パチンコのハマりが嫌い憎い許せない人は競艇に移行しよう!世界が変わる!

パチンコには糞ハマリがつきものである。

1/319のミドルを打ち続ければ、
早い段階で1000回ハマりを体験する事になり
1年間でノーヒットの日(1度も当たらないまま帰宅)は何度も訪れる事になる。

当然、1000や2000回転ハマって当たってもスズメの涙であり
(多くの場合は)取り戻す事はできないのは分かっているが、
”悔しくて”文句を言いながらも続けてしまうのが依存症である。

遠隔だ!ずるい!

隣のジジババだけすぐ当たり!
音量下げろよムカつく

確変当たったのに
俺だけ即転落!

北斗無双20万円当たっていない!

10連単!ずるいムカつく!

周らない、確率が悪い、振り分けに負ける
理不尽な負けに怒りが湧くのは当たり前だ。

スポンサーリンク

依存症VSハマり

人間には各自性格が存在し、
パチンコのハマりに対して
・ハマっても怒らずに打ち続けられる者
・ハマるほど怒りが湧いてくる者
・腹は立つが表面には出さない者
など、それぞれ”キレる”ポイントが違う。

比較的穏やかな人は、
公務員や血液A型の特徴のように
長い間”同じ精神状態”を維持できるタイプで

反対に、O型やB型にありがちなメリハリがある性格の方は
このハマりに対して”怒り”がこみあげてくるだろう。

ただ、これは決して後者が悪いのではない。
ハマる事(負けるシステム)に気づき、
ムリゲーを察知出来る事は実は素晴らしい事なのである。

不利な戦い&お金を取られる
卑怯なシステムに怒るのは当然!

台パンは良くないが、理不尽に
回収されるのだから〇りたくなって当然なのである!

パチンコを選んだばかりに・・

数あるギャンブルの中で、
パチンコだけをしている人は非常に効率が悪い。

何故ならパチンコは時間を使うからである。

・ホールへの往復
・当たるまでの時間
・連チャンしても時間が必要
以上のように、競馬や競艇などの他のギャンブルと比較すると
何十倍も時間を使うのである。

確かに連チャン中は長い時間楽しめるが、
その何十倍も苦しまなければならないリスクがある。

たとえ、1日がかりで運よく捲ったとしても
”消費した時間は無駄”であり、
1日打って大負けをすれば、ご存知の通り

怒りを越えて脱力

何もしたくない無気力状態

いわゆる廃人になるのである。

パチンコは麻薬

これは完全に麻薬状態で、
芸能人の覚〇剤逮捕は決して他人事ではない。

たまに来る”当たり”に踊らされながら
精神は浮き沈みし、最終的には多くの時間と大金を失っている。

負けても負けても、
「悔しいから当てるまで打つ!」
「隣の人に負けたくない!」「裏ボタンで仕返しをしたい!」
「STを継続させたい!」「2万発~3万発出したい!」
などの欲求に負け続けてしまうのが依存症だ。

引退に近い者 遠い者

依存症にも時期があり、
・勝てると思って夢中になる時期
 (誰にも止められない中毒状態)
・負けが嵩みやめたいけどやめられない時期
 (引退する事が可能な時期)
が存在し、後者ならば十分に”引退”できる時期に来ている。

負ける事は分かっているが
やめられない状況は引退の大チャンスだ!

パチンコの負け額が大きすぎる

パチンコは規制後であるが、出るときには
1~2万発(4~8万円)を獲得できる時もある。
ただ、それを夢見て打ち込むほど投資金額は膨らむ。

そしてパチンコ経験者には何度も訪れる
”初当たりが取れない日”に何度も遭遇する事になる。

3日で12万負けた

30万円確変を引いていない

神拳ZONE→地上最強の拳→群
→麒麟壁ハズレた。。
酷い

金保留が2回来たが両方ハズレ
何もいいとこなく5万負け

幸せな勝ちを夢見るが
多くは数万負けという大金を失う結果になる。

特にパチンコは、その場の雰囲気に飲まれやすく
悔しくて追加投資してしまう”現象が起こる。
他の物はケチるがパチンコの投資はケチらないのはこれが原因だ。
熱くなってしまえば、途中からはヤケクソ状態になる。

通常時が嫌い!ハマりが嫌い!

通常時が嫌いハマりが嫌いでイライラしてしまう方は、
(私のように)パチンコやパチスロに向いていない。
引退が可能だ。

私も嘗ては、200以上回せばイライラしてきたが
競艇を知ってからは無理に追う事が無くなった。
(今は全く打ちたいと思わない面白いとも思わない)

パチンコにハマっている間は、楽しみが”パチンコのみ”になるため
財布が空になって→ATMを繰り返してしまうが、
他に楽しみがあれば、ハマりに突入しそうな流れであれば
財布にお金が残った状態で帰宅する事が出来るのである。

全ての解消をパチンコに期待してはいけない!

投資金額の少なさは大きなアドバンテージ

これはあくまで”私の場合”であるが
競艇をやる事でパチンコ欲がほとんど無くなってしまったのである。

長い間パチンコで負け続けると
勝てるかな?という期待はあるものの
「また負けるのでは?」「連日何万も負けるのは厳しい」
などの”負けの恐怖”が先に来てしまい楽しむ事が出来なくなる。

特に時間をかけての負けは精神的にくるものがあり
競馬で一瞬で失うよりも何倍も疲れる

1ヶ月に何十万も負ける財力があるならば
今まで通りパチンコを続けても構わないが、
1~5万以内に抑えたいのなら、断然競艇の方が楽しめるだろう。

競艇は時間の無駄が無い

競艇は、ホールに行く必要が無く
PCで左にレース画面右に仕事画面という具合で効率よく遊ぶことも出来る。


舟券は100円から買う事が出来るため、私は多くを買わない。
(当然、大金を入れてはパチンコ同様に破産が待っている。負けの経験は糧になる。)

パチンコの場合は数万投資して1~2万発を狙う遊びだが
競艇の場合は600円(6点)で1~3万円を狙う感覚になる。

大体、1点に100円という基本を守っていれば
パチンコのように負けても怒りは全然沸かない。
たとえ応援している選手が転覆しても余裕で見届ける事が出来るのである。

精神が安定する

パチンコは毎日”財布の中(資金)”が気になって仕方がないが
競艇はレースを少なく100円の意識を持てば精神と財布が安定する。

パチンコを打っていればATMの残高の浮き沈みが激しいが
競艇の場合には”不安が無く”貯金も出来るようになるのである。

もちろん、パチから→競艇への移行は
私に合っていただけで誰もが合うとは言い切れない。
ただ、長い通常時ハマりに腹が立つタイプには
このような早期決着の勝負は性格に合うはずだ!

2000円さえも大金に!

投資が少なければ「取り返そう」なんて気は起こらない。
逆に「今日は1000円負けで楽しめた」などと狭い範囲内で一喜一憂出来るようになる。

例えば、競艇は6艇が競争するレースであるが
単純に一着が当たる確率は1/6である。

100円で穴狙い

楽しい買い方に、1艇からの総流し舟券がある。
これは20通りであり、100円x20点を買うのである。
(選んだ船が1着に来れば当り)

↓これは1号艇から総流しした例である。

確変を2000円で当てるのは難しいが
競艇ならば2分で勝利する事があるのである。

投資金額が多すぎれば感情移入し負ければ悔しさが込み上げるが
2000円ならば、当たりやすい宝くじ感覚で
気楽に構える事が出来るのである。

そして、遊ぶレースが少なければ少ない程負けにくく
ギャンブルというよりは健全な遊びになるのである。

どう考えても競艇の勝利

パチンコは・・・
長い間臭い中で投資し、
当たっても単発や即落ちなら意味が無い。
連日の数万負けは命取りに。
リスクだらけ。

競艇は・・・
勝負が早く低投資&金額が少なければイライラしない。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。