むさしの森珈琲が混んでいたので【がってん寿司蕨店】に入ったら大正解だった

蕨駅西口側には、埼玉県道110号川口蕨線が通り
藍屋むさしの森珈琲がってん寿司星乃珈琲と飲食店が並ぶ。

中でも、中途半端な時間帯でも人気なのがむさしの森珈琲である。
多くの方がフワフワのパンケーキに魅了されているようだ。
この日は土曜日の14:00頃であったが超満員で入ることが出来なかった。

むさしの森珈琲を食べる予定だった我々は
散歩の序盤から予定が狂う事になる。

スポンサーリンク

ピンチはチャンス♪

しかしながら、このような時は”他店に入るチャンス”であり
私はこのようなタイミング(出会い)を大切にしている。

むさしの森珈琲から少し先には、
あの美味しい”がってん寿司”が見えた。

こちらはガラガラであったため
優雅に食べれると即入店した♪

これはいいぞ!

店内は、お客さんが5組程度と、
ガラガラ大好きな私としては理想的である。

板前さんが貸切り状態なのは有難い♪♪

店に入ると、優しい店員さんが
カウンター席テーブル席を自由に選択させてくれた。

カウンターは椅子を減らしソーシャルディスタンスを保っており
板前さんはマスクをしていたりと、コロナ対策について気を配っている事が伝わる。

目立つ場所には、
その日のオススメが掲載されており
夏の味覚を味わう!”と題して、
活〆しまあじ活だこ煮あわび肝のせ等のメニューが並んでいた。

有難いタッチパネル式

近年あたりまえになりつつあるタッチパネル式は
口頭で注文する手間が無く、コロナのご時世にもピッタリだ。

タッチパネルはよくできていて、
ワサビの有無だけでなく、シャリの量少なめが選択できるようになっている。

活〆しまあじ400円

非常にさっぱりとした味わいで臭みがない♪
鮮度の良さが伝わる。

みなみ鮪6貫セット1380円

メニューの中でも、一際目立っていたのが
みなみ鮪6貫セットである。

どう考えても美味いのが見た目で分かる。
ネギトロも、よくあるサラダ油を混ぜている物ではなく
本当に身だけを使ったものだけに美味さが違うのである。

一番左の手巻きも、中トロを使用しており
兎に角、手抜きや誤魔化しをしていないのが
がってん寿司の良い所である。

炙り鮪→赤身→中トロ→大トロ
何を食べても100点。。。

これだけを食べ続けたいほどである。

いくら軍艦300円

サバ180円

炙り三昧420円

炙り三昧はお値打ちだろう。

全て塩味で調節されており醤油をつける必要が無い。

・まぐろネギ塩炙り
・炙りえんがわ
・炙りサーモン揚げネギ添え
その場で炙る出来立ては良い香りが漂う。

とろたく240円

あっという間に諭吉を越えるので要注意

美味しい寿司は、どんどん喉元を通り
いくらでも食べられる。

腹7分目頃にチラッと途中経過を見ると・・・

!!!

Oh・・・・

危ない危ない。

がってん寿司は美味すぎるので
簡単に1万円を超えてしまうので注意が必要だ♪

そして、忘れてはならないのが板前さんとホールさんだ。
空いている時間帯であっても”元気よく”対応してくれたスタッフ効果により
我々の食事は、より楽しい時間に格上げしてくれたのである。

がってん寿司蕨店に来てよかった♪

アクセス

がってん寿司蕨店
住所: 埼玉県蕨市南町1-10-3
電話: 048-447-8899
営業時間:
【月~木・日・祝日】 11:30~21:30(ラストオーダー21:00)
【金・土・祝前日】 11:30~22:00(ラストオーダー21:30)



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名さん より:

    腹がちぎれるほどがってんくいてぇ

  2. 匿名さん より:

    がってんは神