【頑固アスペルガー】落ち着きが無い 不要不急の外出で家族に迷惑かける説【じっとしていられない】

頑固アスペとの対応は楽しくやりすごそう!

家族は無駄な外出を控えているのに、
不要不急の外出をしてしまう高齢者が存在する。
おそらく我が家だけではないはずだ。

折角の自粛が無駄になりかねない行動に
ガッカリする家族はいるはずだ。

大人というものは生きている間に自分が常識になり
自分の行動が正しいと疑わず頑固になってしまう場合がある。
吸収力が無くなったら終わりだ。
特にアスペルガーや頑固、亭主関白系の人間に多く見られる行動である。

人間丸くなるのが理想だが
→一部の高齢者は頑固化が加速する!

スポンサーリンク

落ち着きが無い!ソワソワ

例えば、我が家の父の場合は
アスペルガー頑固亭主関白

全てが備わっており、家族の意見は絶対に聞き入れない
今のコロナ時代に突入しても不要不急の行動を止めないのである。

年を重ねると丸くなるのではなく、反対に頑固が加速している状況!


競馬場に出向く人間が居る事に驚く。
本人からすれば必要なのかもしれないが違うだろう。。。

もちろんコロナの恐怖について、本人は把握しているが
何故か「自分だけはかからない」「自分の用事は不要不急ではない
と考えているのだから不思議である。

完全な不要不急

例えば、帰省するとか遊びに行く
趣味をするために移動するなどは”まだマシ”である。

最悪なのは、我が家のように
外出できる口実を考える
無理に用事を考えて家を出る
などムリに外に出る理由を作るのである。

単純にアスペルガーの為、落ち着きがなく黙っていはいられず
常にソワソワしているのである。一緒に居るだけで家族の精神がやられてしまう。

自分がルール!自分が常識!

自分がルールブックであるゆえ、
操作できないスマホは投げつけ
電源が付かないパソコンにキレ(コンセントが抜けてるだけ)
興味のないPC機材などの価値を考えることなく
落としたり傷つけたりと自分勝手な行動を続けるのである。

そして何か1つ気になる事があれば
しばらく没頭する事になる。

!頑固アスペルガーは自分勝手!

不要不急が大好き

不要不急の外出例
・いずれ必要になるからと商店街でサンダル買う
・弁当を買ってくる(自分が馴れた店には徹底的に通う)
・ダイソーやスーパー巡り(特に用事無し)
・マスクのために薬局に並ぶ(しかも入荷予定の無い店)
・人混み散歩(散歩は構わないが、なぜか人の多い賑やかな場所をはしごする)
とにかく外出したくてたまらない落ち着きのない行動が見て取れるのである。

母「マスクやティッシュはあるから」

父「うるせえ!行くんだよ!」

そして、毎日無理矢理出かける父を心配し
母が気を利かせて”欲しがっていたサンダル”を通販で購入したが・・・
(父は”外に出るための口実”であるゆえに、)

父「こんなもん要らない!」

母「外に出たら危ないから」

父「自分で買ってくるって言っただろ!この野郎!」

とブチ切れるのである。

家族の考えとしては、無理に密の場所に出かけ感染されては困るのである。
全ての行動が不要不急なだけに家族が振り回されてしまうのである。


そして、そのサンダルは私が履くことになった。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。