【Amazon】try before you buyを試した結果【試着システム】簡単返品 簡単に

try before you buyって何?
try before you buyのルールを簡単に教えて?

Amazonの新しいスタイル
try before you buyを試してみた。

try before you buyは英語なので
日本人には馴染みにくいが、
訳すと”購入する前に試してください”の意味である。

返品楽勝スタイル

服や靴が買いにくい

今まで、通販の欠点と言えば
のサイズや色のサイズや履き心地等、身に着ける物の購入である。
特に、デザイン以前にサイズが合わなければ買う意味が無く、
返品手続きが面倒であった。

Amazonは以前から、返品は比較的簡単な方であったが
今回は、より”簡単”になったとの事で、早速挑戦してみた。

スポンサーリンク

try before you buyのルール

・注文時には決済されない
・試着期間中(7日間)に”購入”or”返品”を決定する
・7日間を過ぎたら自動的に購入扱い

「まず先に支払う」という事が無いので
購入者にとっては”心の余裕”が生まれる。

試着品が気に入った場合は、
注文履歴に進み「購入」を選択し
→「注文を完了する」の確認を押せば決済される。

注文してみた

今回は、靴を注文したが
箱ではなくで届いた。

(※箱で届くとは限らないと判明)

注意したいのは、
届いた袋や箱はデタラメ開封しない事。

何故なら、返品する場合は
同じ包装に戻し返品するからである。

※箱や袋は決定するまで保存する事

返送ラベル付き◎

兎に角、お客思いなのが”返品用ラベル”が同封されている事だろう。

更には、再度袋を閉じられるように
粘着テープが備わっている。

※購入する場合は、そのまま放置しても自動購入になるが、
返品の場合には、注文履歴から(行き違いにならぬように)
返品をあらかじめ報告する事が必要だ。

思った以上に丁寧な説明が書かれており非常に分かりやすい。
2つ以上返品する場合の対処法も書かれている。

以前テレビでアマゾンの特集を見たが、
とにかく、客の要望をどんどん取り入れていくスタイルを強調していた。

try before you buyを一度試してみれば
今後も”気楽に”注文する人も増えるだろうと確信した。

客側をどんどん甘やかすアマゾンスタイル。
これからもAmazonは売れ続けそうだ。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする