頑固アスペルガーと過ごす自粛生活【シラスと洗濯機の話】

アスペルガーとの生活に嫌気がさしているあなた!
その気持ちは十分わかります!!

!話が通じない
!会話が成立しない
!話したことを覚えていない
!変な拘りだけは持っている
など・・・毎日苦痛を強いられている事でしょう。

ここではアスペルガー相手に楽しむ
私を見て少しでも気持ちが楽になってもらえれば幸いです。

アスペルガーにも種類があり
比較的楽な放置すれば済むアスペルガー
苦痛を強いられる頑固押し付けアスペルガーなど
その特徴は様々。。。

スポンサーリンク

放置すれば済むタイプ(スルー可能)

嫁の場合は、一人で勝手に動くタイプなだけに
嫌な事があっても何とかスルーできるため夫婦生活を継続できている。
(同じ過ちは繰り返す)

例えば、嫁の悪い癖の1つを紹介しよう。
毎回、食べることの無い「しらす」を腐らすまで冷蔵庫に入れておくのである。

いやいや、「食べないなら買うなよ」と言いたい所であるが
同じ事を繰り返すのがアスペルガーの特徴
もはやスーパーに行った際のルーティンになっているのである。

流れとしては・・

週に1回購入

賞味期限が切れる

私「しらす食べないの?いつも期限切れるけど」

嫁「古いからあげる」

私が臭くなったしらすを食べる

という流れである。

しらすを購入して、自ら食べるのは10回に1回も無く
その殆どが臭くなり私に回ってくるのである。

その結果、しらすがトラウマになり
しらすを見ればガクガク震える程になったのである。

私は、行ったことない江ノ島でしらす丼を食べるのが夢であったが
この癖により、食べれない体になってしまったのだ。。

全自動洗濯機を信じない父

昔の洗濯機こそ怪しいものであったが、
現在の全自動洗濯機の機能は素晴らしい限りである。

しかしながら、その機能に異議を唱えるのが父である。
最近は、「よく混ざっていない!」と主張し
洗濯機に棒を突っ込み、洗濯中は付きっきりなのであるw

拘りのクセが強い!

もちろん「嘘くせぇ」なんて思われるかもしれないが
私は正直者だ。

写真を撮ってみた↓

面白いだろう?

これが毎日

ボケているならわかるが違うのだ。。
アスペルガーならではの拘りなのである。

ただ、ここまでなら「勝手にしろ」で済むが
問題はここからである。

「あれ?なんか水が出にくいな~」からの

分解開始→破壊→壊れた→買おう!

の流れである。

「弄らなければ壊れなかったじゃん!」は禁句!

道連れアスペルガーのため
何をするにも”家族に付き合わせる”のが特徴

「掃除をするから集合」
「洗濯機買うからついてこい」
「これから工事するから来てくれ」
など、1人でやってくれないので非常に厄介なのだ。

亭主関白を越えた自分勝手さに家族はうんざいりするが
歯向かえば逆ギレが待っているので「うんうん」と付き合う事になる。

本人は自分の行動が全て正解だと思っている

自分は感染しない自信

今回はこんなコロナ全盛期に洗濯機が壊れたのだから大変だ。
せっかちなものだから「ビックカメラに買いに行こう!」と燃えるのである。

母「いやいや、今は危ないわよ」

父「何言ってんだよ!感染するわけないだろ!行くんだよ!」

買いたい欲から”根拠のない自信”が出て
動きたくて仕方が無いのである。

よくアクティブ老人が出歩いている、マスクで並んでいるなどの声が上がるが
まさしくその通りで、「コロナ怖いなぁ」なんて言いながら
自分自身が一番危険な行動をしているのである。

スルーで済むアスペは扱いやすいが、
意見を押し付けるアスペと同居は正直キツイ。

あなたの家に住むアスペちゃんは
どのようなタイプですか?



スポンサーリンク

シェアする

フォローする