【国民が日本政府に不信感を持ち始める】コロナウイルスの対応

あれ・・・日本がおかしいぞ。

日本国民は”平和に暮らしたい”
”税金は出来るだけ少なく”など、
安定した生活を望んでいるだけだ。

選挙の投票率の低さから、多くの国民が
”政治への関心が無い”事が受けとれるが、
実際は「政治家が何をしているのかわからない」
「高い給料をもらっている」「いつも会食している」などのイメージがあり
実態がわからないために、誰に投票してよいのかわからないのが大半だろう。

私は自民や野党どちらの味方でもない。
ただ、普段から政治に興味のない方も、今回のコロナウイルスの対応から、
「あれ?日本はヤバイんじゃないの?」
と感じてきたのは私だけではないだろう。

国会中継をしても派閥のケンカ
みんなで協力して日本をよくしよう
という方向が無いのは残念だ

俺たちの金は上級国民に
使われていると考えると悲しい

水際作戦失敗よりも

日本は戦争感染病から長い間離れていて
危機感が薄れているのは当然である。
そのため、誰が政権をとっても
”完璧”にコロナを封じ込める事は出来なかっただろう。

ただ、現在に至るまでの動きに
多くの国民が段々と不信感を募らせてきたのは間違いない。

特に、ダイヤモンドプリンセス号について
厚生労働省の対応は悲しいものであった。
また、北海道で感染者が多いのは”まともに検査をしているから”であり
現在の日本は事実上”感染者隠し”状態である事も衝撃的だ。


権力がある者が国民の声をシャットアウトしてしまう
独裁政治になっていたことに国民は恐怖を覚えた。

安倍批判をするとアカウントが削除される現象

最近になって多くの方のアカウントが停止されている。
コロナの恐怖から安倍内閣へ向けての言葉が増えているが
圧力なのかわからないが、次々にアカウントが停止されてしまうのである。

安倍批判して二度凍結しました。
異議申し立てしても
問答無用凍結。

安倍総理に返信したら
凍結みたいなんなって
ログイン出来なくなった(笑)

我々国民は、派閥による抗争には興味が無く、
国の代表として”国が良い方向に向かう”事を望んでいる。

今回のコロナウイルスによる一連の流れは、
多くの国民にショックを与えているはずだ。



シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。