「抗菌」て何なの?消毒 殺菌 滅菌 除菌 滅菌何が違うんだよ!

商品に書かれている「抗菌」の文字、
その効果に疑問を持った事はないだろうか?

我が家のトイレスリッパには「抗菌」の2文字が書かれているが、
300円のスリッパの中に”菌をやっつける何かが埋め込まれ
常に菌を撃退している”とは到底思えないのだ。

怪しい!!

実に怪しい!!

スポンサーリンク

抗菌とは?

長年、菌を消し続ける・・・
アルコールだって吹きかけても効力には限度があるのだから
何もしていない「抗菌」の方が優れている筈がない。

実は「抗菌」とは、菌を殺すのではなく
菌の住みにくい環境を作っている意味なのだ。

これは言葉巧みなトラップである。

!菌が増えにくいだけ!菌は殺さない!

最近では、コロナ対策として”ドアノブ”や”トイレの扉”などに
抗菌シートなるものが貼付してある場合があるが、
あくまで住みにくい環境であるだけで、
菌が存在しない訳ではないので注意したい。

抗菌は雑貨でも使える規定が甘い表示方法

小松黄緑さん
抗菌は静菌なんて言う場合もあるようだ
かほりさん
これはもう雑貨を売る為の手段だろw
デラロサ
パチンコ屋のトイレの個室
のドアに貼られていたけど
コロナ消えるとは限らない
あたかも消えるように書いちゃダメだろ

殺菌とは?

「殺菌」は一番強そうな言葉で、
商品を売り出す際に一番使いたい言葉であるが
医薬品&医薬部外品にしか使えない言葉のため、
主に市販薬に使われている。

菌をすべて殺すと思われるが
あくまで特定の菌を殺す意味であり殺菌でも万能ではない。

殺菌と書かれていても100%ではない

イソップ死亡さん
凄く強そう
これだけでいいのにね。
小町さん
ややこしくして客を惑わすのはやめてもらいたい。
コーヒーだって0カロリーも嘘だし
(100mlあたり5Kcal以下ならば0Kcal表記OK)
なんかムカつくよね。

除菌とは?

「除菌」と言えば、コロナ全盛期には
除菌スプレー除菌ウエットティッシュ
書かれている商品が目立つようになった。

しかしながら、殺菌と書いていないので
”信じられない”方も多いはずだ。

しかも除菌スプレーの場合は
アルコール分が少ない場合もあり不安になる場合もある。

除菌は殺菌する事もできるが、
医薬品&医薬部外品にしか殺菌という単語が使えないので
自然と、洗剤などの台所関係には”除菌”が使われる。

効果はあるがルール上殺菌という表現は使えない

みーさん
99%除菌!って表現増えたよね
コロナからさ
茶柱達子さん
そうそう、少しイラっとするけど買ってる。

消毒とは?

エタノールには殺菌ではなく、
「消毒」という言葉が書かれている。

アルコールで消毒した時点で妙な安心感があるが、実は完璧ではない。
あくまで”菌の活動を弱める”事であるゆえに、
コロナ対策も、まずは手洗いで多くの菌を落とし、
→最後に仕上げとしてアルコール消毒をする流れが基本とされている。

マモーさん
やっぱりエタノール消毒が最強説だな。
さおりさん
祖父が30本買ってきた。
エタノール買う事に命かけてる。
コロナでだけは死にたくないって。

滅菌とは?

「滅菌」・・・・・。

思い出してみても、書かれている商品は思い浮かばない。

それもそのはず、滅菌はありとあらゆる菌を消し去る事であり
普通に生きている環境では使うことは無い。

滅菌を行う場所は、手術器具や注射など
医療関係において必要とされる。

結論:とにかくややこしい

抗菌 消毒 殺菌 滅菌 除菌 滅菌
とにかくややこしいが、おおよその違いが分かっただろうか?

抗菌→増殖を防ぐだけ(菌は存在)
消毒除菌殺菌十分効果的

抗菌だけではほとんど意味は無いが、
消毒や除菌、殺菌の言葉は信用しても良さそうだ。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする