【威張る】自分大好きアスペルガー他人は無関心!振り回される1日【文句ばかり】

アスペルガーには種類や強度があり、
私は全てのアスペルガーを批判する事はしない。

なぜなら空気を読めなかったり、注意力が散漫程度ならば
配偶者の意識により丸く収める事が出来るからである。

ここで取り上げるのは、家族を痛めつける強力なアスペルガーの例である。

アスペルガーは自分が大好き
家族に興味がない

父親は年をとるにつれ、
アスペルガー色が強くなっている。

なんとか一緒に生活していた私も
今や完全にカサンドラ症候群だ。

・自分大好き
・他人の痛みが分からない
・すぐ怒る
・同じ話を何十回と繰り返す
・人の話を聞かない

・自己中
・好き嫌いが多い
・味覚音痴
・感情の起伏が激しい

元から亭主関白短気という性格があったため
近寄りがたい存在であったが、最近ではアスペ色が異様なほど強く出ている。

これがキツイのだ。。

スポンサーリンク

父は人の話を聞かず、
自分の話だけを相手に伝えようとする。
自分の話をする事で気持ち良くなるのだ。

朝一番に、伝えたい事があっても、
すぐに話を切り替えされ、主導権を奪われる。

「それ聞いた事あるよ」なんて言えば逆ギレされる為
何話も知っている話を聞くことになる。

何度も何度もしつこい

最悪なのが不機嫌な場合だ、
不機嫌な場合は、同じ説教を何度もされる。

もちろんこちらに非は無いが、
父の思う常識を押し付けられるのである。

「散歩には日傘を持て!」

自分が持たない日傘を、
なぜか強引に持たせようとしてくる。
日傘なんて好みがあるんだから人それぞれなのに
使わないとブチ切れるのである。

もちろんこれが単発なら良いが、
このような拘りの押しつけは3~5日続く。

何度も何度も同じ説教をされるのだ。

カサンドラは顔を合わせる前に
”何を話してくるか”予想できるようになる。

が腰痛になった。

今まで父の世話をしていた母が動けないのだから大変だ。

しかしながら、このような家族の危機にはあまり関心が無いのがアスペである。
自身が腰痛の時には”この世の終わり”のような辛いアピールをするが、
家族が苦しそうな時は他人事である。

風呂に入れば→母がタオルとパジャマを持って
脱衣所にそっと置くのが亭主関白の生活である。

朝起きれば、特製ドリンクや朝食が用意されている。

色々な事が”王様”のように当たり前になっている現状
サポートする我々が大変になる。

この日の母は、夕飯を作れる状況ではないので
全員の食事を買いに出かけた。

私は家事や子育てをしているために主婦の苦労は知っている。
買い物の面倒さ荷物の重さ案外薬局は金がかかる事も知っている。

アスペルガーは主婦の辛さを理解できない感謝もできない

アスペは好き嫌いが多い
味覚音痴
面倒くさい

毎日、好き嫌いの多いアスペルガーの食事を用意するのは大変だ。

更に、亭主関白アスペの父の場合は、
食事を用意しても感謝が無いのでがっかりする。

この日は、家族全員の好みに合うように
王将崎陽軒吉野家スーパーとハシゴして揃えたが

やはり、労いの言葉が一つもないのである。

他人の苦労は分からないのがアスペルガー

そして、家族が買ってきた弁当を
「美味しい!!」なんて言うことはまず無い

「しょっぱい!」「甘い!」と
否定的な感想しか発しないため

買ってきた側が”ショック”を受けるのである。

それは怒りでもあり脱力でもあり
これが毎回続くのだから精神が削られる事になる。

!夕飯の度に悲しくなる現象!

アスペルガーは、作ったご飯に対しても、
「マズい」「しょっぱい」「うすい」色々と文句を言う。
”失礼な事を言っている”と気づかないのだから恐ろしい。

強力アスペルガーはストレスを溜めずに
その家族がストレスを溜め続ける。

不公平だ・・

拷問だ。。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名さん より:

    アスペルガーは人の気持ちも知らないから、『言い過ぎたな、さっきはごめん』や『悪いこと言っちゃった…後で謝ろう』な気持ちが全くない!
    アスペルガーなんか大嫌いだぁー!!