【コロナ詐欺】厚生労働省指定の検疫所を名乗る架空請求書に注意せよ!

厚生労働省指定の検疫所を名乗る電話がかかってきた。
その内容は”無料にて新型肺炎コロナウイルスの検査を受けられる”というものだ。

しかしながら、会話を続けると
最終的には金銭の振り込みを要求される事になる。
コロナウイルスに便乗した振り込め詐欺に要注意だ!

スポンサーリンク

架空請求業者の手口例

私「はい、もしもし」

「私達は厚生労働省管轄の検疫所でして
新型コロナウイルスに関する検査を勧めております」

私「えっ?厚労省さんですか?」

「そうでございます。
新型コロナウイルスが急速に拡大している事から
国民一人一人に連絡を差し上げています」

私「お疲れ様です」

「通常は検査に、高額な費用がかかるのですが
実は・・・検査費用は何十万もかかるのです。

私「そんなにですか!」

「しかしながらこれでは国民の皆様が検査を受けられないので
先日、政府の意向により私たちが検査を引き受ける事になりました。
しかも無料です!!」

私「無料はありがたいですね。
検査受けた方が良いのですか?」

「そうですね、今だけ無料なので
受けた方がよろしいかと思います」

私「手順を教えてください」

「まずはあなたのお名前&電話番号等を伝えて頂き
その後は預り金を納付してもらいます

私「なるほど、
それでは幾ら振り込めばよいのですか?」

「はい!15万円になります」

私「そんなにですか?」

「しかしながら、必ず返ってくるので
みなさん振り込んで頂いています。
これによりキャンセルが減る事に繋がります」

私「なるほど!
それでは振込方法を教えてください」

悪「今回はAmazonギフト券で納付してもらいます」

私「え?銀行じゃないんですか?」

「政府からはAmazonギフト券でと指定されております」

!!うそつけ!!

電話口にて無料で検査を受けられる
一時金として検査費用を振り込むように促される
還付金詐欺同様の手口に注意!

電話がかかってきた方の声

水道管にコロナウイルスが付着しているから修理が必要だってさ!(笑)
政府が決定したとか言うから
いつ決定したのか聞いたら、
「極秘情報」だってwwwwwwwww
なんでお金を入れるのか聞いたら
信用問題だってさ!!!
キャンセル防止の為だって。
うける
お金が無いと受けられないって・・・政府からの秘密事項まじオカシイ

俺んちの水道管にコロナウイルスが増殖中らしい
取り除くのに13万円だってさ。嘘が下手すぎるだろw

過去には
自動応答詐欺も存在した

オペーターによる対応ではなく
ガイダンスに従い個人情報を聞き出す手口もあるため
今後、自動システム詐欺にも注意してほしい。

過去の自動架空請求例

「厚生労働省地域復興課
臨時福祉給付金自動受付センターです」

など、実在しない部署を名乗り
050番からの発信という例があった。

ガイダンスに従い、電話番号を入力してしまうと
携帯電話にショートメールが届き、
銀行口座番号名義人を入力するように誘導されるのである。

怪しい電話にご用心

・マスク無料配布で誘うメール
・厚生労働省を名乗る詐欺集団から新型コロナに関して電話
・水道管に菌がついていると電話
以上の3つが、今回のコロナ便乗詐欺の代表例である。
注意してほしい。

コロナ詐欺メールの種類はこちら!似た内容ならば要注意!



スポンサーリンク

シェアする

フォローする