あの感覚を得られないのは寂しんだよ!
ストローは、混ぜる仕事もあるんだぜ?
外国にみぎならえしてんじゃねーよ!
昔からアメリカの後追いダセェ。
ストロー作っている会社と
レジ袋作っている会社の気持ちを考えたことがあるのか?!
死活問題だぞ!糞野郎!
白いストローは口紅が目立つので
折角女性ウケ狙って黒のストロー考えたのにねぇ。。
ストローは、歯を磨いた後でも
喉の奥に流し込むことが出来るので便利だったんだが・・・
紙ストローを使ったところでさぁ、使いにくいしフニャるし
店内のゴミ箱みても分別してない奴らばかりじゃん。
フードコートでも面倒だから”トレーごと”捨てる奴もいるんだよ?

紙ストローを体験したい!

ストロー撤廃を記事にしたのだから
オチとして紙ストロー”の使い心地を報告したいのがライターの心情だ。

しかしながら、店員は「人の話を聞かないタイプ」であり
最後はこちらが面倒になって紙ストローは宿題となった。

「レジにて紙ストロー」の文句を確認してと・・・

すいません。
紙のストローを下さい。


はいよ!

すいません・・・
そうじゃなくて
紙のストローを下さい。


はいよ!

すいません・・・
そうじゃなくて
紙のストローを下さい。

Sだから短い方ね
ハイ!

(プラスチック)

はいどうも。
(だめだこいつ。。。)



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名さん より:

    紙ストローなんで作るのめんどくさそう
    ストロー工場かわいそす

  2. 匿名さん より:

    アイスコーヒーLを台に置いてフタを片手で付けようとしたらカップが変形してコーヒーをぶちまいた なんか癖のあるフタだなぁ

    片付けてくれた店員さん ごめんなさい ありがとう