【暗渠散歩】馬尿川を歩いてみた【新宿区新大久保】秣川 馬屎川

川マニアの子供に付き合う散歩シリーズ

今回は新大久保から高田馬場に流れていた
馬尿川(暗渠)を歩いてみる。

どうやら上流を秣川(まぐさがわ、まつがわ)と呼び、
下流を馬尿川(ばにょうがわ)又は馬屎川(ばしがわ)と呼ばれたらしい?
古地図をみても馬尿川らしきものは出てこず、どうやら存在したのは江戸時代のようです。

とりあえず浅い知識であるが歩いてみよう。。。

スポンサーリンク

キャン★ドゥが目印

とりあえずは馬尿川起点と言われる
新大久保の駐車場からスタートする事にした。

パチンコ屋(グランパ)2つ隣の路地から入る。

振り返るとキャン★ドゥがあるのが目印(大久保2-26)

賑やかな新大久保は、一歩奥に入ると静かな住宅地になる。

隣が新宿駅とは思えない程、静かな町で歩きやすい。

新宿区大久保北公園では、
野良猫が砂遊びをしていたり
主婦が井戸端会議をしていたりと長閑な雰囲気。

S字カーブと緩やかな坂が、いかにも”川だった”雰囲気が残っている。

馬尿川の途中には、早稲田大学理工学部
都立戸山公園が遮っている為、公園を突き抜けて続きを探す。

江戸時代の地図によれば、この辺りから馬尿川が始っている。。。

馬尿川の続きを追うと、
S字カーブが続き、護岸らしき跡が残っている。

かつては生活排水を流していたのだろうか?
馬尿川の名前からして、水は汚かったと想像できる・・・。

急な階段もいくつか存在した。

最後に早稲田通りを横断する。
ホームメイトUQモバイルの間の道を進む。

最後に神田川に突き当たり、
合流部分を見るのが楽しみであったが。。。

・・・・

・・・・

残念ながら、で塞がり

合流を見る事が出来なかった。。(TT)

かなC



スポンサーリンク

シェアする

フォローする