【見切れる】本当の意味は?【見切れた】正しい意味&誤用

「見切れる」という言葉の一般的な使い方は、

写真からはみ出る事を
写真から見切れた!
画面に映るべく人が映っていない
画面から見切れた!

このように使う日本人が大半だ。

しかしながら、元の意味は全くの反対である。

スポンサーリンク

本来の意味

見切れてるさん
私は役者をしていますが「見切れる」という言葉は、
舞台袖などに隠れている、
客席からは見えてはいけない

役者や道具が見えてしまう事という意味で使っています。
見切れてるさん
業界用語ですね。
見切れてるさん
一般の方が「見切れる」を真逆に使うのが厄介!
本来完全に見えていなければいけないものが途中で切れている」
という場面で使っているように思われます。
見切れてるさん
“(見えるべきでないものまで)すっかり見える”
という意味でしょう。
見切れてるさん
「コピーしたら文字が見切れています」
と言われて?は?になってしまった。
一般的には”見えない”という意味で使われているのね。
見切れてるさん
文字が完全に見えないという使い方は間違い
方言でも何でもない間違いですよ!
見切れてるさん
文字が見えない事を「見切れてる」は誤用です。
本来は「文字が見切れないです。」が、正しい使い方。
見切れてるさん
業界用語の見切れるは、
少し映りこんでしまうではなく、
見切れる=はっきり見えている(映っている)
という意味です。
見切れてるさん
業界っぽく使いたい人が
間違えて使って、そのまま広がったんだろう。
見切れてるさん
元々は写真や映像の世界で
写って欲しくないものが画角に
入り込んでしまうという意味で使われていました。
見切れてるさん
つまり誤用から、
両方の意味を持ってしまった動詞
ということになりますね。。

みんな間違えているのか調べてみた

実際、調べてみると95%以上の人が
画面に収まっていない事を「見切れている」と使用していた。

×

お弁当撮影したら見切れちゃった・・

東京ドームに入って、とりあえず記念写真撮ったら
たまたま友人が見切れててワロタ

×

デイジーが見切れてた・・
失敗。。。

×

見切れてしまい指しか映っていない/(^o^)\



スポンサーリンク

シェアする

フォローする