アミノ酸のダイエット効果とカロリミットとの違い

このページは終了致しました。
こちらよりお戻りください。

アミノ酸のダイエット効果とカロリミットとの違いは?
アミノ酸サプリについて質問させていただきます。「メタバリア」や「カロリミット」など
食前に飲んで脂肪になるのを防ぐサプリとアミノ酸サプリメントは近いものと考えてよろしいでしょうか?また、アミノ酸サプリは筋肉痛防止のために、
筋トレ後に飲んでも効果はありますでしょうか?カロリミットとアミノ酸は別物であり、期待する効果も変わってきます。カロリミット系とは?

<中身は?>
デキストリンやキトサンという、いわゆる繊維が含有しています。
吸収を穏やかにするという事がメインになります。
(ほとんど繊維のというイメージで構いません)「食べたカロリーが無かった事になる」と思っている方が多いですが、無かった事になるカロリーは一部という事です。
(たくさん食べたら意味が無い)また、例え多くの栄養素が無かった事に出来るとしても、
大切な栄養を捨てるという事は健康に問題が出てきます。
(骨の入れ替え、細胞入れ替えのサイクルなどがスムーズにいかない)<理想の使い方>
食事を抑えるダイエットが出来ている場合にはカロリミット系は必要ありませんが、
たまの暴食や宴会のお誘い時などに使うのが賢い使い方です。<注意点>
反対に一番いけないのが、
カロリーミットに頼りすぎて、飲む事で安心してしまう事です。次はアミノ酸の解説です。アミノ酸サプリメントについてアミノ系サプリは種類がたくさんあります。アミノ酸バリン、ロイシン、イソロイシンという優れたアミノ酸が含まれています。
これらは筋肉内でエネルギーを作り出すため、普段より動けます。この効果を狙い、
スポーツ選手が筋トレで追い込む際にも使えるので、
利用していない人はいないくらい(スポーツ界では)有名な素材です。そして、損傷した筋肉を修復するはたらきもあります。(アミノ酸は筋肉の栄養です)また、集中力UPや持続力UPにも使え、その効果を利用している受験生もいます。これらがアミノ酸の効果と言われているものですが、各社は、このアミノ酸にプラス要素として、
食物繊維やビタミンなど配合して、さらにダイエットに役立つように改良しています。筋肉痛について筋肉痛というと悪いイメージがある方も多いですが
悪い事ではありません。(肉離れなどの怪我は別)筋肉を刺激できている証拠ですから悪いイメージを持たない事です。
※筋肉破壊→超回復というサイクルで筋繊維が成長します。同じ筋トレを続けていると筋トレが起こらなくなります。
(ダイエットに関しては筋肉痛まで追い込む必要はありません)
より刺激を与える(筋肉痛になる)ために、違う種目を取り入れて
変化を与える事も必要です。



シェアする

フォローする