【新井川】を全部歩いてみた【帷子川分水路トンネル】

神奈川県横浜市保土ヶ谷区から旭区に流れる新井川を歩いてみた。

新井川は最終的に帷子川(かたびらがわ)に合流するが、
今回は、この合流地点から上流端に向けて遡上したい。

最寄駅は西谷駅で、まずは帷子川に出て
上流に向かうとすぐに合流地点が見つかる。

スポンサーリンク

中田橋付近
新井川+帷子川合流地点

中田橋付近は、デニーズ、オランダ坂珈琲亭、
回転寿司ぐるめ亭と飲食店が密集している。

帷子川から新井川を覗いてみる。

上流端を目指す

河口付近の川幅は狭いながらも、非常に深い。

すぐにでも川沿いを歩きたいが、
いきなり通行禁止になっており遠回りを強いられる。

帷子川分水路

回り道をすると帷子川分水路新井川交差する場所が見えた。

面白いのが合流しているのではなく
(接触することなく)交差している点である。

なかなか面白い。

愛宕人道橋
(あたごじんどうきょう)

新井川は2キロ程度であるが、終始上り坂で、
峠の様にクネクネと曲がって伸びている。
これがまた面白い。

ジョロウグモ
(女郎蜘蛛)

散歩を続けていると、夏~秋にかけて
↓の画像に写っているが目立つようになる。

毒を持っているそうであるが、人間が噛まれても被害はないそうだ。

変化する川の様子

新井川を追いかけていると、
次々に姿を変えるため全く飽きない。

細くなったり太くなったり、
に変化したりと目が離せない!

白根橋を越え、上る程に橋は小さくなる。
自宅専用の橋が可愛い。

神奈中 愛宕バス停

旭区白根2丁目

水旭橋(すいきょくはし)の上に
神奈中愛宕バス停が存在する。

転落ゾーン

更に進むと緑が増え、危険な駐車場が現れる。
縁石を越えてしまうと新井川転落してしまう恐れがある。

凄い橋だ・・・

名前のわからない水路からの合流もカッコイイ!

中古車店ではなんと縁石無しの駐車場!
すごい!

白新上橋(はくしんうえはし)

白新上橋では、増水した分を逃がす分水路が設けられていた。
一体この水が何処に繋がっているのか?は不明。

保土ヶ谷区の住宅街に入ると、
雨水調節池が2つ程存在した。

FUJIスーパー横浜ラーメン弐七家 白根本店
と並ぶメイン通りから一本裏道に新井川が通っている。

横丁に入っては覗く形で新井川を追いかける。

この辺りの新井川はストレートに伸びてはいるものの
姿を変えているために、これもまた飽きずにシャッターポイントがたくさん存在する。

千丸台団地付近は、シブい街並みが広がり
昭和時代に栄えていたことがわかる。

川ではなく新井町周辺を探索するだけでも楽しめそうだ。

新井川のすぐ近くには龍泉寺の湯がある。
帰りに寄り→送迎バスで鶴ヶ峰駅に送迎してもらうのが理想的だ。

龍泉寺の湯を越えたところで、新井川の看板が現れる。

上流端到着

旭区中白根4丁目4の地点で上流端を拝む事が出来るが、
覗きこむ位置から見る事が出来ないのでスッキリしない。

上流端から更に上流に目を向けると
明らかに川の後が残っている。

この暗渠を少し辿ってみよう!

200メートルほど歩くと、
トラックが見え工事現場らしき場所に辿り着くのでここで終了だ。

しかしながら目の前には、
水漏れのような箇所があり

近づいてみると・・

チョロチョロと

水があふれていた。

上流端に近い部分においても、
2.3箇所水が漏れている箇所があり

この付近はあちこちで水が漏れている(湧き出ている?)ようだ。

距離的には2キロと短かったが
上り坂であったため、歩き応えがあった。

帰りはそのまま引き返し
龍泉寺の湯を堪能した。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする