【老害】常に激怒している老人多い説 毎日怒っている父親が嫌い

なぜ常に怒っているのか?
なぜケンカっ早いのか?
脳がおかしくなっているのか?

昭和初期には道端でのケンカは日常茶飯事だった。
至る所で殴り合いのケンカが起きていた時代だ。

この”昔の常識”が通用しない時代に、
今もなを、暴力暴言で解決しようとする老人は少なくない。

”平和に解決しよう”という現代的な解決方法を望まず、
なぜか勝ち負けにこだわる時代遅れの人間である。

とにかく叫ぶ 戦う姿勢が気持ち悪い

とにかく、何があろうと自分の非を認めず
声を荒げて威嚇し”相手を謝らせようとする”タイプが存在する。

昨日は、外出中に嫌な光景を見てしまった。
2人のオッサン同士がすれ違いざまにぶつかっただけで
片方が大声を出して「謝れこの野郎!」
「なんか言えこの野郎!」と相手に向かって威嚇していたのである。
片方の常識を持っているオッサンは無視して立ち去ったが
基地外の方はしばらく叫んでいた。

多くの人間であれば、通勤中に
誰かにぶつかったり足を踏まれるなどは当たり前であり、
これらは些細な事として軽く流す事が出来る。
しかしながら、社会不適合者の場合は
このような事態に暴れてしまうのである。

大声で叫ぶことは、周りから見れば
とても恥ずかしい行為であり、
「私は低能です!」と言っているようなものである。

スポンサーリンク

いつも怒っている父親が憎い声

父親が常に怒っていると、生活を共にするのはとても苦痛だ。
特に、老化する程”激怒特化型”に変貌するパターンがあり恐ろしい。
我が家の場合も、常に怒っており昔の父の面影はもうそこにはない。
同じように悩んでいる家庭は多いはずだ。

私は父とはなるべく距離をとってますが、
母を常に怒っているので、それを見てるのも辛いです。
父は乱暴、常に怒っている。
何もかもが嫌い!
とくに父、言葉遣い荒いし
常になにかにキレてるし酒飲んで顔赤いし気持ち悪くなる。

父はずっと常に怒っている。
そんなにおこってもいいことはないのに。
笑っているのは、テレビで面白いときと孫がきたとき。
温和な父が定年後に更年期なのかやたらキレやすくなったが
一向に直らないので、脳の我慢する部分が溶けてしまったのかもしれん。
でも同じような老人が多いと聞く。

注意したくてたまらない老害

脳の回転が鈍った老害

もう手に負えない変態



スポンサーリンク

シェアする

フォローする