【スペシャルコーヒー】ファミマの新コーヒーは美味いのか?ブレンドと比較してみた

コンビニのセルフコーヒーと言えば
100円(S)のイメージがあるだろう。

ファミリーマートではスペシャルコーヒーとして
税込み価格120円のコーヒーがスタートした。

このスペシャルコーヒーの種類は常に同じではないようで
剥がし忘れたPOPを見ると、キリマンジャロと書いてあった。
(現在はエチオピアモカ

価格的には税込み20円の差であるが、
我々の選択肢が増えるという事は良い事だ。

ブレンド 93円(税込100円)
モカブレンド 112円(税込120円)

スポンサーリンク

比較してみた

セブンイレブンでもスペシャルコーヒーの存在があり青色のカップであるが、
ファミリーマートの場合は緑色のカップである。

カップが緑になり、英文字が筆記体になるだけで

美味しそうな雰囲気”が漂う。

ブレンドコーヒーは”濃いめ”ボタンがあり、今回は濃いめを選択。
これで両者の味を比較したい。

好みが一番重要説

そもそも、ラーメンやタバコ、お酒、コーヒーなどは
好みが一番重要である故に、美味しい基準というものは存在しない。

その人が選択したものが美味しいのであり、
たとえワインであっても熟成したのが偉いのではなく
飲む人の”好み”で順位が変動するのである。

まずはコーヒーの色は大差なく
見た目の違いはほぼない。

エチオピアモカ

まずはエチオピアモカを飲んでみると
華やかで芳醇な香り、爽やかでフルーティーな味わい

というファミマのPOP解説の通り
フルーティーさが目立った。

コーヒーでフルーティというと、いわゆる酸味の意味であり
飲んだ後にジワジワと感じる酸味がある。

ブレンドコーヒー(濃い目)

一方のブレンドコーヒーは、濃い目を選択したものの、
いつものようにバランスが良く飲みやすいタイプである。

コンビニコーヒーに共通しているのは
コーヒーの薄さである。

特に自分自身はエスプレッソが好きであり
濃さに完全に麻痺(マヒ)している変態の為、
ノーマルコーヒーでは満足できない体になってしまった。

甘い物のお供として

コーヒーと言えば、甘い物との相性が抜群である。

チョコレートの相性を比較したが
当然ながらどちらも相性は抜群であった♪

コーヒー自体はカロリーが低いが、甘い物との相性が良い為に、
甘い物←→コーヒーのループにハマると太ってしまうので要注意。

個人的にはどちらが勝利か?

個人的好みとしては、酸味よりも苦みが好きなため
普段から酸味を特徴としたコーヒーはあまり飲まない。

この事から単純にノーマルのブレンドが勝利であったが
少し時間が経つと変化が現れた・・・。

評価が逆転?

注いでから20分程度するとコーヒーの香りが抜けてくる

改めて冷めたコーヒーを口にすると・・・

ブレンドコーヒー
→特徴のないコーヒー
エチオピアモカ
酸味の特徴が残っている

このような変化が起こり、
特徴のあるエチオピアが勝ってしまうという面白い結果となったのである。

結論:どっちでも良い



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。