大通りでのジョギングは迷惑かけている説 なぜ歩行者の横を走るのか?【マラソン】

新型コロナの影響でマラソンランナーは敬遠されている。
走らない人にとっては迷惑に感じてしまう場合がある。

人の横をすり抜けるな!
腹立つ!

ゼイゼイ息がキモい!
陰で走れ

特に、最近ではソーシャルディスタンスの意識から
ランナーを毛嫌いする人が増えてきたのも事実である。

良い機会なので、早朝散歩中に皆の動きを確かめてみた。

スポンサーリンク

時間帯は守られてきた

まずは、走る時間帯である。
最近になって新型コロナの知識が広まった結果
昼間に走る非常識な人は減った。

昼間は買い物や子供が外に出る時間帯である事と
マラソンは徒歩時と違い、5倍のソーシャルディスタンスが必要である事から
人が少ない早朝や夕方以降が推奨されている。

マスクは必要か?

毎晩私の体に当たりかけるほど
スレスレに身体寄せ付け駆け抜けて行く
マスク未着用ランナーたちに
ものすごい怒りを感じていました!

今日久しぶりに外出たんだけどビックリした
皆マスク付けないでハァハァ息あげて走ってる…
健康の為なのはわかるけど…
「自分が保菌者だったら」をまだ疑わないんだ…
マスク付けて走ったら酸欠になる?
知らんがな、じゃあ走るな!

マスクをしてるそぶりをしながら
鼻と口出してる奴なんなの?
確信犯じゃん

自身も経験者だからわかるが、
マラソン時にマスクをする事は(心臓の強化は出来るが)
快適に走る事は出来ない。むしろ酸素が足りず理想的とは言えない。

また、感染症専門の医師の話によれば
マスクではなく距離」という言葉をよく聞くことになる。
極端に言えば”歩行者との距離を十分に置けばマスクは不要
という専門家ならではの見解である。

確かに、すれ違いざまに息づかいが聞こえるのも
すれ違う音が聞こえるのも、風を感じるのも
(マスク関係なく)近すぎるという事である。

感染症専門医がオススメするジョギング方法は
早朝又は夕方以降の人が少ない場所でマスク無しで走って構わない」という事である。

ランナーとの理想間隔は10mと言われている為
普段の「2m」の意識よりも余裕を持った考えが必要になる。

なぜ大通りを通るのか?
何故メイン通りを通るのか?

不思議に思う事があるだろう。

裏通りは沢山あるのに、あえてメイン通りを
走る姿に疑問を感じたことはないだろうか?

走るなとは言わないが時間や場所を考えろ!
大通りとか人通りあるところわざわざ走らなくてもいいでしょ
電車内でパンを食べるのと同じで
通勤時間の普通の大通りのジョギングはバカすぎる
走るなと言っているわけではない。

ジョギングの人「はぁはぁ」
そんなに苦しいなら走るなよ!
信号待ち怖すぎる
若い男とジジイのジョギングが怖い!
お前らは用事無くてただ走るだけなんだから
横丁走ってりゃいいんだよ。
マラソン選手気どりすんな!お前の道はねぇから!!


早い時間帯のジョギング状況を観察してみたが
ランナーの100%が大通りを選択している事が分かった。

広い通りにはコンビニや街頭もあり
どんな時にも歩きやすく便利なため、
用事がある方も、コンビニを目指す方も、
ほぼ100%の人間が選択する事が分かった。

散歩もジョギングも広い大通りへ出る習性あり

従って、いくら広いとはいえ歩行者とランナーとの間に10mの余裕はない。
やはりランナーと歩行者が接近することは避けられない。

公道でのジョギングを禁止にしてくれ、
激烈に迷惑してる。
公園行け!

何を言っても誰かしら何かしら
文句を言いたい人がいるわけでしょ。
スーパーに行けば人が多くいるし
パチンコする人もいるし
ジョギングだってする。
それを批判するわけではなく
このままじゃ終わらないね。

適度な運動の為に散歩やジョギングするならわかるけど
ほんと「人がいない場所」に行けよって思う。

邪魔派さん
なんで大通りで走るの?
邪魔だよ!
走る派さん
全く考えたことなかった。
真っすぐで広くて走りやすいからかな?
邪魔さん
裏道行けよ
誰もいないだろ!
走る派さん
開放感が無いし
タイムもはかりにくい
曲がるのめんどくさい。
邪魔さん
歩いている人に迷惑だよ公園いけよ
公園外周永遠走れクズ
走る派さん
景色が変わらないからつまらない

結論:大通りみんな大好き♪

ジョギングや散歩が不可欠な時代に?

今までは少々小太りの方が長生き説が有利であったが、
最近の新型コロナ変異株は血栓が特異症状であるため要注意だ。

メタボ、高血圧、糖尿、高コレステロール血症が血栓症リスクであり
予防法が有酸素運動=ジョギングと変化する可能性がある。

体内に留まってしまう新型コロナがある以上、
感染しない事が第一であるが、自身が保菌者と意識し
有酸素運動や玉ねぎスライス摂取、ビタミンEによる血管強化など
「死なないように血管を維持する事」が当たり前の時代になるかもしれない。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。