パチンコはギャンブルで一番負ける→競輪にしたらまさかの収支が〇〇だった。

パチンコほど理不尽を感じるギャンブルは無いだろう。

ボーダーを回らないだけで既に”負け確定”であるが、
それ以上に”怪しいハマり”や”負のオーラをまとった人間の巣窟ホール”
”勝つときはショボ勝ちで負けるときは大敗”
勝つビジョンが見えないのは断然にパチスロやパチンコである。

期待値4000発では足りない

2019年~規制が続き、
65%継続こそ撤廃されたものの、
確変時の期待出玉が4000発という
恐ろしいほど、全体的なスペックダウンしているのが現代である。

例えば、ミドルであれば1/319を引いたにも関わらず
50%を引けなければ、アマデジの出玉で終了するのである。
初当たりまでは遠いのに、半分が単発では我々は勝てることができない。

引きが弱い人間ならば、
1つのマシンに何万~何十万と投資しているにもかかわらず
一度も連チャンしたことが無いという、相性の悪いマシンがあるはずだ。

例 CRぱちんこ仮面ライダーフルスロットル闇のバトルver.
・通常
・通常
・右で1回4ラウンド引いて転落
例 リング呪いの7日間2
・ヘソ潜伏を引くもスルー、右打ちできず。
例 Pリングバースデイ
・ヘソ当たるも突破できず
例 P花の慶次 蓮
・通常から引き戻すもスルー
例 CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃
・通常
・通常
・確変→転落
・確変→転落

これはとある不幸者の一週間である。
一体いくらドブに捨てたのだろうか・・

毎日打てば確率というものは平均化されるが
試行回数が少ないヒキ弱パチンカーの場合は
このような、殆ど出玉の取れない仕打ちを受ける事になる。

しかもパチンコには一発逆転が無い。
逆転するためには幸運を連打し続けるしかないのである。
出るとしても多くの時間を要する。

当たっても出玉が確約されない
常に転落と隣り合わせの戦い。

スポンサーリンク

パチンコを止めたいがやめられない理由

パチンコを止めたいけどやめれない人は存在する。

かつて散々ハマった私は、
今は何の未練もないばかりか魅力を感じないのである。

引退できる時は突然やってくるもので
我慢などしなくても「フッ・・・」と
遊びの選択肢から外れてしまうのだ。

新台の情報が出ようとも、中毒者に誘われようとも
今は全く心が動かないのである。

パチンコはとてもつまらない!

パチンコの魅力の無さは異常

パチンコの魅力の無さは、
勝てないからが一番だろう。

・勝てない
・運要素が強い(適当に座った場合)
・負けても出ても時間がかかる
・マシンから得るものが無い(演出を見るだけ)
・通常時が長すぎてイライラする

私は、パチンコの通常時が非常に苦手で
通常を楽しめることなどできないタイプである。

これが、「ハマっている時も楽しい」「演出を見るのが好きだ」ならば
依存症から抜けだせないが、単純に通常時が嫌い”&”勝ちたい
と思っているのならば、あなたはパチンコに100%向いていない。

もっと視野を広げるべきだろう。

勝負は早い方が良い

実はギャンブルは、
勝負が早いほど精神を削られない(脳が破壊されない)

パチンコの場合は長時間ハマり続ける事から
今までの苦労を取り戻す意識が芽生え、
引き返せない状態に陥るのである。

「何か当てたい!」「アマでもいいから当てたい!」
このような状況になった経験は誰しもあるだろう。
これは”納得できない”状況を作り出すパチンコの狙い通りである。

自分に合うギャンブル探し

ギャンブルなんかやらないのが理想だが
そう簡単にやめられないのが人間だ。

お金が安定して減り続けるパチンコを止めるには
他のギャンブルを見る事はであなたの人生を変えてくれるかもしれない。

例えば、
・朝から5マンストレート負け
・初当たりまで7万円使った
・今月30万負けた
・ライダーに20万使って当たりゼロ

などの悲しい報告はよく聞く。
パチンコの負け額が大きすぎるのだ。

連敗してしまえば、サラリーマンの
1ヶ月分の小遣いが無くなるのがパチンコである。
勝ち負けの繰り返しならば遊べるが、
引き分けどころか、連敗が続くのが今のパチンコである。

昭和時代は一度の出玉期待値が高かったから良かったものの
現代は、当たっても取り戻す事が困難になった。
引きが弱いのではなく、元から出ない設定になっているのである。

1万発出すハードルが上がっている時代だ。
恐ろしい!非常に恐ろしい!
「パチンコで出そう!」という意識は既に間違えているのだ!

目を覚ませ!
絶対に出ない!

他のギャンブルとの相性

ギャンブルは、パチンコパチスロ以外に
オート競馬競艇競輪があるが
私が一番相性が良いのは競輪であった。


テラ銭を取られるので、ユーザーは当然負ける事になるが
競輪だけで10万円しか負けていないのは安い。。。
1日に何万も負けるパチンコと比較すればである。

こんなに賭けても、1回当たれば復活するため
1日かかりで勝負するパチンコなんか二度とやる気が起こらなくなる。

計算不要で相性選択

現代は投票サイトに入っていれば、
総合収支や回収率等を自動的に算出してくれるため
自分に合うギャンブルを見つける事が可能だ。

私は競輪の相性は良いが、反対に
オートや競馬は60%程度の回収率であり
このようなデータが揃うと「負けるから賭けたくない」気持ちが出てくる。

!負けにくい種目を探すのはとても大切!

特にオートレースは、試走というバイクの調子が重要となるゆえに
前日から簡単に予想ができないため、メインにするのは難しいだろう。
それでなくともテラ銭が30%と飛びぬけているオートは
できるだけ「見」に徹するのが、自身が負けにくい立ち回りである。

パチンコであれば、1000円は殆ど当たらないプレイチケットだが
競輪ならば、夢のある倍率に100円単位で使えばプチ夢が見られるのである。

必ず訪れる坊主の日

当然、パチンコと同様に
「何も当たらない日」が訪れるが
公営競技は他人の出玉で煽られることが無い。

自分の投資限度額を守り、
「今日は当たらないけど焦って投資はしない」スタンスで挑めば
破産する事は絶対に無いのだ。

私の場合は1レース2点縛りで楽しむ事が多い。
多くをかけても的中は1通り。
大負けのリスクを回避するのが優先!

「毎日当てよう」とか
「毎日万車を当てなければ気が済まない」
などの欲を出すほど負けに傾き、
パチンコのような「取り戻す」焦りが生まれてしまう。

負けを受け入れると→貯金が出来るようになる

あくまで自分の投資の限度額を守り
毎日当てる意識を消し、「いつかは大きく当たる楽しみ」もって
”待ち”の姿勢を忘れない事が大切だ。

!取り戻すモードに入らないように要注意!



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。