【スーパー銭湯】青の洞窟に行ってきた 料金 利用方法 ザグリーン【千葉ニュータウン中央】

千葉ニュータウン中央近くに、
オシャレなスーパー銭湯があるというので行ってきた。

露天風呂は無いが、開業したてであり
人件費を節約しているシステムも気になる所だ。

千葉ニュータウン中央駅に降りると
綺麗に整備された街に驚く。

歩道&車道が広く整備され、
とても美しい街である事が分かる。

駅から青の洞窟までは2キロ程の距離があり
歩いて向かってみた。

ザグリーンと書かれた看板には様々なテナントが入っており
その中に青い洞窟が表示されている。

!複合施設の中に存在した!


子供用アスレチック

スポンサーリンク

スーパー銭湯は一番右

駐車場は混んでいるものの
ショップやアスレチックがあるため
車の客が全て”青い洞窟”が目的ではない。

はじめて訪れた時は、青い洞窟がどこなのか?
迷ってしまうが、建物の1階一番右側にあるので覚えて欲しい。

看板が小さく目立たない

入場料は?
システムは?

入場迄の流れは(案内係は1名いるものの)
自動改札を通り、自力で考えながら進む事になる。

1.券売機

まずは券売機で入場券を購入しよう。
大きい表示で非常に分かりやすい。

平日も土日も500円とは
とにかく安い。

2.タッチ&ゴー

入場券にはQRコードが印刷されており
それをかざして自動改札を通過する。

3.下駄箱に靴を入れる

自動改札を通過したら、
下駄箱に靴を入れる。
(鍵は帰るまで各自で保管

4.迷う

下駄箱の後は、風呂が見つからないトイレが見つからないなど
はじめての方は少し考える事になる。

1階 トイレ&風呂、マッサージ機、タオル等の販売機
2階 主に休憩所

以上を頭に入れておけば安心だ。

階段の裏には女湯
階段の横には男湯

ロッカー&
レンタルタオル

青い洞窟で嬉しいのが、
下駄箱やロッカーで100円が不要な事だろう。

多くの銭湯では100円返却システムを使っているが
このような面倒が省かれているのは現代的だ

また、タオルカミソリ等は
自動販売機で購入する事が出来る。
(例 バスタオル350円)
お金を入れるとアクリルドアが開き取り出せる仕様だ。

掃除のおばちゃん以外にスタッフとすれ違う事が無かったほど
少ない人数で運営していることが分かる。

浴槽


出典:青の洞窟公式

洗い場は25席ほどあり、シャワーは2機
そして露天風呂は無く室内銭湯。
薄暗く、入口付近が少々滑るので注意したい。

全体的な温度が高く
あつ湯が苦手な方は向いていないかもしれない。

休憩所が充実

予想以上に休憩する場所が多く驚いた。

1階 自販機ゾーンに椅子 マッサージ機


マッサージ機は何と100円で15分という
スペシャル割引な金額であった。
通常は200~300円取られるのでお得だ。

2階 椅子ゾーン2ヶ所 寝そべりゾーン

2階はほぼ休憩所になっており、非常に余裕がある。

都内では休憩所が殆ど無い所が多い中、
少し離れるとここ迄違うのかと感動!
これは素晴らしい。

現在はコロナ禍の為か滞在客は少ないが、
テーブルの間隔を空け感染対策にも力を入れている。

綺麗な銭湯が500円で堪能できる!
素晴らしい施設だった。

アクセス

青の洞窟 スーパー銭湯
住所:〒270-1369 千葉県印西市鹿黒南5丁目2−番
営業時間: 10時00分~23時00分
定休日:水曜日



スポンサーリンク

シェアする

フォローする