パチンコ屋は性格が捻くれた奴が集まり自身も侵される

引退したい方集合

パチンコ屋は怖い。
何故なら、通えば通うほど自分自身が捻くれてしまうからである。

・隣が連チャンしてるズルい!
・隣に座ったばかりの人がすぐ当ててズルい!
・隣が当たるとムカつく!
・お金持ちを妬むようになる
・すぐにイライラする
・自分が不幸だと思い込んでしまう
・隣に座られるだけで不快感
・演出を見られるとムカつく

パチンコを知る前は”健全”だった頭脳が
機械相手に遊んでいる間に→段々と捻くれた心が形成されてしまうのである。

負けるシステムが脳を破壊させる
負けるシステムが中毒者を増加

性格が捻じ曲がってしまうのは
当然”お金がかかっている”からであるが、
そもそもパチンコが(安定して負ける)理不尽である事から始まっている。

千円で20回転する台は、今の時代殆ど無く
多くの方がボーダー以下の台を打ち続け負けている。

例えば、1/319の台で50%の確変を当てようとすれば
1/638を引かなければならず、単に当てるだけでも厳しいと分かる。
(そこから連チャンさせなければ勝てない)

引退した私から見れば、
今は”くだらない”と笑う事が出来るが

当時は・・・
・1000回転で1回も当たらない理不尽!
・2000回転で1回も当たらない不幸!
・夕方まで一度も当たらないズルい!
などの怒りが湧いてきたものである。

当然、負ける事は分かっているが
当たった安心感が欲しい為に、翌日になるとケロッと忘れて打ちに行くのである。

総合的に負ける事は分かっているが、
納得が出来ないので当てたくなる現象が危険。

負け組の思考

私はプロ時代も体験しているが、
プロ時代には”何も焦りがなく”安定した心で打つ事ができた。

それは当然”最終的には勝てる安心感”があるため、
他人の当たりなんてどうでもよく、目の前の台の保留を見ているだけで良いのである。

しかしながら、令和のP機全盛時代になると
今まではどのホールでも数台あった”勝てる台”は殆ど存在しなくなった。

これにより、多くのプロは苦労し探すのならば
働く方が楽となり(スペック的にも日給が減る為)
無理にパチンコでお金を得る手段を断ったのである。

スポンサーリンク

ホールに行くと怖い

久しぶりにホールに行くと
「とても怖い空間だったんだな」
という事が分かる。

パチンコのせいで狂ってしまった
可哀想な大人達が集まっているからである。

台パン

台パン=台をパンチする事である。

女性ではなかなか見かけないが
男性の台パンはとても多い。

例えば、先に自分自身が1万発ほど出して
大当たりが継続中だとしよう。

その隣に負債を重ねた男が座り、
分煙ボードを力任せに引き出し
数回転の度に台をパンチするのである。

あえて出ている私の隣に近づいて
台をパンチし威嚇するのである。

もちろん他人の連チャンは嬉しくないものであるが
気を使える日本人ならば”我慢”という事が出来るのが普通だ。

しかしながら、パチンコというのは
自制ができなくなってしまうのである。

これは元々のあなたの性格ではなく
パチンコのせいで性格が捻じ曲げられてしまったのである。
(引退すれば戻る!)

隣が当たると怒る

これは特にパチンコで多いが
隣で大当たりをすると、露骨に嫌な顔をする人間が存在する。

もちろん中には祝福してくれる方も存在するが
9割以上の方が”隣が先に当たりやがったクソ!”と思っているのがパチンコ脳である。

確変やSTに入っても、
「落ちろ」「スルーしろ」の祈りが伝わってくるものであり
見事落ちたならば”うんうん”と頷く性格の悪い者まで存在する。

気を使えない音量最大

近年の台は、音量が非常に大きくなっている。
店によっては、放置時間が長ければ
音量が自動的にMaxになる設定にされているため
気を使えない人は爆音でプレイする事になる。

特に、最近の日本人は、大陸系特有の
気を使わない性格の人間が増加していると言われている。
自分だけ気分が良ければ良い」という人間が増え
音量最大にしながら耳栓をして
自分の世界へ浸る人間が増えている。

パチンコ屋では良いかもしれないが、
これでは社会では通用しない。
社会不適合者として周りから見られてしまうだろう。

浮き沈みが激しくなる

パチンコは、ハマりと大ハマりを中心に
たまにくる連チャンなどから、心の浮き沈みが激しくなる。

その結果、家庭内でも態度として出てしまう。
気分が良い時悪い時の状態が違いすぎて
家族が戸惑う事になるのである。

これはとても恐ろしい事であり
心が不安定な人間には話しかけにくく
段々と声もかけられなくなる。
パチンコの弊害として恐ろしい事である。

(公務員)郵便局職員などの
誰に対しても安定した対応を見習い、
どんな時も平常心を保つようにしたい。

当たりたい!逃げ出したい!

一度パチンコの”当たり”の気持ちよさを覚えてしまうと
ストレスが溜まった際に、ホールに逃げ込むようになる。

満たされる保証のないホールへ足が向かい
大当たりに向けて投資してしまうのである。

当然、0.2~1パチの低いレートなら精神は崩壊しないが
4円で解消を求めてしまうと、
何時までも依存症から抜け出す事は出来ない。

お酒やたばこをやらない人間からしてみれば
これらは”ストレス解消”に使えない行為であるのと同じで
”パチンコの大当たり”を知らなければ我々は平和だったはずである。

大当たりは本来不要な物である!

他の事にはお金をケチる

パチンコには何万も投資するのに、
数百円の本や、数千円の服には躊躇してしまう傾向がある。

ホールという空間は怖いもので、
万札さえもプレイチケットになってしまう世界だ。

ただ、打っている時には夢中であるが
負けた後に「服が買えた」「パソコンが買えた」
「機種変すればよかった」「家族と飯を食えばよかった」
などと、できもしない事を後悔するのである。

依存中は他の事にお金をケチってしまう!

やめると幸せが来るぞ

いざ引退してしまえば、
家族に1~2万を越えるプレゼント程度は
平気で出来る心に改善される。

自分自身の経験で言えば
・嫁のスマホ機種変
・母親にタブレットプレゼント
・嫁にタブレットプレゼント
・家電が壊れたらすぐに購入!
当たり前の行動が出来るようになった。

”パチンコの存在”を消してしまえば
本来使うべき場所にお金を使うようになるのである。

1日で、1~2万ではなく
5~7万円は簡単に消えるパチンコは悪魔だ。

こんな無駄な趣味は早く引退した方が良い。
さぁ!引退しよう!生まれ変わろう!



スポンサーリンク

シェアする

フォローする