【記念競輪】入れ替わり立ち代わりのゲストに疑問【橋本悠督 川崎仮面】チャリロト

競輪ファンは記念などの大きなレースが楽しみであるが、
それと同時に、ライブ中継が”いつもの放送”では無くなる悲しさがある。

なぜ態々、慌ただしく解説者を入れ替えて
視聴者に対し、見にくくするのだろうか?

いつもの放送が見たいんだ。。。

「解説者多く聞きにくい」
「声が重なってイライラする」
「レース中叫んでうるさい」

「予想目が多すぎて困る」
「ゲストで予想の時間が無くなって悲しい」
いつものリズムが崩れてしまい落ち着かない方も少なくないのだ。

普段の流れではない違和感

例えば、川崎競輪の場合
普段は川崎仮面おてんばキャット
ゴールデンコンビで楽しませてもらっているが、

記念となると複数のゲストが登場し、
スタジオは慌ただしくなる。
仮面の癒しトークは無くなり、
ゲストに話を振り忙しくなる。

普段見ていないゲストの予想を出されても
傾向を知らなければ参考にもならないし予想目が増えるだけなのだ。

ゲストが増えれば特別感が出るかもしれないが・・

「普段通りの放送なら楽しめるのに・・・」

私と同じ感覚になる方はいないだろうか?

ギャンブルは”平常心”が一番必要であるが、
番組が違う時点で狂ってしまう事になる。

選手で言えば”ルーティン”が省かれたようなもので
フワフワした状態で番組を見る事になる。

スポンサーリンク

橋本ゆうすけ

橋本悠督と言えば、オケラやデス目
ハッシー、ハシモトと多くの愛称で愛されているアナである。

年少時代いじめられた経験のあるハッシーは、
視聴者のディスりに対し上手に返すのが上手い。
そしてゲストに対して一番輝くように動かすことが出来る。

長い間小倉ミッドを見ている方は、
彼のトークを楽しみにしている方が大半だ。
(現在はリモート出演のみ)
特にマニアとなれば、時間が余った際の
彼の繋ぎトークが心地よく感じるようになる。

むしろ、「時間が余ってくれ!」と思う程である。

競輪祭への道

現在は、競輪祭への道というYouTube番組が始まったが
MCがハッシーの場合には番組が面白くなる。
ミッドとは違い、レース間隔が長くなる事から
時間が余るほどファンはワクワクしてしまうのだ。

特に、スペースエンジェルスはキャラを把握しており
ハッシーを弄るトークで盛り上げている。
ハッシー+スぺエンの放送であれば安心して見る事が出来る。

しかしながら、登録者が増えたり
記念開催ともなれば、ゲストが増えてくる。
ゲスト自体は嫌いではないが、どうしても
普段見ている人のトークが減ってしまう事になり
予想投票リズムも狂う事になる。

「記念も普段と同じように放送してくれたらどんなに楽しいだろうか?」

毎回、記念になると思う事である。

桜井奈津の母登場!桜井絹江伝説がここに!



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名さん より:

    三七子と生いっちょうの声が重なるとキツだろこれ
    仕切りはペーに任せないと

  2. 匿名さん より:

    三七子「やーーーーだぁ!!」

  3. 匿名さん より:

    配信する側なのに
    自分の車券購入打ち込みに夢中で
    険しい顔してるのすごく不快

  4. 匿名さん より:

    向井と粗品の場違い感

    ここまで積み上げてきたのに台無し

  5. 匿名さん より:

    視聴者は番組の予想を待っているので
    後出しで「当たってた」は絶対に言ってはダメ

    当たって嬉しいのは分かるが
    視聴者は誰も嬉しくない
    気を遣えないバカばかり

    このあたりは橋本は上手くて
    闇車券が当たっていたなんて絶対言わない
    むしろハズレをアピールして周りを平和にする

    最低な番組だった
    解除した

  6. 匿名さん より:

    メインに来て帯取ってたは草