【峰竜太-全-全】トータル勝てる説 計算した結果驚くべき・・・

で勝てる気がする

ボート界の最高勝率と言えば峰竜太である。

常に勝負を諦めないため、
中途半端な着順が少なくキッチリ勝ち切る印象が強い。

ここまで1着が多いのであれば
「峰から3連単を流せば勝てるんじゃね?」
という発想が出てくる。

脂の乗っている今こそ検証してみる価値があるのではないか?

スポンサーリンク

過去3節を見てみよう

直近3節の成績を見てみると
勝つか負けるかハッキリしている事が分かる。

※赤は着順

尼崎
ファン感謝3Daysボートレースバトルトーナメント
1115
唐津
第60回佐賀県選手権 新春王者決定戦
1121411111
住之江
第34回グランプリ/グランプリS
41転3

1着が多い!!

配当は低そう?

強いのは誰もが知っているが、
重要なのは配当である。

1艇から3連単を総流しすると20点であるため
100円を賭ければ、1レースにつき2000円の投資が必要になる。

不安なので計算してみよう・・・

計算した結果

過去3節の合計レース数は18であり
18レースx2000円=36000円(投資金額)になる

この36000円という投資額を上回れば
【峰-全-全】で勝てる説が立証できる。

尼崎
ファン感謝3Daysボートレースバトルトーナメント
1115
※1着時の3連単配当金
580円
8290円
28990円
唐津
第60回佐賀県選手権 新春王者決定戦
1121411111
※1着時の3連単配当金
3590円
640円
3810円
710円
450円
890円
1400円
760円
住之江
第34回グランプリ/グランプリS
41転3
※1着時の3連単配当金
690円

投資 36000円
回収 50800円
―――――――
収支 +14800

見事にプラス収支になったのである。

万舟でプラス域に

ただ、これがプラスになった理由は
まさかの6号艇からの奇跡のまぐり差し2.8万舟があったからである。
※これが無ければ-14190円の負けになってしまう所であった。

いくら強い峰竜太であっても、
”万舟が来なければ勝ち越す事ができない”事が分かった。

峰-全-全は、負けにくくリスクの少ない買い方なのかもしれない。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。