【特徴】アスペとの会話はこんな感じ 会話が成立しない【カサンドラ症候群】

「あのさ~」

「そうそう!見せたいテレビがある面白いんだ!見ろ!」

「話が・・・・」

「見ろ!」

見ればわかるのに
内容をすべて語るな!ウザい!

挙句の果てには全然関係ない話最終的には自慢話になる。
さぞかし、本人は気分が良いのだろうが、
起承転結がおかしくべらぼうに話がつまらないのと同時に
50回以上聞いた話を初めての様に話すから不思議だ。

同じ話をする人は
何故、自分が話したことがあると分からないのだろうか?

そうなのだ

脳が使われていないのだ。

従って・・・

「この前〇〇商店が潰れた話をしたじゃん?それで・・・」

「え?潰れたの?」

興味ない事は全く覚えていないのである。

スポンサーリンク

母 電話を始める

「長いぞ!この野郎!女はくだらない話を何度もする!」

と言いながら・・・

自分の長電話はOKという理不尽

アクティブなだけに、自粛関係なしに外出しまくる。
「自分は感染しない」という根拠のない自信があるのが理解できない。

「部屋が暑い」

壁に穴を開ける!

思った事はすぐに行動しないといられない
説明書を読む事も出来ない
トランプもやり方を聞く前にまずやってみようタイプ
計画性ゼロ。
完全に落ち着きが無いのだ。

そのくせ、家族で外食をする事になれば
1時間も2時間もウロウロして決められないのである。
あれだけアクティブでありながら優柔不断とか気持ち悪すぎる。

新型コロナ外出自粛のストレスより
アスペルガーとの生活の方が遥かに苦しい。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 飼い竜 より:

    結局アスペルガーって自分が中心で動かしているんだと思ってるのかな〜(ゲームの主人公みたいに)
    アスペ→自分が主役

    迷惑だな