【神田】ちえちゃんラーメンのボリュームを喰らえ【ちゃん系】

この日は、JR神田駅すぐ近くの、
”味源”を目指したが、準備中の札で入ることが出来なかった。

味源の隣には、
中華そば(江)もり中華と書かれた
ラーメン屋が目立っていた。

調べてみると、正式店名は
神田ちえちゃんラーメンらしい。

店内でも追加注文が出来るが、
外の券売機→好きな座席へ(全てカウンター)というスタイルは
働く街にピッタリのシステムだ。

コの字型の吉野家スタイルは入りやすく
”初見でも躊躇せず”入店できる。

スポンサーリンク

ラーメンか?
つけ麺か?

中華そば850円
もり中華950円

クチコミの画像を見ていると、
麺が艶々していたので、つけで食べたくなった。

店員さんは、トッピングの海苔を勧めてきたが
代わりに”ネギ”をプラスしてもらった。

もり中華950円+ねぎ100円

まずは麺が届けられたが、
どんぶりに入っているので、
満来大勝軒のようにデフォの量が多い。

ケチっていない◎
ガッツリスープ

最後に届けられたつけ汁の器が大きい。

まるで塩味と錯覚してしまう”白さ”だが
上に浮いているのは大量の油だ。
コショウもかかっており、アッサリではなくガッツリ部門であることがわかった。

流石は働く街、神田である。
具を全くケチっていない◎

チャーシューこそ上部に見えるが、
メンマやもやしが沈んでおり、
初段階では、麺がつけにくいほど”が多いのだ。

平打ちの稲庭うどんのような麺を
スープに浸けると、油と塩分がまとわりつき
胃にガツン!と刺激が入る。

煮干しなどの”ダシ”が当たり前の時代に
塩分と油を中心としたガッツリ系は逆に新鮮だ。

これだけの麺量があれば
ランチタイムに食べても夕方までは十分に持つだろう。

40代以降はきついかも知れないが
20~30代の食べ盛りの方ならば中毒になってしまうかもしれない。

スープをケチらない
具をケチらない
麺をケチらない

あくまで客優先主義の神田ちえちゃんラーメンは
思いやりのある店である事がわかった。

!!通しで営業しているのもありがたい!!

クチコミ

丼になみなみとスープが注がれているので
丼を運ぶ店員さんが大変そうでした。

やや多め脂身チャーシューと
ちょっとしょっぱい位のラーメンが
酔っぱらいにはよろしい

赤地に白文字で書かれた看板
この配色って見るだけで
なんだか食欲が沸いくるんです

ノーマル中華そばでも
チャーシューたっぷりで
なかなかのボリュームです。
チャーシューを売りにしているだけあって
美味しかったです。

麺は、ツルツルしている
少し塩が効いている
しょっぱい

少ししょっぱく感じましたが
チャーシュー、麺美味しかった。

アクセス

神田ちえちゃんラーメン
住所:〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2丁目13-7
営業時間:営業時間:
金曜日 10時00分~23時00分
土曜日 11時00分~23時00分
日曜日 11時00分~18時00分
月曜日 10時00分~23時00分
火曜日 10時00分~23時00分
水曜日 10時00分~23時00分
木曜日 10時00分~23時00分

動画:いきなり登場(味源となり)



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名さん より:

    岩海苔は常にすすめられる模様

  2. ネオノスタルジックラーメンと言うらしい より:

    ちゃん系ラーメンらしい
    ちゃん系ラーメンとは昔ながらの醤油ラーメンを
    現代風に再現したものらしい

  3. 匿名さん より:

    新宿えっちゃんラーメン
    新宿ほろちゃんラーメン
    があってワロタ