ビニール傘に書いてあるAPOって何なのか?答えは・・【EVA】

ビニール傘に書いてあるAPOに気づいたことはあるが
特に”知りたい”とも思わないあの配列・・・
一体何なのだろうか?

まずはグーグルにて検索してみると
Japanese | アジア生産性機構 (APO)と一番上に表示される。

アジア生産性機構は生産性向上を目的とした
アジア太平洋地域の国際機関である。
1961年の政府間協定の締結により設立されて以来、
APOは生産性向上を通してアジア太平洋地域の
持続可能な社会経済の発展に重要な役割を果たしており、
現在21の国・地域が加盟している。

いやいや、絶対に違うだろう。。

スポンサーリンク

みんな気になっていた

実はこの話題、過去には
赤江珠緒のTBSラジオ『たまむすび』や
霜降り明星の『オールナイトニッポン0』でも話題になった事がある。

EVA(エチレンビニールアセテート)

EVAはEthylene-vinyl acetateの略で
燃やしても有毒ガスが発生しないという事を伝えている。
EVAは食品を保存するラップ、ブーツ、ヘルメット、滑り止め、釣り竿等
様々なものに使用されている。エチレン酢酸ビニル

APO 絶滅危惧種

非晶質ポリオレフィン(Amorphous Polyolefin)
一方のAPOは前述のEVAと同じく、
有毒ガスが出ない傘には変わりが無いが、
なんとセブンイレブン限定の傘である。

しかしながら、現在はセブンプレミアムとなり
デザインがリニューアルし”柄にAPO”と書くのは終了してしまった。

またAPOは色によって大きさが判別できるようになっている。

金色 →60センチ
青(水色)→65センチ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする