【自己中心】1つの事に拘る 家族を巻き添えにするアスペルガー【自分勝手】

この世に発達障害の人間は多数存在するが、
中でもアスペルガーとの対応に頭を悩ませている方は多いだろう。

ただ、同じアスペルガーでも
空気が読めない忘れ物をする話を聞いていないなどの
相手を攻撃しない”ボケ”タイプの場合は我々はスルーする事で何とかなる。

問題なのは、「すぐキレる」「思い通りにならないと怒る」
「家族を振り回す」「命令する」などの攻撃型の場合は
多くのストレスを受けてしまうのだ。

1日単位では我慢できるが、
それが家族であれば365日繰り返される事になる。

「あぁ、またかよ」「そんなすぐ怒るなよ」
「またその話」など、段々とノイローゼになってくるのである。

近所のピアノの音と同様に、
毎日続けられる事で我々が病んでしまうのである。

スポンサーリンク

日曜日の話
アスペルガーと過ごす休日

とある日曜日の話をしよう。

普段は平日の疲れを癒すための休日であるが
強力なアスペルガーが家族に居るだけで残念な1日になってしまう例である。

この日は電気部品の交換があるという事で
近所が停電する予定である。
(15:00~16:00)

もちろん、停電予告はポストに入っている。
予定表を見れば、上記の様に”たった一時間”と理解できる。
当然、私生活には何ら問題はなく協力できるのが普通だ。
停電の間に、寝てても出掛けるのも各自の自由である。

大袈裟に考える
1つの事で頭がいっぱい

既に仕事を引退し、
家にいるだけになったアスペルガー父は
「何かやる事は無いか?」と日頃から探している。

落ち着きが無い

落ち着きがなく、映画やクイズ番組など
テレビに集中する事が出来ないタイプだ。
こんな性格なので会話さえも成立しない。

話しを押し付けるのに家族の話を聞かない!
アスペルガーの典型である。

今回は”停電”というイベントを見つけたので
その日は、”停電ばかり考える1日になる”のである。

もちろん、勝手に考えているならこちらは楽であるが
積極奇異型+尊大型のモラハラ頑固自己中亭主関白アスペルガーの場合にはそうはいかない。

必ず、家族を巻き添えにして
焦らし命令するのである。

折角の休日が台無し

まずは、挨拶だ。
別の階に住んでいる親の家に行って挨拶しなければキレられる。

その時、親は一気に話してくるので
全てを聞かなければならない。

話を聞くのは構わないが
話しが飛ぶのでキツイものがある。
これもアスペルガー特有の、話を遠回しにしたり
擬音を使ったり同じ話を繰り返したりと
聞き手にとっては苦痛の時間である。

「だ―――ッとしてド――――――ン!なんだよ」

こんな書き込みを見たことがある
発達障害者は自分の価値観と少しでも違うと許せません。
また日常生活まで自分の希望通りに気を遣わないと許せません。
その通りである。

コピーしてこい

話が下手なので、
「おはようございます!」と言った瞬間に
「コピーしてくれ!」と返される。

毎朝必ず、命令又は自分が考えている事を真っ先に伝えてくる。
心の余裕が無く、まず考えている全てを話さないと気が済まないのだ!
相手の話を聞くとか会話をする能力が無く、
ただ自分が思う事だけを伝えるのである。

ヘタクソな話し方
「(停電予定のチラシ)コーピーしてくれ!

近所が停電になるからみんなに知らせたいんだ。
それと今日は雨だから、屋上の電気のBOXが心配だ。
あれに何かビニールシートでも被せるといいかもしれないなぁ。
あっ猫だ(テレビにいきなり入る)
そういえばこれコーピーしてくれ!
近所が停電になるからみんなに知らせたいんだ。
予め停電があるよって、近所のお弁当屋さん
に教えたんだがもう一度言ってあげないとな。
あの屋上の電気のBOXにビニールシートを
被せた方がイイかなぁ・・・ウーム。
雨だから心配だなぁ。屋上の電気のBOXが心配だ。」
それで昨日買い物に行ったんだよ。
そしたら~(略)

このように、同じ話を繰り返す。
頭の中で考えている事をそのまま伝え繰り返す。

停電はみんな知ってる。
こちらは黙っていれば良い事なのになぜ焦る必要があるのか?

雨でショートするようなそんな下手真似なんてしないし
素人のこちらが心配して何か動いても邪魔をするだけだろう?

更には、電圧BOXなんざ
日頃から囲まれてるから大雨でも平気で
散々放置していたじゃん。
なんで急に今日だけ心配になるんだよwww

あいつは話を聞いていないとブチ切れ

例えばめんどくさいとコピーをしても
その態度が気に食わなければ怒られる。

こちらはニコニコと渡さなければならない。
(なぜ頼まれて怒られないとならないのか?自分でやれ!)

短気なアスペルガーには毎日気を使う

このように、ご機嫌を損ねないように

・話をよく聞く
・命令に快く従う
・意見に賛同する

積極奇異型+尊大型のモラハラ頑固自己中亭主関白アスペルガー
対策としては上記の3つが不可欠であるが
気を使ってもこんなことが起こる。

怒ってるわよ!

私は、アスペルガーの一方的な話をすべて聞き入れ
もう満足だろうと自宅に戻った。

しかしながら30分後には
訪ねてきたのだ。

母「怒ってるわよ!あいつ話を全然聞いてない!って!

私「えー、すごく頷いてあげたのにぃ」

母「なんだか本人は、電圧BOXにシートを被せたいようで
もう着替えて屋上に行ってるわ!行かないともっと切れるかも!」

私「なんだよそれ、シートを被せたいとは聞いたが
手伝ってとも、何時から始めるなんて聞いていない。
しかも日頃から”午前中は体調が整わない”と切れてるから
まさか午前中から動くなんて思ってないよw」

母「そうよねぇ、午前中はいつも寝てるものねぇ。困るわねぇ」

このような感じで慌てて現場に向かうのである。

思い込みの激しいアスペルガーに対しては

思い込みまで予想しなければならないので難しい。

いきなり行動
準備が足らない

我が家のアスペルガーは、気が短く
説明書を読んだり、あらかじめ準備するのが苦手だ。

シートを被せるならば、
予めブルーシートの長さや紐などの準備をすれば、野外では取付だけで済むはずだ。

しかしながら、いきなり始めるから長さが足りない。
全ては雨の中で始まり、無駄に濡れ汚れるのだ。

「こっちだ!右だよ!左だ!」
「あれおかしいなぁ~もう少しこっちに寄せないのに動かない!」
「紐の長さが・・」などスムーズに進まない。

家の中である程度完成させた方が楽なのに
ずぶ濡れになりながら進めるのだ!

おかげさまでこちらはずぶぬれで、
私のベストは壁の塗料でベトベトだ。
(急かされたので着替える余裕がなかった)

しかしアスペルガーは人の事は気にしない。
今やっている”シート”に夢中なのだ。

アスペルガーは気を使えない、自分が大事、
自分のやりたい事だけが正義、他人の予定はどうでもいい。

巻き添え大好き

不思議なのは亭主関白系のアスペルガーは
家族を巻き添えにする事である。

例えば、停電なんて家に一人いれば構わないのに
誰かが出かけようとすれば”ブツブツ”と文句を言う。
家に居たって意味無いのに、付き合わせるのだ。

他人には付き合わないのに自分の気になる予定の場合は付き合わせる。
拒否すれば変人扱い、非常識人間扱いだ。

返事をしないとキレる

父は誰かにLINEを送り
すぐに反応が無いとすぐにキレるタイプだ。

父「あいつにLINEしたら返事来ない最低な奴だ。」

みんな暇じゃないんだから
すぐに返事を求めるのは間違えているだろう。
買い物途中だったり、誰かと一緒かもしれない。
全ての人間があなたの様に無職ではないのだ。

しかも”既読”になっている時点で
相手は読んでいるのだから、緊急ならば返事がすぐ来るはずだ。

しかも、
逆に自分宛にLINEが送られてきても
ほぼ数時間既読にならない。
文句を言っておいて自分は確認さえもしない。

人に厳しく自分に甘い

父と同じように、(わざと)私「LINE送ったのに見てないの?」と言えば
「そんな常に見れるもんじゃない!忙しかったからしょうがない」と自分を守る。

言っている事とやっている事が違うのだ。

・送ったLINEにすぐ返事が無いとキレる
・受けたLINEは返事をしなくてもOK
・受けたラインを気づくのが遅すぎる

相手に文句を言う意味が分からない。

勝手なMYルール

すぐにキレる
同じ話しつこい

積極奇異型+尊大型のモラハラ頑固自己中亭主関白アスペルガー
とにかく自分が大好きだ。

・自分が世界一の常識者
・自分の意見を否定する人間を徹底的に嫌う
・自分とキャラが被っているタレントを嫌う

現在はコロナ禍であるが、
毎日マスクについて異様にうるさいのだ。

テレビの前でマスクについてキレる毎日

テレビでのインタビューやレストランの取材などで
マスクをしている人がマスクの表面を触ってズレを直す行為がある。

これは緊張によりやってしまう良くない行為であるが
そればかりに意識が向かい、1日30回以上は
「ほらまた触った!」
「一番コロナついている部分触った!」

「一番触っちゃいけない場所なんだよ!」
「ほんとにバカばかりだよな!ほら触った!」
などと、しつこいのである。
(数百回繰り返している)

マスクを直す度に言うので、
常に隣に居る母はキツイ。

ルール押し付け
日々増加するルール

母「色々と変なルールが増えて困るのよ・・
最近は風呂を出たら風呂のドアを2センチ隙間空けないとキレるのよ」

母「ポストにいらないチラシが入ってたら
このように丸めて捨てないとキレられるのよ」

私「えっ?クシャクシャとか折って捨てちゃダメなの?」

母「ダメ、丸めるの限定なの」

私「ご苦労様ですw」

母のクッションが無いとキツイ説

男がモラハラアスペルガーの場合には、
妻を”お手伝いさん”のように命令し使うようになる。

父の命令→母→私に伝わる
という流れが多いが、良い部分もある。

母が「怒っている!ヤバイ!」と思えば
早めに教えてくれるのは非常に助かるのだ。

母「なんだか〇〇を手伝ってほしいみたいだよ」
母「怒っているから〇〇したほうがいいかも」
と忠告してくれる面もある。

ただ、
アスペ父で暮らしている
又は
アスペ旦那で暮らしている
なんて場合は大変だ。

クッションが無い!!

いきなりキレられる頻度が増え、
更には性別の違いがあり、アスペルガーは単なる変人にしか見えなくなる。

アスペルガーに理不尽にキレられた場合は迷わず暴食だ。

やってられない!

大好きな旅行や温泉に行けないコロナ禍において暴食が唯一の楽しみである。

コロナが収まれば被害者同士で
カサンドラオフ会を開き、みんなで愚痴三昧で
「うんうん」とストレスを吐き出したいものである。

カサンドラの会 会長 とーる



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 飼い竜 より:

    ここで一句

    何回目
    アスペの話題
    耳ふさぐ

    世界中のアスペルガー症候群が滅びますように…

    • 匿名さん より:

      うまい

  2. 匿名さん より:

    同じことなんかいも言いやがるのなんなんだろうね
    バカなんだろうけどさ脳障害

  3. 匿名さん より:

    擬音腹立つ、大袈裟に言いたいときに使う傾向あり

  4. 匿名さん より:

    趣味を押し付けられて辛いです