【伝説】東武ラーメンは客が途絶えない人気店だった【コロッケラーメン】

春日部駅のホームに君臨する
東武ラーメンが前から気になっていた。

前回見た際は列が続いていたが、
今回は列が見えないので挑戦してみる事にした。

スポンサーリンク

東武ラーメンは食券制

野田線ホームに近づくと、食券機が見える。

下調べでは、食券購入おばちゃんに渡すというシステムと予習してきた。

店は、ソーシャルディスタンスを考え、
透明カーテンで仕切られているが、どうやら食券を渡す場所は3ヶ所あるようだ。

おばちゃんの仕事量が多すぎる説

その3ヶ所を気にしながら、おばちゃんは軽快に仕事をこなす。
調理係のオジサンは、スープと麺の担当であるが
おばちゃんは客捌き盛り付けで仕事量が多い。

クチコミでは「醤油なのに塩が出てきた」など
オーダーミスの声が目立つが、これは仕方がないと思えるくらい仕事が多い。

お客が途切れることなく訪れ
それぞれ完璧に対応するのは無理に等しいだろう。

待ち時間は5分程か

食券を手渡すと代わりに番号札が与えられ
目の前の調理を見ながら待つことになる。

カウンターには、1人のスペースを確保する為に
丸いシールが貼られ(画像参照↑)、席を詰めないように工夫されている。

チャーシューメン700円
+しらがネギ100円

ノーマルラーメンは500円と安価なものの
今回はチャーシューしらがねぎを乗せてみた。

メニューには、天ぷらコロッケがトッピングに存在するが
今回はスープを味わうために控えた。

鳥ガラの昔ながらの脂が少ないスープ。
予想よりも優しい味わいで昭和世代には堪らなく美味い。
食べた後も、喉が渇かないのも好印象だ。

麺は昔ながらの細くて柔らかい麺であるが
このスープには相性が良く胃にも優しい。

チャーシューは十分に柔らかく調理され
しらがネギは非常に細く切られているのがこれまた食べやすい。
(角切りチャーシューが2.3個入っている)

駅ホーム上のラーメン屋だけにそこまで期待していなかったが
オランダ軒や青島食堂が混んでいて面倒な場合には代用できるラーメンでもある。

ホームにありながらも500円(ラーメン)で
提供しているのは凄いの一言だ。

アクセス

東武ラーメン
所在地:〒344-0061 埼玉県春日部市粕壁
1丁目10-1東武鉄道 春日部駅 野田線ホーム
営業時間:7:45~21:00



スポンサーリンク

シェアする

フォローする