【カサンドラ症候群】アスぺルガーに心をズタズタにされた方はこちら

昔はアスペルガー症候群という言葉は存在せず
私の父も、ただの亭主関白頑固という性格として分類していた。

しかしながら、2005年5月に発達障害者支援法が施行された。
支援法は、児童を含む発達障害を持つ人への適切な支援を推進するための法律で
「発達障害」という大きな括りの言葉が使われるようになった。

発達障害は元々”子供特有のもの”というイメージがあったが
段々と大人の発達障害が認識されてきたのだ。

大人なのにおかしい・・・
空気が読めない発言をする・・・
話を聞いていない・・・
言った事をすぐに忘れる・・・

発達障害の中には「自閉症」「アスペルガー症候群」
「学習障害(LD)」「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」などに分類され
症状によってある程度区別する事が出来るようになった。

アスペルガーの種類はこちら

スポンサーリンク

当事者しかわからない
体験しなければわからない

「私はカサンドラ症候群かもしれない・・」
アスペルガーの対応に疲れ衰弱してしまう恐ろしい症状がある。

・会話が成立しない
・意思疎通が出来ない
・話を聞いていない

・モラハラ攻撃
などの攻撃を受け、我々は心身共に衰弱してしまうのである。

心のすれ違いは1日単位ではストレスにならないが
毎日のように起こる”ありえない行動”が積もり気が狂うのである。

受動型アスペルガーの場合

我が家は受動型アスペルガー(妻)
積極奇異型尊大型アスペルガー(父)、
2人のアスペルガーを飼っている為、なかなか大変で勉強になる。

受動型アスペルガーの場合は
攻撃性が無いためこちらが全てをスルーすれば済むが
これはこれで家族の意味が分からなくなってしまうのである。

例1.話をしているのに違う動きをする

例えば、”人の話を聞かない”という大きな特徴がある。

・妻に話しかけると10秒以内にあくびをする(90%以上)
・話をしている最中にどこかに行く
・前日に言ったことを覚えていない
など、会話が成立しない状況が1日に何度も訪れるのだ。

以下は毎日の夕飯時に訪れる現象である。

私が妻に話しかけている時である。

妻が受動型アスペルガーのため、
私は話を短くして伝えるように意識している。

しかしながら、20秒と話していないにもかかわらず
話の途中ですぐに別の動きをするのである。

このように、私が話している最中に
子供に「水飲みなさい」など、
会話から離れてしまうのである。

たまになら構わないが、
100%起こるのでこちらは呆れてしまうのだ。

アスペルガーに慣れる前までは
「話している途中だよ」「話を聞いて!」
と注意を促していたが、一向に修正する事が出来ず
受動型と理解してからは”言っても直らないので無駄”と理解した。

とにかく我慢してスルーするしかない。

例2.買い物

妻「買い物に行くけど何が欲しい?」
私「レタスお願い」
妻「はい」

結果:聞いたくせに買ってこない

「買ってこないんかーぃ!」

例3.頼み事

私「春雨冷麺が気に入ったから、
しばらく夕飯はこれでおねがい。
春雨だけ茹でといて♪後は俺がやるから」

妻「はい」

結果:翌日には忘れる

私「明日こそお願いね。」

妻「はい」

結果:翌日には忘れる

結局、一度も春雨が出てこなかった。

このように繰り返すとこちらも学び
「何も信用しない」
「信じられるのは自分だけ」
「自分だけはしっかりしなければ家族が終わる」
と心に違うのである。

家族であっても家族ではない感覚・・・

なんとも気持ちが悪い毎日である。

現在私は悟りを開いているが
まだアスペルガーに慣れない頃は
常にイライラしていた。

何回注意しても直らない。
赤ちゃんや子供より学習能力がない
注意した所で成長しないのである。

諦めてスルーするのが自分の為なのだ。

尊大型の怖さ

始めは妻の受動型に十分やられていたが、
年を取り尊大型アスペルガーが悪化した父を見ていると
”受動型は随分とマシ”と思えるようになった。

受動型はスルーや遮断すれば何とかなるが
尊大型モラハラ気質があり攻撃してくるので逃げられないのだ。

人間は老化すると丸くなるとは限らず
気が短くなる激怒タイプも存在する。

駅員に暴言を吐いたり、町で騒いだり
暴力を振るうなど動画で見かけるが
まさしくこのタイプである。

尊大型アスペルガーは
「自分が世界一の常識者」という考えがあるので
他人に対し説教をしたり、従わせようと圧力をかけてくるのだ。
従って、家庭内でも自分の描くストーリーの通りに進まなければ
拗ねてキレて家族に当たる事になる。

尊大型は家族を使い、常に自分が王様でなければ気が済まない。
従わなければ精神的嫌がらせで攻撃してくるのである。

尊大型の攻撃性については
このブログでたくさん報告している。
同じように被害に遭っている方は共感してくれるだろう。

これらは決して性格ではなく脳の障害なのだ。
自ら修正する事は出来ない。

特に尊大型旦那を持つ女性であれば
とても精神的苦痛を強いられている事だろう。

悲しい毎日の女性を救いたい!

カサンドラさんの声

「カサンドラになるのは互いに一歩も譲らないから」
なんて意見があるが絶対に違う。
殆どををこちらが譲っている

まさか飯が出てこないとは驚いたか!?
この糞旦那!!!
私の精一杯の意思表示だボケ!

妊娠中に旦那は私のお腹を触ったことがない
自分以外に興味がないのもアスペの特徴か

コミュニケーション取れないと
精神的にダメージ受ける。
自分を抑えて譲って我慢してカサンドラとなる。

カサンドラ症候群ってやつなんだろうか…
私が悪いみたいにずっと言われてキツイ。。。

夫のことを相談した。
今までの私の苦労や心身の不調は
カサンドラ症候群の具体例のごとく説明ができるものだった。

受動型はじわじわと蝕まれて、
カサンドラになってしまう。

鬱による自殺が急増とあるが
中にはカサンドラ症候群もいるはず
ニュースなんかでもっとアスペルガーについてやって欲しい。

カサンドラ症候群を3年前ぐらいから発症してる
彼がこの症状を気にする素振りは無し。
理解する気も無し。
ああ、離れたい離れたい。

ストレスによって、
身体の不調を引き起こす
例えば、血圧が元々低かったのが高くなる
自律神経失調症、胃潰瘍や大腸潰瘍、目眩や鬱
旦那が優しい人なら
こんな症状はおきません!



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名さん より:

    アスペルガー症候群がいる職場は最悪…
    言葉のキャッチボールが出来ない(一方的なマシンガントーク、頭痛いよ)
    曖昧な事わからない、場の空気読めない(人が嫌な顔してるのに、何故気づかない⁈)
    被害妄想(仕事中の注意すると、癇癪起こし《こいつ(相手)はいじめてきた、攻撃してやる》私を悪者扱いし、攻撃される毎日…)
    アスペルガー症候群が一番じゃないと、うるさくいい加減にしてほしい(泣)
    アスペルガー症候群の起こしたミスは、他人事にする(自己処理してなかったことに)相手のせいにする…

    アスペルガー症候群はいらない人間、
    アスペルガー症候群は男女問わずいらない人間、
    アスペルガー症候群は臭い、キモイ、汚物にしか見えない…カサンドラ症候群が悪化しそうだ

    • 匿名さん より:

      そうそう。攻撃が最悪ですよね。それが一番メンタルやられます。他のも全部メンタルにくるけど、そこへの攻撃はトドメですよね。
      場の空気や相手の気持ちはわからないのに、自分については分かってくれないと怒る。大半は被害妄想。
      プライドが高いのか実は自尊心低いのか、注意や意見されたりすると噛み付いてくる。でも論点ズレてるし何言ってるかわからないしで相手してるとどんどん話がわからなくなっていってヒッチャカメッチャカ。結局こっちの人格否定してくることで勝とうとしてくる。
      よくそれだけ相手のせいにできるよねって、怒りを突き抜けて唖然としちゃいました。
      優しくてまともな人ほどカサンドラになると思います。

      • まさしくその通りです。。。
        「はいはい」「その通り」「すごいね~」
        と返さなければ機嫌が悪くなり険悪なムードに。。

        たしかに人格否定で解決しようとしますね。
        「あいつはダメだ」「あいつは話を聞かない」
        テレビの中に敵がいっぱいいるのでウケます。

        父「フワチャンうるせーんだよ!」

        父「松岡修造うるせーんだよ!偉そうにしてよ!」

        自分に似たよくしゃべる人が苦手なようです。
        (マウントを取られたくない)

        確かに論点がずれてくるので
        討論にもならないですよね。
        こっちの話も理解できないので
        本当に”話にならない”ケンカ以前の問題ですよね・・・

  2. 匿名さん より:

    離れるに限る。
    これしかないです。
    人格障害に出会した時と同じ。

    ここの管理人さんのお子さんは大丈夫でしょうか?
    お母さんとおじいちゃんがそんなコミュニケーションを取る人で、大きくなったらストレスを受けそうだしスルーや我慢させるのも可哀想。

    • 幸い子供はアスペルガーを(嫁から)
      遺伝せずに助かりました。

      同じ話を繰り返したり
      急に怒ったり
      いつまでも怒ったりという
      祖父に対しては自然に距離を置いたり
      長居しないように上手に立ち回っているようです。

      私も変に隠すことはせず
      (今後の人生に役立つと考え)
      アスペルガーという存在を隠さず教えるようにしていますが
      今の時代の子は優しく上手に対応していることに驚きます。

      嫁場合も
      ・すぐ忘れる
      ・話を聞いていない
      ・違う話を入れてくる
      ・意図を読み取ってくれない
      ・何回言ってもドアや鍵を閉めない
      など受動型の症状に対しても、
      私を見てニヤッとして上手くスルーしています。

      子供から学ぶことがありますね。