【アスペルガー観察日記46】運転に自信を持っている父親→認知症検査【母は召使い】

自分は完璧!天才!常識者!
プライドが高い尊大型アスペルガー

運転に自信を持っている父親

父親は(尊大型アスペルガーである故に)
車の運転に自信を持っており、事故らないと思い込んでいる。

更には、バイクの新車を注文済みという状況だ。
恐ろしい事である。

先日、父親は”車両通行帯違反”で捕まった
罰金を払った後日、認知症検査の封筒が届いた。

父は認知症ではない
確実にアスペルガーである。

恐らく、捕まった時に
話が止まらず”危ない奴”と認識されたのだろう。

運転免許証の自主返納

高齢者社会の現在、
事故を未然に防ぐために
警察側は色々と対策している。

・高齢者の免許更新を面倒にする
・高齢者が交通違反で捕まると認知症検査
・認知症検査は日時指定のため選べない
(無視すれば免許剥奪)

今回、捕まった際は
父「認知症検査は無いって言ってたんだよ!」
検査は無いと伝えられたそうであるが、

恐らく聞き間違いで、
警察「講習はない(が認知症検査はある)」
との意味だったのだろう。

もしくは、検査のつもりはなかったが
アスペルガーの動きに”怪しい”と感じ
検査を追加した可能性もある。

言い訳にしつこいが、
来たんだから受けるしかないだろうに。

スポンサーリンク

母親を使って指令

尊大型の父親は亭主関白なので
毎回、母親を使う。

直接頼むとプライドが傷つくので
父が自らお願いをしてくることは絶対にない。
母を使い指令してくる。

母「認知症検査に行かないとならないので
試験場に行けるか心配らしいのよ。
そして、朝早いから近くに泊まって行くって言ってるの。
なので、行き方と泊る所
調べてくれないかしら?」

またか。

電車音痴父

父は電車が苦手だ。

そもそも、電車で試験場に行く方法を知らない時点で不安だろう。
また、それを調べる気が無く家族に任せるのだから
バカ殿状態である。

めんどくさい事は人任せ、
興味のない事は頭に入れない
頑固なアスペルガーは情弱になって当然だ。

情報を更新しない

尊大型アスペルガーの父は、
脳内情報を更新しない。

古い事は→現在も継続していると考えているので
田舎の町はいつまでも何もない町と思い込んでいる。

当然、新しい駅なども知らないし、
Suicaを使うのも難しい、そして乗り換えなんて
とんでもない”はじめての遠足状態”になる。


↑父の脳内  ↓現在

このように、父のイメージと現在が全く変わっているので
家から試験場に到着するまでの説明に”2時間”かかった。
ビルの町を急に受け入れる事は出来ない。

たかが検査で前乗り

また、わざわざ前乗りするというので
ホテルも予約して説明した。

日頃から、
自分で調べる&予習するという事をしていれば
自然と”学ぶ”ものを、人任せにするので成長しない。

答えだけを頂こうとする姿勢は
結局は自分のためにならないのだ。

おそらく、
・急行に乗ってしまう
・乗り換え分からず駅員にキレる
・ホテルに辿り着けない

・カードキーを扱えず

・無人チェックイン機を扱えず出来ずキレる
これは確実に起こるだろう。

自分が悪いのに(人のせいにして)
キレてしまう尊大型アスペルガーらしい行動である。

アラームアプリダウンロード

更には、
父「ホテルで起きれるようにアラームが欲しい」
と言うので
スマホにアプリを入れてあげたが

普段からアプリを使う事が無いので
何度説明しても理解してくれない。

耳から脳に刻まれないので、
当日にまた説明しなくてはならない。

認知症検査当日は大冒険になりそうだ。

認知症テストの内容



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. トゲナシトゲトゲ より:

    結婚生活20年以上です。
    夫は診断はされていませんが何かしら発達障害があると思っています。
    義父が明らかに積極奇異+尊大型です。
    夫は例えるならおとなしい亭主関白です。。
    最初は愛着障害なのかと思っていたので、こちらが思いやりを持って接すればいつか変わってくれる、優しくしていれば相手もこちらを尊重して優しくしてくれるはずと夫を気遣う生活をしていましたが、それが通じないのだなと20年一緒にいてわかりました。
    20年を節目に夫に期待することをやめました。
    これを周りの人に話しても理解してもらえないのが辛いです。
    子どものことを相談したり、何気ない雑談ができるご夫婦がうらやましいです。

    • こんにちは、コメントありがとうございます。

      長い時間一緒に居ても、
      こちらの気持ちが通じない&意思疎通ができない状況は悲しいですよね。
      一緒に住んでいるにもかかわらず他人のような感覚で
      夫婦である意味に疑問を持ってしまいます。

      親が積極奇異の場合は、子供が聞き役になる事もあり
      大人しい尊大型になる可能性もありそうですね。

      普通に会話が成立する事は(他の方は当たり前かもしれませんが)
      カサンドラにとっては”素晴らしい事&憧れ”になりますね。
      外に出て、カフェやSHOPで会話がスムーズに進むだけで感激してしまいます。

  2. トゲナシトゲトゲ より:

    お返事ありがとうございます。
    過去記事も遡って読ませていただいています。
    どのエピソードもわかりすぎるほどわかります。
    このような毎日を過ごしていると、外の世界での当たり前のような普通の会話や、お客様として対応していただいた気遣いでも感動すら覚えますね(笑)。

  3. 57才会社員 より:

    脳が発達する前に、成長が3才くらいで止まったのと、変わらない感じがします。故に順番待ちさえ出来ない、自分を通すだけで泣きわめく、の繰り返し。ダダをこねるだけの毎日。

    • 確かに順番待ち苦手ですね。

      順番を抜かした事を
      ”勝ち誇ったように”言ってきます。

      近所にも尊大型爺がいるのですが
      少しでもコンビニで並ぶと怒鳴りつけて
      周りを驚かしています。
      恐ろしいです。

  4. 匿名さん より:

    私と母で出かけたら、発達障害傾向がある婆さんに部屋に入って物を勝手にいじられた…
    椅子を直してくれるのはいいが、物の配置が変わってて怖さを感じた…