【借金大敗システム】パチンコの負けは一番病む説【頭がおかしくなる理由】

パチンコを引退する方法
パチンコを2度と打たなくなる方法
引退者からのアドバイス
引退したいあなたへ

昨日10万負けた

牙狼の釘が1k10回転でムカついた。
球が殆ど入らないドル箱を横に並べるクソ店ムカつく

甘デジやれば分母3倍ハメ単発
ミドルはラッシュ引いても即抜け
100%STの海で初当たり取ってもスルー

6万負けた自殺したい

100万借金して所持金5千円無職
俺が生きてるんやで!がんばれよ

俺今月14万負けてる

ワイは嫁に内緒で500万ある

メーカーの人間の俺でも300万ある

実はギャンブルの中で
一番病んでいる人が多いのがパチンコである。

長時間の投資は脳が破壊される

スポンサーリンク

パチンコの通常時は地獄
客は不利でしかない

パチンコの通常時は好きだろうか?

私の場合は通常時が大の苦手だ。
例えば、一度大量出玉を獲得してからの
負けの無い通常時なら楽しめるが、

午後になっても自分だけ当たらないあの悲しさは苦手だ。
いくら演出の勉強をしても、スペックを覚えても
スタートチャッカーの運任せに当たらないと何も始まらない。

しかも、通常時は常にお金が失われており
精神的にジリジリとやられるのだ。

パチンコはとにかくスタート地点に立つまでが長い。
公営競技であれば賭けた時から”当たるチャンス”が確保されており
賭ける場所さえ間違わなければ当たるし、
仮に負けても失う金額は決まっている。

一方のパチンコは、遊タイム機を除けば青天井であり
5.6万持っていても初当たりを取れない事もある。

パチンコは当たっても拷問
常に転落の危機

あんなに重い確変当選確率(1/638)なのに
出玉が確保されないのは恐ろしいと思わないだろうか?

20回回れば平均3万円で済むが、
東京ならば15回転(4.2万円)さえ厳しい世界だ。
転落すればすぐに現金投資に戻る事になる。

また、80%の継続期待度であっても
6割の人間は4連以下で終わってしまうのが確率の世界
ホールで2連3連が多いのは当然であり
偶に訪れる”奇跡”のために中毒者が投資するのである。

冷静になれない
ホールは恐ろしい悪魔

パチンコが怖いのは環境だ。

周囲の当たりに煽られながら
数万負けた後にスパっと帰れるだろうか?

帰れる人間はパチンコをやっても溺れる事は無いが、
多くの方は”悔しく”、時間と預金、枠があればATMに向かう事になる。

ホールは年中無休であるにも関わらず
「今日当てたい!すぐ当てたい!意地でも当てたい!」
熱い状況にさせるのがパチンコの狙いだ。

当たる時はショボ連、負けるときは大敗。
こんな事を繰り返されるのだから借金が出来て当然である。

ストレス解消になるか?

私はパチンコをストレス解消に使っていたことがある。

アスペルガーの家族に疲れ、
家に居たくないためにホールに脱走した事が何度もある。

もちろん温泉やマッサージなども良いが
パチンコは”一人”になれるだけに、癒し要素もあるのである。

しかしながら、パチンコはなかなか当たらない。
思い通りに当たることなど年に数える程で
殆どの日は、更にストレスを溜める事になる。
これでは余計に自分を苦しめてしまうのだ。

もちろん、1円以下のレートであれば問題は無いが
4円でストレス解消を狙うのは間違いだ。

資金の問題
負の連鎖

私がストレス解消でパチンコが打てたのは
仕事が好調で資金があったからであるが、
パチンコは時間を使うために、
自(おの)ずと働く時間が削られてしまうのである。

その結果、潤沢にあった資金が減る事になり
1日、数万負けても何でもなかったが
段々と苦しくなってくるのである。

働く時間が減り、糞釘を打っているのだから
打てば打つほど悪い方に傾くのは当然だ。

働く時間が減るのは痛い

当時は、同級生の誰よりも稼いでいる自負があったが
ストレスパチンコをするようになってからは
仕事さえもうまくいかなくなってきたのである。

生きるために必要な大黒柱(仕事)が崩れたら
様々な所に支障が出てきて当然だ。

引退した後は快適生活
負け額が少なすぎる

パチンコに没頭している時は、
正直周りが見えていなかった。

勝ちにくい事が分かっているのに
・パチンコで当てたい!
・連チャンしたい!
・今日こそ勝ちたい!
不安が大きいにも関わらず、
僅かな可能性に賭けて出撃するのである。

引退した理由は、父親が入院した事で
物理的にやる事が増え、打てなくなった事が大きい。
家に居てもイライラしない環境作りが何より大切であるとわかった。

脳が冷静になれば、本来持っていた”普通”の考え方が出来るようになってくる。
「どう考えても不利なパチンコはバカらしい、時間の無駄だった」
これが改めて分かるのである。

引退した後もホールに行ったが
脳裏の記憶がよみがえる

引退したあとは、月に2.3回ホールに行くことがあったが
1万円も使えば「もう無理」と感じ帰りたくなった。
あの「怒りを越えて→脱力する」虚しさを考えると打てなくなるのである。

パチンカーが感じる大負けの脱力感は2度と味わいたくない

その結果、4円は無謀と1円にシフトしたものの
1円は回らないので、250回転当たらなければもう嫌になって止めるくらいまでになった。
通常時ばかりで、当たっても一撃の無いパチンコに魅力を感じなくなっていたのである。

完全に引退した後は
更にパチンコの酷さを理解

引退してしばらくした後は、競艇を始めた。

今の時代の公営競技は、スマホ一つで賭けられる時代で
テレワークしながらでも気楽に投票が出来る。

これはホールに行かないと戦えないパチンコとは違い、大きな利点である。
こちらも国が儲かる回収システムであるが
時間を無駄に使わないので、働く時間が削がれないのが大きい。

パチンコならば、ホールに釘付けで成長は無いが
働きながら出来る公営競技は、なんと効率の良い事だろうか?!

私の場合は、エアロバイクの前に机を置いてあるので
普段から運動をしながら働いていたが、
更に公営競技も楽しめるのならば、こんな便利な事はないだろう。

わざわざホールに行くことがバカらしくなる

特に今のコロナ禍においては
外に出れなくても全然苦ではない。

同じ賭け事ではなかった

「賭け事を止めても、別の賭け事をやったら意味が無い」
と思う方もいるかもしれないが違う

これは経験者にしか分からない事で
実は全く違うのだ

同じ賭け事でも質が違うので
自分に合う競技を見つけると、
精神をやられることなく楽しむ事が出来るようになる

はじめは競艇を試してみた

はじめは競艇を賭けてみた。
パチンコよりも投資が少なくリスクが無い。
的中すればすぐに払い出しが反映されるので楽しめた。

しかしながら豆券(100円)単位で遊んでいると
競艇ではあまり高い配当を得られない事に気づく。
穴党である私には1ばかりの出目に飽きてきたのである。

パチンコに比べ、負け額が1/30程度に減ったが
中継番組の中身が薄く完全にハマるまではいかなかった。

パチンコより全然負けにくいシステムに驚く!井の中の蛙だった!

次に競輪
あれ?健全だぞ?

競馬は元々、頭数が多すぎて
リスクしかない事を経験済だったために
年に数回しか賭ける事は無い。

いまではすっかりハマっている競輪であるが、
なにより奥が深く、選手自ら漕ぐ競技であるために
選手個人の特徴が掴めてくると、賭ける賭けないではなく
様々な人間ドラマがあり面白いのである。

また、どのギャンブルよりも中継番組が面白く
良い番組に出会えれば、(パチンコで得ることのできない)情報を手に入れる事も出来る。

パチンコだけに没頭していたら、
最近の流行りニュースからも置いて行かれる。
更には人と話す事さえも苦手になる恐ろしいギャンブルであることが再確認できる。

自分に合うギャンブルがある

・投資金額の限度額
・一撃が欲しい
・楽しめればよい
人それぞれピッタリの競技があれば
アツくならず楽しめるはずだ。

私の場合は、時間は消費したくないので
無駄な時間を使うパチンコは(いろんな公営競技を体験すると)圏外になった。

暇な時間が出来ても全然打ちたいとは思わなくなった。
永遠投資して、すぐ転落し振出しに戻される・・・
なんと客が損をするシステムなのだろうか。

・投資は最小限に
・たまに10万などの一撃が欲しい
・時間を損したくない

このようなことから、自然と競輪が残ったのである。

負けを味わった者はアツくならない

人間は学ぶことが出来る。

負けを繰り返す、大きな負けを経験する。
このような苦しみを味わい続けると人間は成長する

私はパチンコが先だったおかげで、
何も当たらなくても止める事が出来る体になっており
負けて投資を倍にするなどの”一撃を”焦る事が無くなったのである。

その結果、パチンコを打っていた頃の
ズタボロの精神状態とは無縁になり、
時間はあるため、働く&情報収集&家族との時間
様々な事がプラスに働く事になった。

自分に合う戦い方を

負けて自殺を考えたり借金をしている方は
自分のスタイルを確立していない可能性が高い。

一撃性が低く投資ばかりが必要になるパチンコは絶対に勝てない。
何より、時間を失い精神状態が狂い、本当のあなたが消えてしまう恐ろしさがある。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする