【イライラしない方法】当たらない不公平ムカつく5万10万負けた腹立つ【パチンコをやめる方法】

パチンコを打って負けた
朝から夕方まで打って負けた
10万円ストレート負けをした
また通常だった!STに入らない
確変が続かない!すぐに転落

パチンカーには、理不尽な大ハマり不運常に訪れるものである。

それもそのはず、
パチンコは1/319、パチスロはATまで1/1000な
はじめからハマる(苦しみが多い)設定で作られているからである。

また、CR機や5号機よりも出玉は抑えられており
今まで負けていた方は、更に負け額が増えてしまう時代だ。

ホール通いで負けてイライラしてしまう
負けると腹が立つ方は、ぜひ読んで欲しい。

スポンサーリンク

パチンコパチスロは時間を使う

負けて悔しい&腹が立つ!
それは当然の事で、まったく楽しい時間が無いまま
5~10万が1日で消えてしまうのが現代パチンコである。

パチンコが競艇や競馬と違うのは”時間を使う”事であり、
稀に来る”連チャン”の際には、至福の時間が長く快感をもたらすのである。

しかしながら、ハマっても当たっても時間を使うのがパチンコであり
負ける時が圧倒的に多い為、段々と精神がやられてくるのである。

ホールを見渡せば、
・台に根性焼きをする者
・キレて台パンする者
・周りの当たりを妬む者
・自動ドアを殴って去る者
・通路ですれ違う人に体当たりする者
イライラしている人が多い事がわかる。

あなたに向いているギャンブルは?

パチプロの多くは精神が安定している。

心の浮き沈みが少ない方が多く、
市役所や郵便局などで安定した対応が出来る公務員タイプが多い。

このような落ち着いた人間でれば
ノーヒットであっても「今日は帰ろう」という冷静な判断が出来るが
気が短いタイプは熱くなり「当たるまで帰れない」という状況に陥りやすい。

気が短い!熱くなる!のは悪い事ではない

気が短いのは決して悪い事ではない。
何故なら、”不利な戦い”である事がわかっており
負けた自分を予知できているからである。

気が短い人間は、長時間戦う前提の
パチンコパチスロに向いていないだけで
案外、競艇競馬の方が向いている場合がある。

例えば、パチンコならば途中からイライラして打つところを
→競艇ならば、負けたらすぐに次のレースに移る為
切り替えが出来るのである。

競艇競馬は長く楽しめない?

競艇競馬は、長く楽しめないと思うかもしれないが
それは大きな間違いで、パチ同様にデータを見たりVTRを見たり
当たった後でいくらでも余韻を楽しむ事が出来る。

パチンコで殆どハズレの演出を何時間も見させられるのならば
短時間勝負で(負けても)次のレースに切り替えた方が性格に合うのである。

比較してみると断然パチンコが負ける

気が短い方は、仕事が出来る場合が多い。
短時間でテキパキとこなせるタイプでもある。

自分自身、パチンコと競艇を比較したことがあったが
断然競艇の方がお金を使わなかった。

パチンコは平均5万円負けるに対して
競艇は1日6000円を限度に守る事ができた。

パチンコ
・とにかく時間がかかる
・ホールに行かなければならない
・1日で5~10万負けやすい
・肉体的疲労がある(目や腰)
競艇
・自宅で投票できる
・負けても切り替えしやすい
・100円単位で遊べる

パチンコの場合には、ホールに行く手間がある為
その間は殆ど他の事が出来ないばかりか大敗する危険性がある。

しかしながら、競艇の場合はスマホから投票が出来て
とにかく時間の無駄が無いのである。
当然負ける事が多いが、パチンコのように当たらない時間が長くないため
ムカついて執着する”事が無い(重要)のである。

負けた時は、「ハイハイ次々!」とスルーし
当たった時だけ何度もVTRを見て楽しめば良いのである。

無駄なホール往復

ホールに行かないというだけでもアドバンテージは大きく
・働きながらPCの隅にレース動画を流す
・運動しながらレースを見る
などの時間を有効に使う事が出来るのである。

特に、現代パチンコは出玉規制がある事から
多くの方が競艇と競馬に流れており、両者の売り上げは前年よりも上回っている。

YouTubeのパチンコパチスロライターが
近年、競艇界に参入しているのは当然の流れであり
いつまでも”国が無くそうとしているパチンコ”に固執しても商売にならないのである。

パチンコパチスロで負けて腹が立つならば、
あなたは別のギャンブルに向いている可能性がある。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。