【治らない】モルモットの糞が出ない食欲が無い 別の原因の可能性【しぐさ特徴】特定

モルモットは代謝サイクルが早く、
常に食べて糞を出さなければ弱ってしまう事から
少しでも体調が悪ければ早急に調べる必要がある。

モルモットは犬猫に比べ体力が無いので
初診でミスジャッジされると”命”に関わるため
飼い主は良く監視する必要がある。

スポンサーリンク

私は失敗した

私は、病院選び自身の判断に失敗し、
大事なペットを失った。

時系列 初診の判断ミスが・・・

糞が出ない
食欲がない

初診
×不正咬合ではない
病院でレントゲン
獣医「腸内にガスが溜まっています」
点滴+注射
獣医「4日以内によくなります」

安心する

自宅でガスを出す薬継続

通院
獣医「股間が腫れているので抗生物質を出しておきます」

食欲がない
良くなる気配はない
(抗生物質が悪いのでは?)

食べないと栄養失調になるので
シリンジにて水や餌(パウダーを溶かしたもの)を与える

しかし良くならないので
ガスが抜けていない場合他の病気もあるのでは?
色々と食べ物を詰め込むだけではダメだと思いまた病院へ
出来ればレントゲンでガス以外の部分もよく見てほしい。

尿道内に膿があり
取り出す。(痛そう)

レントゲン前に死亡
ガス以前に膀胱付近に何かしらのトラブルがあった可能性

獣医「死因不明です」との事。

「・・・・・」

歯と腸ガスに意識が行きがち

便が出ない事から、どうしても我々の意識は””に行く。
しかしながら、結局は(ガスよりも)膀胱に疾患があったことが後から分かった。

自宅にて、このようなお尻を上げる動作をしていたが、
この時は、てっきり「糞が出なくて気持ち悪い」
「ガスが出なくて気持ち悪い」と思い込んでしまったのが失敗だった。
(膀胱が腸と肛門に近いために気づけなかった)

獣医の診断を疑っていたのも関わらず、
(不正咬合の見落としと思っていた)
まさかの”膀胱”にたどり着くことが出来なかったのは心残りだ。

モルモットの病気として
腸内ガス不正咬合は、ありがちなので
(それだけで済めばOKだが)

より疑い、レア病気であることも
危機管理として意識しておく必要がある。

モルモットが完全に回復するまで
常に獣医自分の憶測を疑い続けてほしい。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする