怒りっぽい【頑固】短気の父親がいる家庭は最悪【アスペルガー】

人間の中には”短気な人間”が存在し、
多くの場合は年と共に丸くなるものが
→逆に頑固短気が増幅する場合がある。

我が家の父親はその典型的なタイプで
周りから見れば老害そのものである。

例えば、レストランで気に食わない事があれば声を荒げて怒り、
喫茶店やその他のレジなど、少しでも気に食わない事があれば説教してしまうタイプである。
多くの人間は嫌な事があってもスルーするスキルを身に着けているが、
あえてその場を混乱させるめんどくさいタイプなのである。

事件簿例

歩きスマホを発見
ワザとぶつかって驚かせる

喫茶店のバイトが髪を弄っていた
説教

吉野家の店員が無愛想だった
本社に電話
「次回行ってまたそいつが居たら容赦しないぞ!」と苦情

こちらからケンカを売るような行為は時代遅れだ。
周りに敵が増えるだけである。

スポンサーリンク

自宅では自分が王様
家族の気持ちは理解できない

これが自宅になると、
慣れた家族に対し更に態度がデカくなる。

自分を注意してくれる人間が存在しないと
どんどん常識からかけ離れてしまうのだ。

・毎日何かしら怒っている!
・少しも我慢ができない!
・すぐに悪口を言う!

家族は、まず今日の顔色を伺い
「今は怒ってる?」「今朝は気分は良さそう」など
ビクビクしながら気を使うのである。

話が下手

異様に話が下手で、
説教中の話が非常につまらなくて退屈だ。

主語が無く、言葉を並べる事が下手で
起承転結もなく同じ話ばかりするのである。

相手に対し怒るにせよ、話し方というものがなく

会うや否や、「ズババババババババババ!」

っと文句をマシンガンのようにぶっ放すのである。

私「おはようござい・・・」

父「おいテメー昨日は~~〇▽X◆*+;*@LH
〇▽X◆*+;*@LH{<〇▽X◆*+;*@LH{<
〇▽X◆*+;*@LH{<〇▽X◆*+;*@LH{<
〇▽X◆*+;*@LH{<〇▽X◆*+;*@LH{<
〇▽X◆*+;*@LH{<〇▽X◆*+;*@LH{<
(20分)
この野郎!!!」

まさにアスペルガーで、相手を気遣えず
自分の常識を押し付けて一方的に怒るのである。

しかもこのような激しい説教は1回で済まず、
30分後に再度始まったりとネチッコイのである。

母がストレスでおかしくなりそうだ

この理不尽さは半端なく、
例えば、母の作る料理のオカズが多いだけでキレるのである。

沸点が低すぎであり、更には
カットリンゴだけでも激昂するのである。

一般的なカットしたリンゴは大きすぎる!
とブチキレるのである。
(リンゴをグサグサ突き刺す行動をとる)

散々毎日食べていたにも関わらず、
突如としてキレるのである。

まずは優しく言えばいいものを、
これでは常に家族にストレスを与えている状況だ。

それでいて
自分が絶対正しい
自分以外はみんな鈍い頭が悪い
と思い込んでいる為、周りの話は一切聞かないのである。
これでは、父からの言葉を一方的に聞くだけで会話になっていないのである。

悪口が大好き

悪口を言うタイプは友達が少ない。

母が留守時には母の悪口を言う
私が留守時には私の悪口を言う
このようなパターンが毎日である。

従って、「今頃俺の悪口を言っている頃だろう」
居間に覗きに行くと、案の定文句を垂れているのである。

最低な人間だ。

新型コロナウイルスのご時世、
”自粛中にDVが増える離婚が増える”などの話があるが
確かに、このようなパワハラを続けられては
ストレスでおかしくなってしまうのも無理はない。

年齢と共に加速する頑固化現象
我が家ではとても深刻である。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする