【俺だけ単発になるのは当然】確変が引けない腹立つ台パンする方はこちら

パチンコはやめよう!引退者からのアドバイス!

俺だけ単発!ずるい!
何回当たっても単発!
ズルい不公平!詐欺だ!

あなただけ単発を引く理由が明らかに

ただでさえ大当たりを引く事さえ困難なのに、
折角引いた当たりが単発、そして再度すぐに当選する奇跡を起こしても単発・・・
という不運に見舞われた事はないだろうか ?

更に、確変を引いた場合でも、通常又はSTで即落ちという、
いわゆる「勝つビジョンが見えない」状態になる時期が必ず訪れるのがパチンコである。

とある日の例
北斗無双(奇跡の500円で当たるも単)

北斗無双(125回転でSTを引くもスルー)

仕事人(334回転で単発)

仕事人(191回転で単発)

大当たり4回引いてるのに負け
早く引いても負けやすいのがパチンコ

特に最近の台は、単発の場合は3~4Rなどの出玉が少ないために
(再度確変に挑むための)持ち球遊戯が出来ない不利もある。

理不尽なギャンブル

そもそもパチンコは、打ち手にとって
どのギャンブルよりも不利な戦いを強いられるように出来ている。

パチンコはギャンブルの中で最低最悪

まずは大当たり確率からみてみよう。
大当たり確率は一見、1/319と思われるかもしれないが
実際に出玉を得ようとしたら”通常はカス当たり”であり
確変時の転落率を考慮すると、当たりのほぼ半分が単発になる遊戯である。

1Kで20回転回すのがまず無理な状況において
1/638を引かなければならないのだから、厳しい事が分かる。

もちろん、プロの人間は、
”回転数の高い台を打ち続ける事”で期待値を積み重ねるが
「楽しみたい」ユーザーは勝てる台よりも楽しそうな台を打ちたい気持ちが優先される。

スポンサーリンク

パチンコが不利な理由

競馬、競輪、オート、競艇などは、
テラ銭が取られるものの、勝負に関しては平等だ。
(落車転覆等のアクシデントがあっても)必ず当選者が発生するように出来ている。
(納得できる負けが多い)

しかしながらパチンコは、引けなければ投資分だけ無駄になり
1Kで20回転の台と、1Kで15回転の台では
1000円単位で大差が出てしまう理不尽な戦いである。

運勝負さえさせてもらえない理不尽

当たりが欲しい
何か当たりたい

一度ホールに入ってしまえば、
その場の雰囲気に飲まれ、当たりが欲しいばかりに
回らない台を打ってしまう事も多い。

事実都内では、500円で0~5回転しか回らない台が多く
地方と比較すればライバルは多くプロとして生きるのは厳しい。

理不尽な戦いは怒りを生む

パチンコを打ち続けると脳に悪影響を及ぼす事が分かっている。

・怒りっぽくなる
・無気力になる(仕事をする気にならない)
・努力をしなくなる(他力本願)
・お金持ちを妬むようになる

などのダメ人間を生むシステムだ。

周りを見ればわかるが、
当たらない焦りから、周りをキョロキョロする人間や
シマを回っているふりをしながら背後霊の様に確変の一部始終を確かめる人間。
当たらず台パンをする人間、当たらず店員を説教する人間・・・・。

打たない人から見れば”奇行”にしか見えないだろう。

怒って結構
腹が立って当たり前

パチンコで腹が立つのは、私は当たり前だと思っている。

なぜなら、回らない台が多く、
客が有利な台(釘が折れている、ブドウ等)は遊戯中止
更にはパンクの補償無しなど、
お店が有利なルールに苛立って当然なのだ。

しかもパチンコ遊戯の9割以上が”通常時”であり
常に苦痛を受けているのがユーザーである。

糞演出で怒り イライラ

特に最近の過剰な演出は
ユーザーを逆撫でする演出ばかりだと思わないだろうか?

通常時はイライラ演出の宝庫
保留変化の煽り(変化しない)
保留通過(緑や赤の通過)
保留にヒビや煙などが発生し変化なし
暗転して何もなく戻る
疑似煽り失敗
明らかに外れる糞リーチ
青保留
点滅保留は空気
外れからの外れリーチガセ
覚醒などのモード煽り失敗

イライラポイントを挙げればきりが無いが、
パチンコ台は、ほぼ毎ゲーム当たらないストレス演出で苦しめてくるのだ。

この結果、当たらない怒りはより増幅され
台パンに現れるのである。

性格による向き不向き

パチンコは、性格によっては向いていない場合がある。

私の場合は長い間ハマっていたにもかかわらず
向いていない事は重々分かっていた。

・早く当たりが欲しい
・当たるまで長くてイライラする
・勝負が長くなるので時間が勿体ない
・長時間で疲れる(仕事に影響する)

などの要素があれば、引退出来る可能性が高い。

しかしながら、常に冷静なタイプは
ドップリハマってしまう可能性がある。

・いくらハマっても当たるまで待てる
・性格が安定している(怒らないタイプ)
・同じ作業を繰り返すのが得意(流れ作業や、受付等)

以上のようなタイプは、
お金があればいつまでも平然と打ち続けてしまうパチンコ向きな性格だろう。

イライラ派は他のギャンブルへ

イライラするタイプはパチンコに向いていないばかりか
他のギャンブルの方が確実に負けが少なくて済むはずだ。

もちろん当たっている間は”非常に楽しい”のは分かっているが
それを得るまでの労力を考えたら割に合わないのである。

よくある例
月曜日単発しか引けなかった-43K
火曜日何も当たらなかった-66K
水曜日確変が続かない-27K
木曜日万発出て楽しかった+35K
金曜日何も当たらなかった-76K
土曜日単発とスルー-33K
日曜日当たりが欲しくて1パチで負けた-14K

負けに対して幸せTIMEが余りにも少ない!
しかもたくさんの時間を消費している。

公営競技でイライラを払拭

パチンコは、一度ホールに足を踏み入れれば1000円札がプレイチケット化され、
その価値は低くなり→投資を繰り返してしまう恐ろしさがある。

千円で当たる事は稀にあるが、1/319ミドルに挑む場合には、
分母を越える可能性が37%もあるのがパチンコである。
しかもその約半分が通常なのだから、客は不利どころではないのだ。

なかなか当たらないパチンコ液晶を睨み1日過ごすならば
公営競技に賭けて”仕事”や”他の遊び”をしていた方が、とても有意義だと思わないだろうか?

イライラしないギャンブルは楽しい

パチンコでは1万円が消える確率が高いが
公営競技ならば時間が有効に使え、当たる可能性が十分にある。

パチンコは長い間使って”何回もハズレを見させられる”ために、
受けるストレスは他のギャンブルよりも何倍も大きい。

長時間かけたストレスは脳が破壊される

一方で、勝負が短いギャンブルは
負けても切り替えやすいので、仕事や生活に影響が出にくいのである。

これはオートレースの当選例であるが
パチンコの様に長い時間戦うことは無い。
賭けたら放置すれば良いのである。

外れたら無視し、当たった時だけ何回もリプレイを見て脳汁を出せばいい。
勝負は短くてつまらない意見があるかもしれないが、
実際当たると短くても十二分に楽しい事がわかる。
パチンコでクルーンや、天下一閃が好きな方であれば完全に公営競技の方が向いている。

通常時がバカらしく、当たるまでイライラしてしまう方はパチンコに向いていない。
パチンコを完全に引退した私が思うのだから間違いない。

パチンコがムカつく!やめたい!
イライラする台を殴りたい!ドアを殴りたい!
トイレにイタズラしたい!方は迷わず公営に切り替えるべきだ。

公営競技に移行すれば、
パチンコによっておかしくなった性格は段々と回復し
以前のような温厚なあなたに戻るはずだ。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。