競輪は一番破産しないギャンブルだった 負けない車券の買い方

ギャンブルは一通り経験しているが
自分の中では競輪が一番性格に合っていた。

仕事をしながらPC画面の横にレースを表示すれば
これほど時間を無駄にしない遊びは無いのだ。


仕事、運動、競輪の両立が可能!

他のギャンブルは自分に合わなかった

例えばパチンコであれば、
単純に釘が悪かったり店が出す気が無ければ難しく
なにより、勝っても負けても時間を必要とするのが無駄である。

また、競艇は豆車券で遊ぶには”配当が低すぎる”ため
安定してマイナスに傾くため飽きてしまった。

そしてオートレースは、レース自体は大好きであるが
スタートで決まってしまうため難しく
何よりテラ銭30%は厳しいので賭け事には向いていない。

競馬はG1などの”たまに”なら良いが
メインとしてしまうと頭数が多いために的中自体が難しくなる。

そして最終的には、
ラインや人情物語のある競輪が奥深く、中継番組も面白いと分かった。
たまの一撃もあり、豆券ながら波の激しいグラフを描く事もあり楽しくなったのだ。

トータル的に負けるのはもちろんであるが、
「ぱちんこは適度に楽しむ遊びです」のように
「競輪は自分に合っている適度な遊び」であった。

その理由を以下に記す。

スポンサーリンク

お好みの競輪場を探せ!

個人的に破産を防ぐ方法は
お好みの競輪場をいくつか持つ事だと思っている。

なぜなら競輪場は43場もあるため、
全てを見ようとすればそれだけ使う金も増えてしまうからだ。

私の好きな競輪ライブ放送は沢山あるが
ベスト6を決めるならば以下の通りである。

◎小倉競輪
喋りのプロ橋本悠督氏が、1人で番組を引っ張るオケラ番組。
初めて見た時の衝撃は今でも忘れられない。
車券は負けても番組として面白いのが素晴らしい。

◎佐世保競輪
小倉同様に、白メガネこと大津尚之氏
競輪界の高田純次ヒラマサ(平尾昌也)のトークが中年には響く。
”ギャンブルに女は不要”と感じる素晴らしい番組だ。

◎豊橋競輪
豊橋競輪は一見地味であるが、
様々な競輪番組を見ていると、女性MCの中で
宮野亜恵美さんが一番魅力的だという事が分かる。
長く生きている人こそ、その魅力を理解できるだろう。

また、それと同時に車券予想が上手く
下手なOBよりも的中率が高い。
単純に予想の参考になるので必見だ!

◎川崎競輪
川崎競輪といえば川崎仮面おてんばキャットだろう。
川崎仮面の的中率は当然参考になるが
なにより仮面の優しさが素晴らしい。
まるで仮面が女で、キャットが男のような
キャスティングが素晴らしい。

◎小田原競輪
小田原競輪にもオダワライダーという予想師が存在する事から
とても車券の参考になる。
また、江藤みき川崎仮面と組む事もあり
予想以外のトークも必見だ!

◎函館競輪
函館競輪ではりんりんマンという第三の予想マスクマンが誕生した。
元選手ならではの予想は的中率が高く、早くも人気番組になっている。
なにより、北海道訛りと優しさが番組に溢れており
見ているファンを和ましてくれるのである。

苦手な番組・・・

反対に苦手なのは、グラビアアイドルなどを集めたり
競輪好き女子がMCを担当する番組だ。
展開の無い予想を出され、自分の車券に必死になっている姿は不快だ。

仮にこれが記念であっても見ることは無く
普通に記念もスルーする事がある。
番組が最低ならば購入意欲が低下する。

たかが番組であるが、
番組の出来栄えによって正直
売り上げは変わると思っている。

何でもかんでも購入してしまう流れは危険だ。
テラ銭が25%取られている以上、賭けるレースは少なくするのが理想的である。

※負けたら腹立つような番組は見ない!

休日で買わない事も
レースは厳選
浮気はしない

いろんな会場を行き来すると、
購入ミスをしたり負け額が膨らむ事が多い。

私の場合には、記念などの大きなレースがあっても
狙った(楽しめる)会場でしか買わない時が増えた。

GW
年末年始に注意

例えば2021年5月2日のGW中には
10会場でレースが行われたが、
記念に心を奪われることなく、函館競輪場1本で待つことが出来た。

これは勝っても負けても関係なく
納得できる番組”、”納得できる会場”で勝負した方が後悔が無いのである。

毎日競輪を打つか?

競輪好きな方は、毎日の様に賭けている事だろう。

私も賭ける日は多いが、
当然、忙しければやらず&忙しくても
「小倉競輪だから見る」なんてこともある。

当然、多く賭ける程負け額が大きくなるのが公営競技である。

そんな事は分かり切っているので
私は豆券(100円)で遊ぶのが殆どであるが、
時には数万~数十万の配当もあるので期待感があるのだ。

当たらないと気が済まない現象に注意

賭け事で注意しなければならないのが
「当たりたい」という衝動だろう。

パチンコのように「何か当たらないと納得できない」のと同じだ。
連敗が続けばイライラして賭け続けてしまうアレである。

ただ、私の場合は過去にパチンコで痛い目に遭っているので
負けて後悔するのがとても嫌いになった。
(熱くならない自信がある)

その日を勝ちに、当てに行く行為は危険と脳裏に焼き付いている。

従って、3着が抜けたり買う車券が悉く落車など
流れが悪い時には”その日は諦める”。

捲りの望みは捨てろ!

一個も当たらない日は、早々と撤退するのがオススメ。

熱くなると、どんなレースも次々に買ってしまう危険性アリ!

スランプ対策
とにかく初回に当てる

私の場合は中穴~大穴狙いなので
1日何も当たらないなんてことは日常茶飯事だ。

しかしながら、お金を減らしたくない時期には
ワイド2車複を加え、お茶を濁す事もある。

初回的中で精神的アドバンテージ

特に、1日の初回投票時に的中すると
その日の気分は良くなるものだ。

私の場合、1回の投票は2~3点(300円)が多いが
初回だけ(当たるように)多くの買い目を賭ける事がある。

勝敗度外視で2車単やワイドも使用し
的中を点灯させるだけで安堵感がある。

自分なりの配分

破産しないように&お金が無くなる寂しさに陥らないように
自分なりに考えた配分がある。

私の給料日は25日であるが
給料日直後から~翌月の5日くらいまでは
「引き分けを目指す」「少し浮いたらやめる」
というケチケチなルールを設けている。

このようにすることで、
給料日直後に寂しい思いをすることなく平和な暮らしが出来る。

1回目に的中したら撤退する時もある。
たとえ10円しか浮ていなくても喜んで撤退だ!

給料日直後の10日間は減らさない期間に設定!

資金を残す事で、給料日前に
”気楽に”賭ける事が可能になる。

怒らない競輪

競輪ジャンキーの発言は
なかなか怖い言葉が飛び交っている。

2のゴミ何なの単騎でやれやカスが!

宇都宮競輪のライブ切れまくりだな●すぞ糞

後ろ見ないでいいから前刺せや
差し目しかねえんだよ!!
後ろチラチラ見て3着とか

5番がコロナに●されますように

●井ってガキは今日も飛びつきかよ
マジで乞食やな

チャレンジは全員チャリ乗らねーで走れや

もう少し稼がせろよ博打の駒の糞共が

恐らく、高額を賭けていると思われるが
余裕のないお金で賭けるほど怒りは増幅するだろう。

思うように走ってくれないのが競輪であり
時には落車等のアクシデントもある。
”外れる前提で”期待して見る事が健全だと考える。

もちろん私もトータルでは負けているが
賭け金を減らす事で、給料を残す事が出来ている。
これが正しい公営ギャンブルとの向き合い方ではないだろうか?



スポンサーリンク

シェアする

フォローする