鎌倉は「しらす丼」ではなく「とんかつ」だった【鎌倉かつ亭 あら珠 総本店】

平日、土日関係なく人気がある鎌倉駅

初めて訪れたが、乗車客の8割が下車する人気駅だった。

スポンサーリンク

折角ならばしらす丼を食べたいが

江の島鎌倉の名物と言えば「しらす丼」であるが、
私は”トラウマ”があるために、残念ながらしらす丼を食べる事が出来ない。

鎌倉かつ亭 あら珠 総本店

鎌倉駅東口から直進すると
とんかつと書かれた看板が見え、
近づくととても素敵な外観だと分かる。

正面に回ると”持ち帰り”のカウンターもありテイクアウトも可能。

外観からして”高級店”の雰囲気が漂うが
間違いなさそうなので視察してみた。

入店直後に癒し

入店すると、とても腰の低い
メガネの店長らしき方が迎えてくれた。

私のようなカスを優しく迎えてくれるとは優しい♪

店内には、テーブル席とカウンター席が存在するが
周りを見渡すと、女性客1名でもテーブルを使用しており
どのように座席を振り分けているのかは不明だった。

私はカウンターに案内されたが
カウンター真ん中では”揚げ職人さん”が黙々と仕事をしており
ある意味、寿司屋のようなカウンター席は当りだった。

物腰穏やか
最高の旅になった

物腰穏やかなのは出迎えてくれたオジサマだけでは無かった。
ホール担当の女性2名も、色々と丁寧に教えてくれた。

ブラッドオレンジのドレッシング魚沼産の米など
説明を加えてくれると更に美味しさがアップする効果がある。

お手拭き1つとっても、拘りがある。
フカフカなおしぼりで高級感が増している。

箸置き、すり鉢等、洗い物が多く大変だ。。

とんかつ定食Mサイズ1650円
+1口ヒレカツ490円

メニューは多数存在するため非常に迷う。
とりあえずは基本のロースを頼んでみた。

とんかつ定食Mサイズ1650円
1口ヒレカツ490円を追加してみた。

注文後は、先にキャベツと漬物、ゴマが届いた。
なるほど、ゴマをすって待機する事が分かる。

ちなみに、キャベツご飯はお替り自由だそうだ。

主役のとんかつご飯が届く。

十分に大きいのだが、
実は厚みがあるので満足感が違う。

上部の脂+締まった赤身とこれぞロースとんかつでありながら
衣は薄くカリカリという職人技である。

特製ソースは酸味の強いソースで特徴がありこれもまた面白い。
お米もピカピカに輝いており非常に美味しい。
味噌汁に至っては赤だしのシジミだ!

また、単品の1口ヒレカツであるが
全然1口どころではなく3口はある。
(肉厚で柔らかい)

「再訪の場合は、ヒレカツ大を食おう!」と決意する程であった。

とにかく、美味しいだけで凄い事なのに、

接客+清潔感+高級感+客層の良さ
全てにおいて安定感のあるあら珠さんは素晴らしかった。

こんなに丁寧に落ち着いて食事できたのは久しぶりだ。
御馳走様でした。

アクセス

鎌倉かつ亭 あら珠 総本店
住所:〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1丁目5-24
営業時間:1:00~23:00



スポンサーリンク

シェアする

フォローする